EVENTイベント情報

ダイビング研修inグアム Vol.5 〜海とさかなに『恋する』旅〜

(09 月 29 日更新)

diving_2007.jpg
4年前から実施しているダイビング研修ではこれまでに50名以上の学生が世界最大のダイビング指導団体である「PADI」のCカード(いわゆるライセンス)を取得し水中撮影をはじめとしたマリンライフを楽しんでいます。
本研修では入門コースである「オープンウォーター講習」、オープンウォーターのCカード・ホルダーのためのスキルアップコース「アドバンスド・オープンウォーター講習」、Cカード・ホルダーがダイビングを楽しむ「ファン・ダイブ」の3コースを用意しました。
あなたも常夏のリゾート島「グアム」で、眩しい日差しを浴びながら、世界で通用する「PADI」のダイビングCカードを手に入れませんか?
研修についてのお問い合わせは、
株式会社エヌ・ケー・シーエンタープライズ  担当:佐藤・滝田
TEL:03-6415-5806  Mail:nkc@npi.ac.jp まで
一般の方々の参加をお待ちしております。

写真家が熱い想いを語る「トークセッション」の開催

(09 月 25 日更新)

071008_gss_talk.jpg
プロフォトグラファーとして第一線で活躍しながらも、人前で語ることが稀な彼等が写真への熱い想いをこの「トークセッション」で語り合い、メッセージを発信します。
【日程/出演予定写真家】
第1回 10月8日(祝) 14:00〜16:00 / 鋤田正義、泊昭雄、藤井保、本城直季
第2回 10月13日(土) 14:00〜16:00 / 笠井 爾示、小林紀晴、平間至、若木信吾(ゲスト)
第3回 10月14日(日) 16:00〜18:00 / 操上和美、M.HASUI、広川泰士、三好耕三
第4回 10月20日(日) 14:00〜16:00 / 小林伸一郎、瀧本幹也、広川泰士
【会場】
フジフィルムスクエア2F(東京ミッドタウン)
【定員】
各回200人
【参加費】
1回 1,000円/人
【お申込み】
フジフィルムウェブサイトより応募します。
主催:ゼラチンシルバーセッション実行委員会、富士フィルム株式会社、富士フィルムイメージング株式会社
協力:日本写真芸術専門学校
ゼラチンシルバーセッション展も是非ご覧ください。

【学園祭】2007年度 学園祭「@art」実行委員活動レポート!

(更新)


11月2,3,4日に開催される、
2007年度 学園祭「@art」(アットアート)。
5月に結成された今年の学園祭実行委員は、なんと63名!
担当セクションごとに分かれ、活動を行っています。
「@art」のキャッチコピーは「いま、創造力が進化する。」
より進化したクリエイティブな祭を展開していきます。
1ヶ月後の学園祭にご期待ください!!

夏期集中授業を実施しました

(09 月 21 日更新)

0708_syucyu.jpg
今年度は、特別講義のほかにワークショップを実施し、世界的に評価されている写真家に学生たちの作品を講評して頂きました。
また世界の写真マーケットの講義、プラチナプリント、ヌードモデル撮影、大伸ばし、パネル張りなど、学生の作品制作の向上に繋がり、今後の作品が楽しみです。
■ワークショップ:長野重一先生、大西みつぐ先生、金村修先生、金澤正人先生、林隆喜先生、菊池東太先生
■特別講義:柴田敏雄先生、野町和嘉先生、尾仲浩二先生、中村成一先生、中島古英先生、藤井秀樹校長、安達康介さん
■特別授業:吉野弘章先生、西丸雅之先生
■JPS著作権研究会:「写真表現と肖像権」(日本写真家協会・著作権委員会) (敬称略、順不同)
来校して頂いた先生方、ありがとうございました。

ゼラチンシルバーセッション「8×10ワークショップ」を開催しました

(09 月 06 日更新)

07081825_810.jpg
8月18日・8月25日に写真家の三好耕三氏を講師に迎え、ゼラチンシルバーセッション「8×10・ワークショップ」を開催しました。
8×10カメラの撮影、フィルム現像、コンタクトプリントまで、銀塩写真の制作過程を体験して頂きました。
三好先生は8×10カメラで作品を発表している写真家で、当日は自動現像機を持参して頂き、その操作方法等もレクチャーして頂きました。
25日は、写真家の平間至氏も来校し、撮影から講評まで参加して頂き、暗室ワークショップ同様、本校の学生が写真家のアシスタントを勤めました。ゼラチンシルバーセッションのワークショップは今回をもって終了となります。
またこれからも日本写真芸術専門学校は、写真の楽しさ、奥深さ、素晴らしさを伝えていきますので、次の機会を楽しみにお待ち下さい。

2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年3月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年2月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年1月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2005年12月 |