ペルヘンティアン島・コタバル

ペルヘンティアン島へ
 
マランからクアラトレンガヌへ行き
バスステーションからクアラベスッ(Kuala Besut)へ。
途中路肩には牛やヤギがいて
あー、マレーシアも牛が道路にいるかんじなんだ
と思いながら約2時間。
そこから旅行会社に誘われるままにボートのチケットを購入。
他の国へ来たのではないかと見まごう程の欧米人の数で
自分以外は友達や家族、相方を連れていて楽しそうですね〜。
と、一人旅の寂しさを感じ
ブロンドの後ろに日本人が一人くっついて出発です。
 
海は凪を思わせる落ち着きで、
前回のカパス島とは比べ物にならない程の安定感。
約40分でペルヘンティアン島(Pulau Perhentian)に到着。
 
昔、この島はマレーシアとタイの貿易の通り道としての役割を担っていました。
なのでペルヘンティアン島の意味は止まる場所とかそんなかんじです。。
島はベサール島 大きい島(Perhentian Besar〈Big Perhentian〉)
と、クチル島 小さい島(Perhentian Kecil〈Small Perhentian〉)
の二つがあって、自分が行ったのはクチル島です。
こっちの島のほうが安宿がたくさんあります。
 
Pulau Perhentian01.JPG Pulau Perhentian02.JPG
Pulau Perhentian03.JPG Pulau Perhentian04.JPG
クチル島の真ん中に反対側の岸まで歩いて行ける道があるだけで
道路がなく観光客たちがいるビーチには車などは走ってません。
なので島から島、岸からダイビングポイントやシュノーケリングポイントまで行くのには
観光客たちはボートを使わなければいけません。
せわしなくいつも朝から夜まで、海上を滑るように走っています。 
 
ここのビーチは数百メートルある長いビーチでロングビーチと呼ばれています。
色とりどりのパラソルが立ち並び
まさにここも、白い砂浜、青い海の南国です。
肌が真っ赤に焼けた欧米人たちが寝そべり
サングラスをかけながら本を読んだりしています。
あるいは、黒いウエットスーツに身を包み
島の回りに広がる珊瑚礁を見にダイビングツアーを
している人たちもたくさんいました。
 
Pulau Perhentian05.JPG
Pulau Perhentian06.JPG Pulau Perhentian07.JPG
Pulau Perhentian08.JPG Pulau Perhentian09.JPG
Pulau Perhentian10.JPG Pulau Perhentian11.JPG
朝日はロングビーチのちょうど正面から上がってくるため
まだ水平線に近い太陽から照らされた光が海面の揺らめきに乱反射して
きらきらと音を立てるように光っていました。
 
ペルヘンティアンの朝です。
 
Pulau Perhentian12.JPG
Pulau Perhentian13.JPG Pulau Perhentian14.JPG
Pulau Perhentian15.JPG Pulau Perhentian16.JPG
Pulau Perhentian17.JPG Pulau Perhentian18.JPG
Pulau Perhentian19.JPG Pulau Perhentian20.JPG
ロングビーチの前はだいたい腰程の高さの浅瀬が続いていますので
気軽に泳げますし、つかれます。
気持ちいい海ですね〜。 
たまにマレー人のおばちゃんたちがボートに乗って
出勤やら帰宅やらでこのビーチに出現するのですが
ビーチにいる人はほ欧米人のため、海パン一丁当たり前
ビキニももちろん普通で肌の露出が多いです。
だから、逆にあの頭を隠したスタイルがもの凄く不自然に思えてならなかったです。。
遠くから見ていると、まるで何か異物でもこのビーチに存在するような
感覚まで感じてしまいました。
 
Pulau Perhentian21.JPG
Pulau Perhentian22.JPG Pulau Perhentian23.JPG
Pulau Perhentian24.JPG Pulau Perhentian25.JPG
夕日もロングビーチから歩いて15分くらいの反対側のビーチから見えます。
長く横に広がる雲は各々の色が微妙に違くて
青く光るものや、夕焼けに染まり赤くなるもの
その中間でやや紫色に落ち着くものもあり
また稲妻を含み、たまに光る雷雲もありました。
しかし、次第にそれらも熱帯の一つの夜の中へと沈んでゆきます。
 
どっちのビーチでも夕食の準備が進んでいて机が並べられ
二つの色に分かれたろうそくが各々の机の中央に置かれてます。
バーベキューもここでは定番のようです。 
昼の森とは逆に暗く、静まり返った印象を与える道を進み
ロングビーチに戻ったら今度は満月が上ってきてした。
そういえば、この時は100%忘れてましたが
この日は7月7日の七夕でした。
  
Pulau Perhentian26.JPG Pulau Perhentian27.JPG
Pulau Perhentian28.JPG Pulau Perhentian29.JPG
Pulau Perhentian30.JPG Pulau Perhentian31.JPG
Pulau Perhentian32.JPG
Pulau Perhentian33.JPG Pulau Perhentian34.JPG
Pulau Perhentian35.JPG Pulau Perhentian36.JPG
Pulau Perhentian37.JPG Pulau Perhentian38.JPG
Pulau Perhentian39.JPG Pulau Perhentian40.JPG
Pulau Perhentian41.JPG
Pulau Perhentian42.JPG Pulau Perhentian43.JPG
島を離れる時に、少し沖に止まっているボートに数十分放置されました。
緩やかな波がボートを揺らしますが、
そんな揺れでもあんま長いと気分が悪くなってしまうやもしれん。
と思い、海面へ目をやります。
まるで亀の甲羅のように光がゆらゆら形作られています。
そういえば、おっちゃんが
この島にはタートルズベイってのがあって
そこにはちょうどこの7月くらいのシーズンに亀がたくさん泳いでくんだよ。
大丈夫、だいじょうぶ、見れなかったらお金返すから。ホント。
って言っていたのを思い出しました。
あぁ、だからこれが亀の甲羅に、、と思っていると
少し離れたとこに止まっている別のボートに観光客を乗せるため
波が揺れバランスを崩し変形していきました。
 
他の観光客たちが乗り込み
帰りの海は波もうねりもない優しい、分かってくれてる波でした。  
 
Pulau Perhentian44.JPG
Pulau Perhentian45.JPG Pulau Perhentian46.JPG
Pulau Perhentian47.JPG Pulau Perhentian48.JPG
クアラベスッからバスでコタバルへ直接行けないらしく
タクシーに乗りコタバルへ。
 
コタバル(Kota Bharu)はマレーシア東北部のタイとの国境も近い町です。
やや大きいこの町は「新しい町」という意味で
人口比率は分かりませんが、ほぼマレー人が町の人口を占めているでしょう。
マレーシア国内でも最もイスラム色が濃く
他の町とは違った雰囲気を持っている町でした。
 
また、町から少し離れた場所は
第二次大戦時の日本軍によるマレー半島上陸作戦の舞台となった場所もあります。
 
しかしこれまた、マレーシアの西側とは大違いで
東側は島がたくさん海があるだけあって宿がもの凄く安定してます。
西もこうなればもう少し旅がしやすいのですが。
コタバルはさすがタイとの国境近くだけあって
外国人旅行者が昔からたくさん泊まっていたのでしょう。
ここも安宿と呼ばれる宿がいくつかあります。  
 
Kota Bharu01.JPG Kota Bharu02.JPG
Kota Bharu03.JPG Kota Bharu04.JPG
宿には猫やウサギがいて
猫は自由気ままに動いてて、じゃれあってました。
特に夜になると小さい虫にムキになりながら
猫の手で、ちびちびやってるのを見てるのがちょっと楽しかったです。 
 
Kota Bharu05.JPG Kota Bharu06.JPG
Kota Bharu07.JPG
Kota Bharu08.JPG Kota Bharu09.JPG
Kota Bharu10.JPG Kota Bharu11.JPG
Kota Bharu12.JPG Kota Bharu13.JPG
Kota Bharu14.JPG Kota Bharu15.JPG
Kota Bharu16.JPG Kota Bharu17.JPG
Kota Bharu18.JPG Kota Bharu19.JPG
Kota Bharu20.JPG Kota Bharu21.JPG
この今は博物館になっている建物も
第二次大戦時、タイピンの北京ホテルと同様に
日本軍の秘密警察が使っていた建物だそうです。
中には一階が戦時中のことがたくさん展示してあって
戦時中、日本軍が使った自転車作戦の自転車も展示してありました。
これはマレーシア国内には日本軍の秘密警察の建物がたくさんあるっぽですね〜。 
 
Kota Bharu22.JPG Kota Bharu23.JPG
Kota Bharu24.JPG Kota Bharu25.JPG
Kota Bharu26.JPG Kota Bharu27.JPG
Kota Bharu28.JPG Kota Bharu29.JPG
Kota Bharu30.JPG Kota Bharu31.JPG
Kota Bharu32.JPG Kota Bharu33.JPG
Kota Bharu34.JPG Kota Bharu35.JPG
Kota Bharu36.JPG Kota Bharu37.JPG
Kota Bharu38.JPG Kota Bharu39.JPG
Kota Bharu40.JPG Kota Bharu41.JPG
バード シンギング コンテスト
中心地から少し離れたところでこのコンテストは開かれてます。
小難しい顔をした男たちが歌声審査員たちの審査の結果を
思い思いの姿勢で待ってました。
音の高い声で鳴き続ける鳥たちの
いったい何を基準に審査していたのかは分かりませんが
一籠に数分は費やしていたように思われます。 
毎週金曜にやってます。
バスでコタバルから帰る時も
他の町でやってるのを目にしましたので
いろんなトコロでやっているのでしょう。
 
Kota Bharu42.JPG Kota Bharu43.JPG
Kota Bharu44.JPG Kota Bharu45.JPG
Kota Bharu46.JPG
Kota Bharu47.JPG Kota Bharu48.JPG
金曜の朝に開かれていたマーケット
今までマレーシア半島内行った中でここが一番楽しかったです。
ぜーーーんぶマレー系で、やはり他の町との違いを感じせざるを得ないです。
それと、ここで店を出してるおばちゃんたちも
いい顔してて、しびれました。 
 
Kota Bharu49.JPG Kota Bharu50.JPG
Kota Bharu51.JPG Kota Bharu52.JPG
Kota Bharu53.JPG Kota Bharu54.JPG
Kota Bharu55.JPG Kota Bharu56.JPG
Kota Bharu57.JPG Kota Bharu58.JPG
Kota Bharu59.JPG Kota Bharu60.JPG
Kota Bharu61.JPG Kota Bharu62.JPG
Kota Bharu63.JPG Kota Bharu64.JPG
とまぁ、少し長めのマレーシア小旅行は終わりました。
次はどこへ行こうか。。。 
 
Kota Bharu65.JPG
Kota Bharu66.JPG Kota Bharu67.JPG
 

クアラトレンガヌ・マラン・カパス島

今回は
マレーシア半島の東海岸の真ん中から北部まで行ってきました。
 
 
最初に、いつものようにKLのプドゥラヤ・バスステーションから
昼くらいに出発しようと思って行くと
うっぷす。
東北部は以外に遠くて、昼以降に出発のバスはないとのこと
朝か夜行のみ。
仕方がないから東海岸の真ん中あたりにある
クアンタンへ。これで3回目になってしまいました。
 
ここに着くのはいつも夕方くらいで
行くと毎度キレイな夕焼けを見せてくれます。
 
Kuantan0301.JPG Kuantan0302.JPG
Kuantan0303.JPG Kuantan0304.JPG
Kuantan0305.JPG Kuantan0306.JPG
Kuantan0307.JPG Kuantan0308.JPG
Kuantan0309.JPG Kuantan0310.JPG
Kuantan0311.JPG Kuantan0312.JPG
Kuantan0313.JPG Kuantan0314.JPG
Kuantan0315.JPG
Kuantan0316.JPG Kuantan0317.JPG
翌日の朝 クアラトレンガヌへ移動です。
この町の名前の由来はトレンガヌ川が流れている事から
トレンガヌ川の河口という意味だそうです。
 
しかし、バスのチケットを買う時に
クアラトレンガヌ!
と言っても、はぁ?? と、顔をされまして
よく聞いてみると、テレンガヌって言っているっぽかったです。
スペルも Kuala Terengganu なので、やはりテレンガヌなのでしょうか。
マレーシアの中でも特にマレー色の強い人口約30万人のこの町は
マレー系人種の比率が95%以上とも言われています。
じっさい町にいてみても、バス停や食堂、道に歩いている人は
ほぼマレー系でした。
しかし、何百年も前は最初にこの町を開いたのは中国人たちだそうです。
今でも、華人たちは住んでいるのですが、
彼らは街の一角にある「唐人街」というところにあつまって多く店を構えていました。
 
K.Terengganu01.JPG K.Terengganu02.JPG
しかし、これまた泊まった宿に感動をしてしまいました。
なんてったて今まで行ったマレーシアのマラッカ以外の地方の町に
外国人安旅行者の行く宿的な場所がなかったので、
はぁ〜あ、、
とここでもまた溜め息をつくようにガイドブックに載っている一番良さげなとこへ行くと
あれまっ!
今までにない新鮮な、部屋に雰囲気! 屋上にもまた良いレストラン!
マレーシアの地方都市にも、こんな場所があったのかーーーっ!
さすが、マレーシア有名リゾートアイランド、レダン島を主に扱っている旅行会社だけある。
と、一人で感動してました。
 
K.Terengganu03.JPG K.Terengganu04.JPG
K.Terengganu05.JPG K.Terengganu06.JPG
K.Terengganu07.JPG K.Terengganu08.JPG
K.Terengganu09.JPG K.Terengganu10.JPG
K.Terengganu11.JPG
K.Terengganu12.JPG K.Terengganu13.JPG
K.Terengganu14.JPG K.Terengganu15.JPG
K.Terengganu16.JPG K.Terengganu17.JPG
K.Terengganu18.JPG K.Terengganu19.JPG
K.Terengganu20.JPG K.Terengganu21.JPG
K.Terengganu22.JPG K.Terengganu23.JPG
この町だけではなく他の町、そこらへんの道、車のトランク一杯、
いたるところにドリアンがたくさん並べられています。
トゲトゲしたこのドリアン
やはり、こないだ食べたドリアンのように きっつ〜〜っい 臭いはせず
おっちゃん曰く めっちゃ安いよ! このドリアン! って言っており
横で見てると、おめぇーも食いなって一つもらいました。
とてもとても くりぃ〜み〜な感じと、濃い〜味わいです。
 
 
K.Terengganu24.JPG K.Terengganu25.JPG
K.Terengganu26.JPG K.Terengganu27.JPG
K.Terengganu28.JPG K.Terengganu29.JPG
K.Terengganu30.JPG K.Terengganu31.JPG
K.Terengganu32.JPG K.Terengganu33.JPG
K.Terengganu34.JPG K.Terengganu35.JPG
K.Terengganu36.JPG K.Terengganu37.JPG
K.Terengganu38.JPG K.Terengganu39.JPG
トレンガヌ州立博物館
町から約6キロ離れたこの博物館はマレーシアで一番規模が大きくて
噂では東南アジアで一番とかなんとか、、
いくつかの高床式の大きな建物に分かれてます。
トレンガヌの歴史、スルタンの展示、各民族の結婚式の様子、動物の剥製など
さまざまな展示がありますが
この行った時はタイミングが悪くて
ちょうど前の展示が終わり、民族楽器と音楽、の展示に変えてる最中でした。 
 
K.Terengganu40.JPG K.Terengganu41.JPG
K.Terengganu42.JPG K.Terengganu43.JPG
K.Terengganu44.JPG K.Terengganu45.JPG
K.Terengganu46.JPG K.Terengganu47.JPG
 
ランブータンも今は旬のようで
バスに乗ったり、そこらへんを歩いたりしてると
大きすぎず小さすぎない木に赤い小さな実が
ぶわぁーーっとわざと人が引っ掛けたかざりのようにたくさん実っています。
しかし、この実もドリアンと同じく見た目が日本人には馴染みがないです。
赤いピンポン球程の小さな実に
もじゃもじゃした先端が緑の毛のようなものに覆われています。 
マーケットに行くとこれもたくさん積んであるので、
若干不快感を感じさせるような
もじゃもじゃを確かめるように実を触ってると
おい、食べろ!
と、おっちゃんに言われ 一実。
隣にいるおばちゃんにも
ちょっとあんた、なに? 食べなさいよ、ほら。 と、また一実。
いただきました。
めっちゃ甘くておいしいだろっ!って果物屋さんたちは言ってました。
旬の果物はおいしいですね。ありがとうございました。 
 
K.Terengganu48.JPG K.Terengganu49.JPG
K.Terengganu50.JPG K.Terengganu51.JPG
K.Terengganu52.JPG K.Terengganu53.JPG
K.Terengganu54.JPG K.Terengganu55.JPG
K.Terengganu56.JPG K.Terengganu57.JPG
K.Terengganu58.JPG K.Terengganu59.JPG
K.Terengganu60.JPG
クアラトレンガヌの町の中心から少し行ったトコにある海岸 Pantai Batu Buruk
しかし、速い潮の流れと強い波で泳ぐには適していません。。
多くの人は浜辺に座ったり、その前のベンチに座ったりと
ゆっくりしている人たちがたくさんいました。
ここへ来たら揚げアイスを食べないと帰ってはいけない!
と、ガイドブックに書いてあったので
いざ食べるとなると少し悔しい気もしましたが食べときました。 
 
K.Terengganu61.JPG K.Terengganu62.JPG
K.Terengganu63.JPG K.Terengganu64.JPG
K.Terengganu65.JPG
K.Terengganu66.JPG K.Terengganu67.JPG
K.Terengganu68.JPG K.Terengganu69.JPG
K.Terengganu70.JPG K.Terengganu71.JPG
K.Terengganu72.JPG K.Terengganu73.JPG
次にクアラトレンガヌの町から少し南にある小さな村のマラン(Marang) へ。
ローカルバスの中は金曜日だからだったのでしょうか、たくさんの人が乗ってきて
大人も子供も正装している人たちが多くこれからモスクへ行くのでしょう。
 
マランの村は、トレンガヌの町とは比べ物にならないくらい小さいです。そして静か
海沿いの村なので漁に出る用のボートもたくさんあり
食堂にはイカが丸ごと入ったマレー料理もあって、これは美味しかったです。
 
この町は日本の 地球の歩き方には載ってなくて
ロンリープラネットに載ってるので日本人はあまり来ないそうです。
ほとんどの旅行者はこの町からボートで行ける
カパス島を目指します。
 
K.Terengganu74.JPG K.Terengganu75.JPG
Marang01.JPG Marang02.JPG
Marang03.JPG Marang04.JPG
Marang05.JPG Marang06.JPG
Marang07.JPG Marang08.JPG
Marang09.JPG
Marang10.JPG Marang11.JPG
Marang12.JPG Marang13.JPG
Marang14.JPG Marang15.JPG
Marang16.JPG Marang17.JPG
宿に泊まっているのは自分一人だけで
おっちゃんに近くでやってるナイトマーケットに連れて行ってもらいました。
ほとんどの屋台の食べ物は食べたコトがあるものだったのですが
その中に焼き鳥があって(普通はサテーという焼き鳥なのですが)しかも少し筋っぽい
思わずそこを通るたびに一本、また一本と買ってしまいました。
熱帯魚も小さいコップに入って売ってます。
 
その後はおっちゃんの家へ連れて行ってもらいました。
こういうの、はたしていつぶりだろうか。。
と思いつつ、お茶をもらって
4人兄弟の末っ子の1才くらいのお子さんに
たまに掴まれながら、じっと見られながら座ってました。
ああいう情況、どうすればいいかキャパがないです。。。 
 
Marang18.JPG Marang19.JPG
Marang20.JPG Marang21.JPG
Marang22.JPG Marang23.JPG
Marang24.JPG Marang25.JPG
カパス島(Pulau Kapas)へはマランの村のボート乗り場から行けます。
普通はボートや宿を扱ってるカウンターで買うのですが
それを知らず、なんとなくボートに乗って出発。
10人乗りくらいのボートで、さほど波も高くなく
軽快に進んで20分くらいで到着です。 
 
Pulau Kapas01.JPG Pulau Kapas02.JPG
Pulau Kapas03.JPG Pulau Kapas04.JPG
島は小さくて宿泊できる場所もいくつかあります。
前述したように、歩き方には載っていない島ですが
ちゃんとバックパッカー用の安宿がいくつかあります。
しかも、海が見えるけど森の中にあるようなものや、
ちょっと孤立した場所の宿、多くがシャレー式でいい感じでした。
まさに青い海に、白い砂浜、南国の島です。
土日や大型連休にはマレーシア人たちがたくさん来るそうなのですが
それ以外の平日なのどの日は、とてもとても静かだそうな。
現に行ったビーチによって人の数が違って
端っこにあるビーチは人が全然いなくて、楽園を少し感じさせました。
シュノーケリングとかもできます。 
 
Pulau Kapas05.JPG Pulau Kapas06.JPG
Pulau Kapas07.JPG Pulau Kapas08.JPG
マレーシア人、とくにマレー系の男の人も女の人も服を着たまま海へ入るようです。
宗教上、肌を多く露出したらいけないのですが正直動きにくそうで
海で遊んでる人や、ビーチを歩いてる人たちは
びたびたと、肌に服が吸い付くように遊んでました。
どんな服かと思ったら、普通の動きやすい服装。というかんじです。 
 
Pulau Kapas09.JPG
Pulau Kapas10.JPG Pulau Kapas11.JPG
Pulau Kapas12.JPG Pulau Kapas13.JPG
Pulau Kapas14.JPG Pulau Kapas15.JPG
Pulau Kapas16.JPG Pulau Kapas17.JPG
Pulau Kapas18.JPG Pulau Kapas19.JPG
Pulau Kapas20.JPG Pulau Kapas21.JPG
新人消防士の海上訓練を見ながら帰りのボートを待ってると
そこからボートは出ないとのこと。。
なぜなら海は荒れ、風が強てそこにボートが近づけないからです。
そりゃー、消防士たちも訓練しながら吐いてますよね。。。
 
他の人に助けてもらいながら、
ホントは持ってなきゃダメな帰りのボートチケットなしに
ボートに乗せてもらいました。
内心この海だと帰りたくなかったですが。。
他の華人たちと共に波の影響を受けにくいビーチからです。
しかし、ここにも海の荒さは伝わってきて
まるでビーチの砂浜が唸りをあげて、手をひくようにボートを海へ引っ張って行きます。
行きのボートよりも小さいボートにて出発です。全員ライフジャケット着用。
荒ぶる波、うねりは出発してすぐにボートに影響をし、
小山のようなうねりを越える度に船底を幾度となく海へ叩き付けます。
叩き付けられ海水がはねて華人たちにかかる度、
海に抗って進むボートと絶叫する海のように
大きな笑い声をあげて、何言かを叫んでました。
あーーーーっはっはっはあ、はーーーーーー!ああーーーーーっ!! 
カメラを持っているんだ、やめてくれ。
興奮冷めぬ華人たちとは逆に
自分の右手は確実に震える心を抑えるようにじっと掴んでいます。
どうか、海よ静まりたまえ〜。
 
まるでナチュラル絶叫マシンです。
マランへ戻り接岸した時は、不安が残り心臓はしばらく速く鼓動してました。
やはり船は苦手です。。
  
Pulau Kapas22.JPG Pulau Kapas23.JPG
Pulau Kapas24.JPG Pulau Kapas25.JPG
Marang26.JPG Marang27.JPG
Marang28.JPG Marang29.JPG
Marang30.JPG
 
 
そして、ペルヘンティアン島へ。
 
 

▲ページの先頭へ戻る