EVENTイベント情報

学園祭「Arting」 11月2日(木)・3日(祝)に開催

(10 月 27 日更新)

npi_fes_pamf_new.jpg
npifes_pamf_back_ok.jpg
日本写真芸術専門学校は、姉妹校:日本デザイナー学院と共同で学園祭「Arting」を開催します。
日時は、11月2日(木)・3日(祝)10:00〜20:00まで。
サークル「SHATO」の無料記念撮影スタジオや10mロール紙(長い!!)の写真展、日本デザイナー学院とのTHE MIX ARTやアートマーケットなどなど….写真・デザイン学校ならではの学園祭です。
ご家族やお友達・・みなさんで遊びに来て下さいね。

海外フォトフィールドワークの報告懇親会を実施しました

(10 月 20 日更新)

061014_pfwhoukoku.jpg
秋晴れの土曜日、先月9月15日に大阪南港へ全員無事に帰国した写真科フォトフィールドワークコース3年生の「海外フィールドワーク報告懇親会」を実施しました。
今回の報告懇親会には、学生はもちろん、引率講師の五十嵐太二先生をはじめ、保護者の皆様・ゼミ担当講師・協力して頂いた企業関係者の方々やフォトフィールドワークの1・2年生など沢山の方々にお越し頂きました。
海外フィールドワークの182日間...各国を取材した写真をスライドショーで上映したり、現地の様子を報告したり、非常に有意義で楽しい時間を過ごしました。
ご参加いただいた保護者の皆様、学生の皆さん、本当におつかれさまでした。

HASHI(橋村奉臣)先生の特別講義を実施しました

(更新)

061014_hashi.jpg
ニューヨークでコマーシャル・フォトの巨匠、HASHI(橋村奉臣)先生をお招きして特別講義を実施しました。
当日は、本校の学生の他多数の一般の方々が、HASHI先生の体験談に熱心に耳を傾けておりました。
日本ではなくアメリカへ!HASHI先生が単身乗り込んだアメリカでのエピソードはこれから写真家を目指す学生にはとても刺激的だったと思います。
現在、東京都写真美術館で開催されているHASHI(橋村奉臣)展「一瞬の永遠」&「未来の原風景」は10月29日(日)までです。
詳しい内容はこちらから。

10月19日(18:30〜)学校説明会のご案内

(10 月 17 日更新)

会社帰りの方、学校帰りの方にお越しいただけるように普段は日曜日の昼間に実施している学校説明会を夜(18:30〜)実施致します。説明の内容に関しては昼間部と夜間部にすべての学科をご説明致します。出願に関する疑問をはじめ、みなさまひとりひとりの様々なご質問にお応えしたいと思いますので、どうぞ、お気軽にお申し込み下さい。当日受付も可能です!!
061019_p_yakan.jpg
「体験授業&学校説明会」のお申し込みはこちら
日本写真芸術専門学校までのアクセス

本校校長:藤井秀樹先生の特別講義を実施します

(10 月 13 日更新)

Fujiihideki.jpg
日本を代表する写真家で、本校校長でもある藤井秀樹先生の特別講義を10月28日(土)15:10〜17:30に行います。
国内外の広告写真から始まり、フジイグラフィーやカンボジアでの活動など、藤井校長の軌跡をオリジナル作品を披露しながら、お話しします。
この特別講義は無料で、一般の方々にもお聴き頂けます。幅広い分野で活躍する校長の特別講義に興味のある方は、お問い合わせフォームまたは電話にてお申し込み下さい。
電話:03-3770-5585

【プロフィール】
1934年、東京に生まれる。高校時代にサン写真新聞優秀報道写真賞を受賞したことがきっかけで日本大学芸術学部写真学科へ入学。写真家の故・秋山庄太郎氏(前本校校長)に師事。
1960年、日本デザインセンター設立時に入社、トヨタ・旭化成・ニコンなど幅広い広告写真を担当。1963年、フリーとなって担当したマックスファクター国内キャンペーンの作品が「スペイン新聞広告金賞」「ADC-Art Directors Club-銀賞」「朝日新聞広告賞」などを受賞して注目を浴びる。以後、コマーシャルやファッションだけに留まらず、芸能人の写真集なども数多く手掛ける。また、独自の写真技法「フジイグラフィー」を開発し、その作品群は目黒雅叙園などで、恒久展示されている。
近年は写真活動だけでなく、カンボジアでのボランティア活動にも積極的に取り組んでいる。写真展や写真集、受賞歴多数。写真関連の協会や団体で役員など歴任多数。本校では1983年に招聘、2002年より本校校長に就任。

【参加募集!!】海外フォトフィールドワーク報告懇親会をおこないます

(09 月 27 日更新)

pfw_konsinkai.jpg
先日、9月15日に日本へ帰国した3年制写真科フォトフィールドワークの学生が、報告懇親会を行います。
当日は引率講師の五十嵐太二先生をはじめ、保護者の方々・ゼミ担当講師・協力して頂いた企業関係者の皆様などをお招きして学生のスライドショーなどを企画、ささやかなパーティー形式となります。
フォトフィールドワークブログを応援して頂いた皆様や、フォトフィールドワークに興味のある方々...学生・講師との交流が出来ますので是非お気軽にご参加ください。
日時:10月14日(土) 17:00〜 日本写真芸術専門学校9F講堂
事前にTEL(03-3770-5585)かMail(info.npi@ndg.ac.jp)でお申し込みください。

カンボジアのアキラ地雷博物館からHakくんが来日しました

(更新)

060925_cambodia.jpg
日本写真芸術専門学校の教室にて、カンボジアから来日したHakくんとカンボジアでボランティア活動を行っている松岡さん(京都在住)をお招きした「カンボジア交流会」を実施しました。
Hakくんは、幼少の頃、地雷被害に遭い、右足がありません。彼は、松岡さんとともに、当時のことや、現在も、カンボジア国内に埋まっている地雷(600万とも800万個とも言われています。)の現状を語ってくれました。参加者はみな、強い衝撃を受け、そして実際に何か手伝える事があればカンボジアに行ってみたい。と感想を述べていました。

【日本写真芸術専門学校企画:藤井秀樹校長と行くカンボジアボランティア研修】
cambodiavol4.jpg
日本写真芸術専門学校では毎年、カンボジアへ小児病院や養護施設などを訪問し、衣類や文房具の提供・子供たちとの交流といったボランティア活動を体験しています。興味のある方は、日本写真芸術専門学校(TEL:03-3770-5585)または、旅行代理店:NKCエンタープライズ(TEL:03-6415-5806)へお問い合わせください。

特別講義「写真家を志す学生とHASHIとの対話」

(09 月 26 日更新)

hashi.jpg
ニューヨークでコマーシャル・フォトの巨匠として第一線で活躍してきた・HASHI(橋村奉臣)さんを、特別講義でお招きします。この特別講義は無料で、一般の方々にもお聴き頂けます。ご希望の方は、電話・お問い合わせフォームにてお申し込み下さい。
2006年10月14日(土) 10:00~12:00
電話:03-3770-5585
お問い合わせフォーム

HASHI(橋村奉臣)さん【プロフィール】
1945年生まれ。写真家。本名・橋村奉臣、HASHIの名で知られる。コマーシャルフォトの巨匠として、ニューヨーク・マンハッタンで、1974年以来、今日に至るまで第一線で活躍している。アメリカはもちろん、世界の広告代理店200社以上を通じて、世界の優良企業500社以上に作品を提供、世界でも極めて水準が高く、かつ熾烈な競争で知られているニューヨークの広告業界において、常に第一線で活躍、その地位を不動なものにしている。
代表的な作品は『エスクァイア』誌50周年記念ポスター「喜び」、「フォー・ストーン」、「バッファローの夢」、国連大学記念切手発行にあたり作成された限定アート、後にポスターが世界7カ国語に翻訳された「レインボー・イン・スペース」など。今年9月16日から10月29日まで、東京都写真美術館にて個展HASHI(橋村奉臣)展「一瞬の永遠」&「未来の原風景」を開催。9月には、作品集『STILL LIFE a moment’s eternity』『HASHIGRAPHY Future Deja Vu』を出版予定(アートン刊)。

東京都写真美術館:HASHI(橋村奉臣)展

著名な写真家の特別講義をたくさん行っています

(09 月 15 日更新)

hanabusa_nakamura.jpg
9月2日(土)には3年制写真科の2・3年生を対象にハナブサ・リュウ先生の特別講義(ワークショップ形式)を実施し、学生たちの作品を講評して頂きました。
また、9月9日(土)には、I部1年生を対象に中村征夫先生の特別講義を実施。水中写真の撮影や表現方法を丁寧に講義して頂きました。学生以外で聴講を希望した一般の方々も、大変感激していました。
10月には、ニューヨークで活躍するコマーシャル・フォトグラファー:HASHI(橋村奉臣)さんをお招きする予定です。
聴講希望の申込を近日中に発表します。ご期待ください。

夏期集中授業を実施しました

(更新)

syucyu2006.jpg
8月24日(木)〜8月31日(木)まで、夏期集中授業を実施しました。
今年度は「プラチナプリント」、「ヌードモデル撮影」の実習や「オリジナルプリントと世界の写真マーケット」などの講義をはじめ、数多く特別講義を実施しました。
特に初めてお招きした女性写真家の石内都先生と中島古英先生の特別講義は、実際に作品を見て講義を聞くことにより、将来のビジョンがより明確にできたことと思います。
今後、学生たちの作品制作が更に向上するような一週間でした。

33 / 35« 先頭...1020...3132333435
2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年3月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年5月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年12月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年5月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年8月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年2月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年8月 | 2012年7月 | 2012年6月 | 2012年2月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年1月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年8月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年1月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年11月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年7月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年4月 | 2006年3月 | 2005年12月 |