卒業生Voice&作品紹介

卒業生Voice

李 アランさん


写真科
フォトクリティークゼミ

Q なぜ フォトクリティークゼミを選んだのですか?
A 他の人の写真を読んだり語ったりすること(批評)によって、自分の写真をちゃんと見るようになりたい。また、もっといい写真を撮りたいと思って入りました。
Q 日本写真芸術専門学校の学生生活は?
A 写真の道を選んでよかったなと思う2年でした。また、同じ道を歩む友達や先生に出会えて本当に良かったです。
Q 李さんのオススメの授業
A フォトクリエイティブ演習。卒業後も自分の作品を作り続けたいと思っている人にオススメです^^
Q 将来、どんな「写真家・カメラマン」になりたい?
A 私の写真を見る人からはじめこの世を変えるドキュメンタリー写真家になりたいです。写真にはそのような力があるし、信じるならば自分にはそのような可能性があると思います。
Q 作品について一言。
A 20年も大久保でホームレスの生活をしている“さかいおじさん”は私にとっては一人の人間であり隣人(neighbor)です。あなたの隣人はだれですか?

作品紹介

作品1 作品3 作品3
作品5

(c) All rights reserved Ri Aran