MALAYSIAマレーシア語学留学特待生ブログ

サバ 3 ・ コタブルッ

(04 月 07 日更新)

クダットから乗り合いタクシーにてコタブルッ。
kota belud01.JPG
東洋のカウボーイ、バジャウ族で知られるこのコタブルッ。
タクシーから降ろされた場所に馬の像が!
こりゃカウボーイ押しですね。
 
紹介してもらったおっちゃんのロバートさん。
でもこの方はバジャウではなくて、
カダザン族でしたので、またまた紹介してもらい、
イスマイルさん登場。
彼曰く、バジャウはジョホールバルらへんから来たそうな。
 
眼鏡をかけてるほうがイスマイルさんです。
今回はこの方の家へおじゃまします。
 
kota belud02.JPGkota belud03.JPG
kota belud04.JPGkota belud05.JPG
kota belud06.JPGkota belud07.JPG
ホントはここコタブルッではサバで一番良いとされる
タム(Tamu)というマーケットへ行きたかったのですが、
残念。
時間が合いませんでした。
いろんな人から、タムは行ったほうが良いよ! タムは行ったかい?
と聞かれるので、さぞエキゾチックマーケットなんでしょう。
若い人はともかく、おっちゃん、おばちゃんたちは
未だに物々交換をしているらしいです。
 
で、タムではなく普通のマーケットで魚やら野菜やらを購入。
 
kota belud08.JPGkota belud09.JPG
kota belud10.JPGkota belud11.JPG
kota belud13.JPGkota belud12.JPG
 
バジャウ族のケーキ。
油で枠をカリッと、中はふんやり揚げた甘いお菓子です。 
 
kota belud14.JPGkota belud15.JPG
kota belud16.JPGkota belud17.JPG
kota belud18.JPGkota belud19.JPG
kota belud20.JPGkota belud21.JPG
到着は夕方。タウングシ村(Kg. Taungusi)。
タウングシの意味は壷で、いつかの昔の壷が出土してこの名前になったそうです。
 
この時間になると米を狙って雀のような小さい鳥がたくさん飛んできます。
人対鳥タイム。 
イスマイルさんの義母であるおばあちゃんも田んぼをもってるので、
 
ひょうっ!!!
ふぁっ! ふんっ! しゅっ!! しゅっ!!
 
ひもが小屋から伸びていて、それに布がひらひらしてます。
小鳥たちが空から田んぼに降りてきそうになったら、それを引いて、
びっくりさせて追っ払ってました。
 
あーーーーーあ ひょうっ!! ふぁあっ!!
 
あんたもやんなさい。
 
と言われましたが、また今度ねおばあちゃん。
 
kota belud22.JPGkota belud23.JPG 
 
kota belud24.JPG
 
ここコタブルッの田園はサバ一の面積を誇っています。
 
なんせ広いので、田園のいたるところに小さい小屋が建ってて
ここでも小鳥を追っ払ってました。
視界のほとんどが田んぼのこの場所。
なんとまあ、のどかでゆっくり。良いところですね〜。
kota belud25.JPGkota belud26.JPG
夜食に食べさせてもらった葉っぱに包まれたバジャウ族伝統の食べ物。
 
ボルネオ島の人たちはタパイというお酒を飲むのですが、、
ここバジャウの民はずっと昔からイスラム教徒。
お酒やアルコールは口にしないはず、、
しかし、なぜでしょう。
この明らかにアルコールの甘い味がするこの食べ物。。 
発酵の仕方がおそらくタパイと似てるのでしょう、明らかに酒が入ってました。。
 
kota belud27.JPGkota belud28.JPG
そして、朝。
ここからもキナバル山が綺麗に見えます。
でも朝だけなんですよね。
昼から夜になるうちにだんだんと雲に覆われてしまいます。
 
もちろんこの時間も、小鳥を追っ払う時間です。
広い田圃にぽつぽつと人影。
小屋に入りながらひもを引っ張る人。
歩いて接近戦で追っ払う人。
 
しゃあっ!! ふぉあっ!!  ふぉっ!!
 
と、声が聞こえます。 
 
kota belud29.JPG
kota belud30.JPGkota belud31.JPG
kota belud32.JPGkota belud33.JPG
イスマイルさんの知り合いの人の家へ。
 
なにやら、ここでも伝統衣装を着ることに。
いろんな色があると思ったら黄色だけらしいです。
 

ベルト ー バトゥラン(Butulan)
帽子  ー タンジャッ(Tanjak)
シャツ ー バジュ・サンピッ(Baju Sampit)
ズボン ー セルアール(Seluar) 
kota belud34.JPGkota belud35.JPG

頭に付ける飾り ー セリンパッ(Serimpak)
シャツ     ー  バジュ・サンピッ(Baju Sanpit)
スカート    ー カイン・ベランキッ(Kain Belangkit)
指に付けるやつ ー クク(Kuku)
首にかける飾り ー メンダポン(Mendapon)
イヤリング   ー アンティン(Anting)
 
kota belud36.JPGkota belud37.JPG
昔はこの装飾品全部がブロンズでできていて、たいそう重かったそうな。
今はなにでできてるんでしょ?
すごい軽いです。
でも、全部の装飾品をそろえるのにけっこうな額のお金がいるそうで
なかなか、みんながみんな持っている わけではないそうです。
 
ところで、この装飾品はどこから買ったんですか?
 
イラヌンから。
kota belud38.JPGkota belud39.JPG
kota belud40.JPGkota belud41.JPG
ということで、イラヌン族が多く住む漁村へ。
 
バジャウ族の多くが農業をやる一方、イラヌンは漁業中心。
この時間は漁も終わっていて、村は静まってました。 
 
kota belud42.JPGkota belud43.JPG
イラヌンの文化や民族衣装はほぼバジャウと似ています。
しかし、
バジャウ・イラヌン合わせても
このおっちゃんが最後の唯一の装飾職人です。
っても、この人も誰に教わったわけではないですが。
もしおっちゃんがいなくなったら、、、消滅ですか??
それとも必要だったら誰かが作るんでしょうか。
 
kota belud44.JPGkota belud45.JPG
イラヌンは織りの技術でも知られていて、バジャウの衣装とはちと違います。
ここの工場には約10人の女性たちが働いているそうです。
 
っても、こんな複雑な織、どうやって織ってるんでしょう。 
 
kota belud46.JPGkota belud47.JPG
kota belud48.JPG
kota belud49.JPGkota belud50.JPG
お葬式。
 
夜、関係が近かった人が集まって
コーランにあるヤースィーン(Yaasiin)を詠んでました。
「やーすぃーん?ってなんですか? コーランの一番重要な場所ですか??」
「いやいや、コーランは全てが大事な場所なんだ。」
「えっ? じゃあなんですか??」
「ん〜、、ハート・オブ・コーランとでも言えるかな。」
だそうです。
なにやら、コーランの真ん中らへんにあるらしいです。
これを30分くらい唱うようにイマームがリードして
ゆらゆら動いて詠んでました。
 
kota belud51.JPGkota belud52.JPG
kota belud53.JPGkota belud54.JPG
イスマイルさんの義母さんの田園を小鳥から守るため自分も、
 
ひょおっ!! ふぁっ!! ふぉおっ!!
 
ってやってました。
 
小鳥が空から着陸しそうになるとこを
動きを読んでびっくりさせるのとか楽しいです。
でも、小鳥たちも慣れているのか、、しぶといのもちらほら。
 
kota belud55.JPG
kota belud56.JPGkota belud57.JPG
あれ??
そーいえば。 
バジャウのカウボーイを見に来たのに、一回も会ってない!
 
どうやら約20年前までは、まだ車がぜんぜんなくて基本の移動手段が
自分の足か馬、水牛。
ところがどっこい。
近年になり車が入ってきてからというもの、
馬や水牛に乗る必要もなくなりじわじわと乗る人はいなくなりました。とさ。
 
そこらへんに馬が力なく繋がれているのは見ますが、
馬にまたがって颯爽と駆けるカウボーイはいずこへ。
 
たまたま馬にまたがった人を見ましたが、、、
ただ馬を運動させてただけらしいです。
なんせ普通は車に乗りますから。
 
kota belud58.JPGkota belud59.JPG
バジャウ・パラン・メイキング 
 
kota belud60.JPG
この工場ではバジャウ族伝統のナイフを昔ながらの方法で作ってます。 
 
kota belud61.JPGkota belud62.JPG
こう、炭を使って、ぎーこーぎーこーって風を送って
 
トン トン トンって叩いてました。 
 
kota belud63.JPGkota belud64.JPG
kota belud65.JPGkota belud66.JPG
続いて、バティックの作業場。
 
バティックの作業場には前にも一カ所行きましたが、
ちょっとデザインが違います。
いちおうサバの各民族のデザインとかを取り入れているそうです。 
 
kota belud67.JPGkota belud68.JPG
kota belud69.JPGkota belud70.JPG
夕方はおばあちゃんと自分の連携プレーで小鳥を追っ払います。
 
二人で ふぉっ! ひょあっ! やってれば小鳥に稲を食べられることもありません。
 
しかし、おばあちゃんから一言。
「だれも継がないよ。」 
 
kota belud71.JPGkota belud72.JPG
kota belud73.JPGkota belud74.JPG
少し行ったとこにも広い田園。
まだ準備中でしたが、新しく耕作するんでしょうか。
なんせここも水不足が深刻。
自分が行く前まで全然雨が降らなかったらしいです。
が、なぜか運の良い日本人。
毎夕雨が降ってくれました。 
 
これで少しでも土地が潤うといいです。
 
kota belud75.JPG
kota belud76.JPGkota belud77.JPG
kota belud79.JPGkota belud78.JPG
サバに来てから、肉より圧倒的に魚を食べる機会のが多い気がします。 
 
kota belud80.JPGkota belud81.JPG
kota belud82.JPGkota belud83.JPG
と思ってたら、この日もすでに夕方。
 
イスマイルさんの心はまだバジャウのカウボーイです。
たとえもう、移動に馬を使うこともなければ、
馬がそこら中にいるわけでもない今の時代。
 
それでも彼は馬に乗る自らの伝統を残そうとしていました。
「私の子供を馬に乗せてあげたい。」
いろいろと問題は山積み。
しかし方法は後。
その残そうとする思いが最初。
「ケイタ、いつかまた来てくれ。その時は君を馬に乗せてやる。」 
バジャウの心は熱いです。
楽しみにしてます。 
kota belud84.JPG
コタブルッ → コタキナバル → スンガイ・キナバタガン へ。
 
続く。