読書004

F・ナダール 大野多加志・橋本克巳 編訳 「ナダール 私は写真家である」筑摩書房
内容:
主に「パリ・フォトグラフ」誌に連載された記事の編訳であり、ナダールの入門書。
ナダールの性格を垣間みることができる、肖像写真が盛り沢山の一冊。
気球にかける情熱を持ち、スタジオ経営者として感情的になったナダールには何か自分に似たものを感じます。これだ!と思ったテーマに対して無我夢中になるところは、写真を撮る者はいつも感じているところなのではないだろうか。
肖像写真を撮影する際には、当時のような新鮮な感覚を忘れずに撮り続けたいものです。

▲ページの先頭へ戻る