マレーシア 20

このブログの一人だけやたら長いアーカイブも
とうとう2006から2010年の時を刻みました。
いやはや、時間とはなんぞや。
一体全体いつこんなに時間が経ったのでしょうか。。
もうさすがにKLを歩くのに地図は必要ありません。
この頭に入ってるのですが、、
最近のKLでの悩み事が一つ。
カメラを持ってない時は誰一人として
外国人だの日本人だの分かってくれません。
なぜ。。
ちょっとはチャイナタウンとかマーケットとか歩いてて
「お兄さん、お兄さん」 「ちょっと待って」
とか言われてもイイんですけどね。
現に日本人と共に歩く時は言われてます。
自分を越した後の人へ向かって。
そんなにマレーシア人に見えるんでしょうか・・・。
  
Malaysia2001.JPGMalaysia2002.JPG
Malaysia2003.JPGMalaysia2004.JPG
Malaysia2005.JPGMalaysia2006.JPG
Malaysia2007.JPGMalaysia2008.JPG
Malaysia2009.JPGMalaysia2010.JPG
Malaysia2011.JPGMalaysia2012.JPG
2009年の11月にマレーシア・アート・エキスポ 09というものがありました。
たまにこういうのがあります。アートフェスタとか。
内容は、日本やらアジア各国、欧州数国のギャラリーの作家の作品が展示してありました。
マレーシアからも、KL・ペナン・マラッカなどなどから。
ミャンマーの作家の作品とかなかなか見る機会はないであろう作品もあって、新鮮でした。
95%は絵画、他に映像とか彫刻、写真が数点。
その場で、そこに掛けられている作品を即売してて
わりと売れてるみたいでした。
 
Malaysia2013.JPGMalaysia2014.JPG
Malaysia2015.JPGMalaysia2016.JPG
Malaysia2017.JPGMalaysia2018.JPG
Malaysia2019.JPGMalaysia2020.JPG
Malaysia2021.JPGMalaysia2022.JPG
ブリティッシュカウンシルの前のクラス。
このクラスにいた時に、ひょんなことからスピーキングクラブというものに入りまして
週一で自分の国をプレゼンしよう。というやつでした。
ベルギーとかイエメンとか名前は知っているけれど、どんな国かよく知らない。 
そんな人らも一緒にやって、いやいや、楽しかったですね。
良いクラスでした。 
 
Malaysia2024.JPGMalaysia2023.JPG
Malaysia2025.JPG
Malaysia2026.JPGMalaysia2027.JPG
Malaysia2028.JPGMalaysia2029.JPG
Malaysia2030.JPGMalaysia2031.JPG
たまに行くウォンさんやアンディさんとの食事は
いつもの自分で作る鍋スパイラルから抜ける唯一の道で
しかも自分の料理とは違い、間違いなくおいしいです。
こないだ連れてってもらったKLからちょっとに離れたとこはほんとに美味しかったですね。
それと、KISSATENに新メニューが登場してました。
前は裏メニューであった鍋とか、うな重とか、ポークステーキとか、とか。
料理長曰く、いつも新メニューを考えてる。とのこと。
これは、まだまだ新メニューが登場しそうです。期待してます。
新しいメニューのほとんどは危うくお腹がはち切れるかと思いましたが
とても美味しくほおばらせていただきました。
ありがとうございました!
 
Malaysia2032.JPGMalaysia2033.JPG
 
Malaysia2034.JPGMalaysia2035.JPG
Malaysia2036.JPGMalaysia2037.JPG
最初はクリスマスが終わっても
一向に片付ける気配を見せない飾りにちょっとばかし不思議でしたが
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year
でも歌ってる ように、日本とは違うんですね。
 
2009年12月31日はKLやマレーシアの至る所でカウントダウンしたました。
紅白歌合戦もありましたが、せっかくなのでKLへ。
KLCCやブキッビンタン、メルデカスクエアでもイベントをやってまして、
いったいKLのどこに、こんなにたくさんの人がいたの??
というくらいの見た事ない混雑。
マレーシア人やら、旅行者やら、留学生やら。
人、人、人。 
と共に、大音響の音楽。
そりゃKLCCの公園もライトアップしちゃいますね。
 
Malaysia2038.JPGMalaysia2039.JPG
Malaysia2040.JPGMalaysia2041.JPG
 
Malaysia2042.JPG
Malaysia2043.JPGMalaysia2044.JPG
Malaysia2045.JPGMalaysia2046.JPG
Malaysia2047.JPGMalaysia2048.JPG
Malaysia2049.JPG
 
Malaysia2050.JPGMalaysia2051.JPG
カウントダウンの数十分前から絶叫やら興奮の嵐。
ひょーーーーーー。ふぉーーーーーー。という裏声とともに
シューーーーーー。っとあらいったい何でしょう。スプレーをかけ合ってました。 
そこら中にスプレーの空き缶が散乱し、
スプレー売りの人も両手に少なくとも4本のスプレーを持って
「スプレーはいらんかね。」と狂気の中を彷徨い売り歩いてました。
そのスプレーは、というと。
糸みたいな、泡のような、すぐ消えるんですけど、そんなかんじのスプレー。
雑踏の中進む見ず知らずの人らとスプレーをかけ合う、祝い事の掛け合いしてました。
自分も、ふらっとその中へ入るやいなや
ひょーーーーーー、ふぉーーーーーー。と共に
シュッーーーーーーっ! もうそりゃ泡と糸だらけです。
 
5・4・3・2・1 !! 2010!!!
歓声。 スプレー。 花火。
みんな HAPPY NEW YEAR!!! って。
歓声。 スプレー。 花火。
 
そりゃもう、ここぞとばかりに満月の夜空へ向かって
あっちでも、こっちでも
シューーーーーーーッ!
  
と、盛り上がってました。
ちなみにこのスプレーから出るガスでしょうか、むせます。
 
Malaysia2052.JPGMalaysia2053.JPG
ここはパビリオンの前。
さながら野外クラブのようです。
みんなくねくね、ゆらゆらと踊ったり、
沸き上がる感情をそのままダンスにぶつけたような踊りで盛り上がってました。
そんなかんじの満月カウントダウン09−10。
 
Malaysia2054.JPG
そして、これはパサール セニ駅のグラフィティ。
去年もここに違うのがあったのですが、どうやらと年が変わると描き変えるみたいで
1月1日に、ざっ!っとたくさんの人で描いてました。
でも、個人的には去年のが好きです。
 
Malaysia2056.JPG
Malaysia2057.JPGMalaysia2058.JPG
この写真に写ってる人が誰だか分かったらマレーシア通ですかね。 
 
Malaysia2059.JPG
 
マレーシアの首相といえば、マハティール首相がすごい有名ですが
この方は現マレーシアの首相のナジブ首相です。
KLCCの横をふらっと歩いてたらいました。
おっ!ってやつです。
やはり地味にうれしいですね。
こないだマレーシア人の知り合いに自慢しときました。
 
 
そんなかんじに最近のマレーシア生活をしております。
いつものように心身共に元気です。
 
2010年もよろしくお願いします。
 
PJ 徳田
 

クリスマス

新年・クリスマス休みはどこへ行こうやら。
せっかくだからキリスト教徒のところへ行って
南国のクリスマスが見たい。と探していましたところ
ひょんなことから、
ボルネオ島はサラワク州、クチンという町の近くの、
首狩り族だった事で知られるビダユ族のロングハウス、パヤンさん宅へ行く事に。
KLに住んでいて、キリスト教徒というと華人かインド系の人なので
マレー半島かと思っていたら、まさかのボルネオ。
 
なぜボルネオのサラワク州にキリスト教徒がいるのでしょうか。
昔、サラワク州はブルネイの統治下にありました。
1800年代にイギリス人探検家、
その名を「ジェームズ・ブルック」がサラワクにやってきました。
ブルネイからサラワクの反乱を治めるよう頼まれ、
鎮圧した後、彼はブルネイからサラワクの王に任命されました。
「白人王(ホワイト・ラジャ)」という称号です。
ちょっと疑問に思った事があって、
サラワクにはたくさんの民族がいますが、元々の彼らの宗教はパガンといって自然崇拝です。
今、ホワイトラジャの影響で多くの人がキリスト教に改宗しました。
しかし、以前はイスラム教の国家のブルネイに統治されていたので、
その影響でサラワク州の人たちがイスラム教に改宗してもおかしくなかったのですが、
多くの人は改宗しませんでした。なぜでしょ。
聞いたのですが、答えは分かりませんでした。。
 
そしてエア・アジアにて KL→クチン へ。 
 
Kg. Annah Rais01.JPGKg. Annah Rais02.JPG
クチンから車で約1時間半。
村の名前は、カンポン・アナライース(Kampung Annah Rais)。
 
この村は ビダユ族 が住んでいて、数十メートルのロングハウスが3つ残っています。
 
サラワク州の人口比率は、
1ー華人 ・ 2ーマレー人 ・ 3ーイバン族 ・ 4ービダユ族 となっています。
 
宗教も
1ーキリスト教徒 ・ 2−イスラム教徒  となってまして
この州は珍しくマレー人の人口が一番多くないし、
キリスト教徒が多いなんて知ってちょっとびっくり。
ここへ訪れる前は、民族は多様でキリスト教徒だけど
習慣とかがマレー人と似ているだろうと思ってました。
しかし、
そんなコトはまったくなく、彼らは全く別の習慣、歴史のあるビダユ族です。
まるで他の国へ来たかのような新しい文化に触れました。
 
ちょっと前まで、ビダユ族は ランダヤック(Land Dayak)ー 陸の民。
イバン族は シーダヤック(Sea Dayak)ー海の民。
と呼ばれていました。
どちらも、首狩り族でした。今その習慣は残ってませんが。
ホワイトラジャの前の時代まで、村々には戦士がいて戦い合っていたそうです。
 
Kg. Annah Rais03.JPGKg. Annah Rais04.JPG
 
                      米のお酒(すごく甘い)
Kg. Annah Rais05.JPGKg. Annah Rais06.JPG
昔は砂糖を手に入れるのがとても難しかったそうです。
なので、写真左の物を使って自分たちで砂糖を作っていたそうです。
 
カボチャが地面じゃなくて宙に浮いてます。
地面に作ると動物が食べてしまうから、らしいです。
 
Kg. Annah Rais07.JPGKg. Annah Rais08.JPG
この村に残っているロングハウスは全て木と竹で作られた高床式です。
通常、外の床の竹は雨風にあたるため1年で全部新しくして、
雨があたらないところは2年に一回取り替えるそうです。
なんとも、大変ですね。
ちなみに、ビダユ族の家の造り、イバン族の家の造り、
他の民族の家の造り方はそれぞれ違います。 
 
ロングハウスは民族の伝統的な家ですが、
そりゃもうこの時代です。
ロングハウスは修理も大変、強度も弱い。
そのため今では人々はロングハウス暮らしから、
セメントで作った個々の家へと移り住んでいます。
ホントに昔から続くロングハウスに行くには川を上り、森を抜け、
深く深くまで行かないと無いらしいです。
 
Kg. Annah Rais09.JPG
彼らは元々 戦士 でした。
ボルネオのダヤック族(ビダユとイバン)の戦士たちは
土地や交易の理由から1800年頃に首狩りの風習が始まったとされています。
山で出会った時や、結婚したとき、
運を必要とする時にも、戦士たちは戦いに出掛けたそうです。
その理由から、敵の侵入を防ぐ為に村々はもともと丘や山の上にありました。
白人王・ホワイトラジャがサラワクの王に就いてから
風習は薄れて行き人々は平地へと移動し村をつくりました。
このアナ・ライース村は1980年の戦士が最後でした。
 
この村には昔、戦士たちが村を守る為に建てた建物
パンガ・バル(Panggah Baruk) が2つあります。
戦士たちは他の住居よりも少し高く建てられたこの建物から
夜番しながら村を守ったり、音楽を奏でたり踊ったりと儀式などを行っていたそうな。
一つは近年建て替えられて、観光客たちが訪れやすくなってます。
昔は頭蓋骨が200個以上あったそうなのですが
割れたり、保存が大変で今では数十個だけです。
 
Kg. Annah Rais10.JPGKg. Annah Rais11.JPG
親族たちがクリスマス休みで会社が休みなので
この時期に結婚式が行われる事が多いみたいです。
今回も2つの結婚式がありました。 
 
Kg. Annah Rais12.JPGKg. Annah Rais13.JPG
Kg. Annah Rais14.JPGKg. Annah Rais15.JPG
                         パイナップルが屋根に。
Kg. Annah Rais16.JPGKg. Annah Rais17.JPG
1959・60年にクチンから村まで道路ができてからすこぶる便利な世の中で
昔は村からクチンまで川を3〜4日かけて下っていたのに、今じゃ1時間ちょい。
戻るときなんざ約7日。
合計で往復約10日以上ですか。。遠かったですね。
 
Kg. Annah Rais18.JPG
Kg. Annah Rais19.JPGKg. Annah Rais20.JPG
    昔の家の造り              昔のタバコ
Kg. Annah Rais21.JPGKg. Annah Rais22.JPG
クリスマスの時期にアルバイト先で毎日毎日聞いていた音楽が聞こえてくると思いきや
動物の絶叫。
豚です。
まさか豚があそこまで絶叫するもんだとは思ってませんでした。。
クリスマスなので豚だったり鳥だったりたくさん食べるそうです。
 
Kg. Annah Rais23.JPGKg. Annah Rais24.JPG
Kg. Annah Rais25.JPGKg. Annah Rais26.JPG
クリスマスイブのミサ。
 
ミサはビダユ語で。
 
Kg. Annah Rais27.JPGKg. Annah Rais28.JPG
Kg. Annah Rais29.JPG
クリスマスの朝のミサ。 
みんなちょっとおしゃれして、きっちりとした格好で来てましたが
そんなこと予想もしてなかったので普段通りの服でそこにいてしまいました。
泊まってた家の家族は昔のパガン信仰よりもぜんぜんキリスト教徒でした。
若者が言うには
95%がキリスト教で5%くらいがパガンだそうな。
でもパガンは彼らの伝統文化って言ってました。
 
Kg. Annah Rais30.JPGKg. Annah Rais31.JPG
Kg. Annah Rais32.JPG
トカゲのきっついお酒です。
なかなかこの種のトカゲはいないらしく、
見つけたら水に数日入れて不純物を出せるそうです。
それで、お酒に漬けて出来上がり。
 
Kg. Annah Rais33.JPGKg. Annah Rais34.JPG
Kg. Annah Rais35.JPGKg. Annah Rais36.JPG
ご飯はマレーシア半島の米よりもおいしいです。
どうだ、西マレーシアよりおいしいでしょ、米が違う。って。
この葉っぱに包んだ調理方法は伝統的炊き方の一つ。 
 
Kg. Annah Rais37.JPGKg. Annah Rais38.JPG
Kg. Annah Rais39.JPGKg. Annah Rais40.JPG
夜にパヤンさんの友達の家へ。
マレーシアにいるとだいたいお酒はあんまり、、な場所がたくさんです。 
が、ここは全くそんなコトはなく
ちょっと飲んだら、また注がれ、またちょっと飲んだら、また注がれ。
と熱帯気候でのクリスマスの飾りも新鮮ですが
この晩酌もまたマレーシアでは新鮮でした。 
Kg. Annah Rais41.JPGKg. Annah Rais42.JPG
朝から結婚式の準備です。
昨日いた鳥たちはすでに肉塊へと姿をかえ、ぐつぐつと煮られてました。
豚の角煮くらい大きい塊で食べる事も全然ないので
ちょっとうれしかったです。 
 
Kg. Annah Rais43.JPGKg. Annah Rais44.JPG
Kg. Annah Rais45.JPGKg. Annah Rais46.JPG
Kg. Annah Rais47.JPGKg. Annah Rais48.JPG
Kg. Annah Rais49.JPGKg. Annah Rais50.JPG
Kg. Annah Rais51.JPGKg. Annah Rais52.JPG
Kg. Annah Rais53.JPGKg. Annah Rais54.JPG
スイス人のパオロさんの研究をパヤンさんが手伝ったらしく
本を持ってまして、そこからちょっと拝借。サラワク州の各民族のいる大まかな場所です。
マレー人と華人たちはやはりほとんどが海岸で、イバン族がいろんな場所にいるみたいですね。
民族はここに書かれている人たちだけじゃなく、他にもいくつかあります。 
 
Kg. Annah Rais55.JPG
Kg. Annah Rais56.JPGKg. Annah Rais57.JPG
そして結婚式。
伝統的なスタイルでやる人もいれば、現代的なスタイルでやる人もいるそうで
今回の2つともドレスとか着てましたんで、現代派でした。
ご飯も村人にふるまってまして、
日本人が一人一緒に並んでて、
おーらおらとおっちゃんたちがご飯をてんこ盛りにして、すぐにお皿はいっぱいに。 
 
Kg. Annah Rais58.JPGKg. Annah Rais59.JPG
Kg. Annah Rais60.JPGKg. Annah Rais61.JPG
Kg. Annah Rais62.JPG
生演奏をやってたり、いろんなライトで照らしてたり
あら、ここはどこでした?
ボルネオのロングハウスがあるトコじゃなかったけ?
と思ってしまうような感じでした。
みんなマレーシアの音楽に合わせて踊ってまして
その踊りがなんとも素敵な踊りで。
まさしく今の気持ちを身体でゆらゆらと表現する、そんなかんじで
やたら楽しそうでした、素敵です。 
 
Kg. Annah Rais63.JPGKg. Annah Rais64.JPG 
 
Kg. Annah Rais65.JPGKg. Annah Rais66.JPG
Kg. Annah Rais67.JPGKg. Annah Rais68.JPG
Kg. Annah Rais69.JPGKg. Annah Rais70.JPG
Kg. Annah Rais71.JPGKg. Annah Rais72.JPG
ロングハウスはこんな感じになってます。
みんな座ってお茶したり、おしゃべりしたり。
パヤンさんと村を歩いてると、やたらみんな距離が近くて
ほらほら座って、座って。 と一杯。
なんせみんな親戚みたいなものなんでそりゃそうですね。
 
Kg. Annah Rais73.JPG
Kg. Annah Rais74.JPGKg. Annah Rais75.JPG
Kg. Annah Rais76.JPGKg. Annah Rais77.JPG
パヤンさんの畑へ。 
 
Kg. Annah Rais78.JPGKg. Annah Rais79.JPG
畑には米があって
一つは日本と同じ水田で、もう一つは山の斜面に。
湿った米と乾燥した米があるって言ってたので、おそらくその違いでしょか。
一見するとあんまりたくさんの種類がなさそうですが
かぼちゃ、とうもろこし、バナナ、米、キュウリ、さとうきび
パイナップル、レモングラス、とうがらし、タピオカ、しょうが。
とたくさんです。
ちなみに、さとうきびはすごい甘くておいしかったです。 
 
Kg. Annah Rais80.JPGKg. Annah Rais81.JPG
Kg. Annah Rais82.JPGKg. Annah Rais83.JPG
Kg. Annah Rais84.JPGKg. Annah Rais85.JPG
Kg. Annah Rais86.JPGKg. Annah Rais87.JPG
扇のようなやたらでっかい葉のある木にあったのは南国果物。
ビダユ語でプルタン(Prutan)、マレー語でエンプラッ(Emplap)
英語・日本語では分かりません。
KLや他の場所でもこの実自体は見た事がなく
彼ら曰く、ボルネオ特有の果物って言ってました。
いったいこの果物はなんなんでしょか。南国のフルーツの一つ?
味はものすごく濃厚で、イチジクを数倍大きくして味を南国風に濃くしたかんじです。
この大きさを2人だけで食べるのはキツいです。7人分はいけると思います。
なんせ味がごっつりしてますんで。
 
Kg. Annah Rais88.JPG
Kg. Annah Rais89.JPG
食虫植物もそこらへんにあります。 
  
Kg. Annah Rais90.JPGKg. Annah Rais91.JPG
Kg. Annah Rais92.JPGKg. Annah Rais93.JPG
伝統的な、竹にご飯を入れて炊いたお米を食べさせてもらったり
収穫祭のランダヤックでやる鷹の舞の音楽を教えてもらったりしました。
竹で作った楽器です。
 
Kg. Annah Rais94.JPGKg. Annah Rais95.JPG
と、そんなクリスマスでした。 
いつも、いつも快く楽しく泊まらせてもらってうれしいかぎりです。
ありがとうございます。。
 
Kg. Annah Rais96.JPGKg. Annah Rais97.JPG
そして、ちょっとのクチン。
 
クチンはマレー語で 猫 の意味で
一年に一回猫祭りなるものがあるそうです。 
 
マレーシアの半島の町はだいたい
マレー、中華、インドの町ですが、ここはもう一つ
ボルネオの民族の雰囲気が加わっていて、ちょっと違いました。 
 
Kg. Annah Rais98.JPG
Kg. Annah Rais99.JPGKg. Annah Rais100.JPG
Kg. Annah Rais101.JPGKg. Annah Rais102.JPG
Kg. Annah Rais103.JPGKg. Annah Rais104.JPG
Kg. Annah Rais105.JPGKg. Annah Rais106.JPG
Kg. Annah Rais107.JPGKg. Annah Rais108.JPG
Kg. Annah Rais109.JPG
Kg. Annah Rais110.JPGKg. Annah Rais111.JPG
Kg. Annah Rais112.JPGKg. Annah Rais113.JPG
Kg. Annah Rais114.JPGKg. Annah Rais115.JPG
Kg. Annah Rais116.JPGKg. Annah Rais117.JPG
そしてまたエア・アジアでKL→PJへ。 
 
Kg. Annah Rais118.JPGKg. Annah Rais119.JPG
 
今回はすごく、すごく新鮮な旅になりました。
マレーシア半島とボルネオではあんなにも違うなんつぁ思ってもなかったです。
やはり現地に行かないと分からないことはたくさんですね。
んじゃ、サバ州もまた違うんだろう。どうなってるんでしょうか。。
 
サラワクには今度また行きます。  あー、楽しみ。
 

ペナン

先日、懐かしの島 ペナン島へ行ってきました。
 
そう、あれはもう早いもので4年前の2006年。
FWでタイから鉄道にガタゴトと揺られて着いた東洋の真珠と呼ばれているらしい島。
あのときは4泊くらいしたんでしたっけ、毎日若者らしくアクティブに動いてました。
ペナン島の道を全然知らないのに向かったバトゥフェリンギ、浜です。
2時間で頂上と聞いて登ったら4時間近くかかって、
頂上に着いたらケーブルカーで数十分で登って来た仲間とばったりペナンヒル。
フェリーで半分無理矢理行って、絶叫ブリッジやら滝滑りをしたランカウイ島。
KLに行く時にみんな飛行機のチケットとってたの地味に知らなくて、
一人でKLに向かって施設に一番乗りした。とかとか。
と、あのころは体力ありましたね〜。いやいや、若かった。
しかし、
その話がもう4年前なんて時間は音速じゃなくて光速に近いんじゃなかろうか、と思うこのごろです。
昨年のいつかに、いつも使っているプドゥラヤ・バスステーションに
新しくきれいな待合室ができました。 
そこから約6時間。→ バタワースへ。
Penang01.JPGPenang02.JPG
到着したらすでに夜が来ていました。
24時間バタワースとペナン島を繋いでいる便利で安いフェリーにてペナン島へ。
一回来ているとはいっても、あの時は街歩きをしなかったもので
土地勘は全くなく、初めて来た場所のように道は分かりませんでした。
でも、少し歩くとあら不思議。
このペナンのジョージタウンの雰囲気が他の町と比べて少し違うのを感じました。
貿易の歴史があり、昔の建物が残っているなど世界遺産に登録されるだけの場所だからでしょうか、
人口のほとんどが華人だからでしょうか、
何でかよく分かりませんが、ペナンっぽいです。 
 
Penang03.JPGPenang04.JPG
またサイクリングで何となく行こうとしましたが、
そんな無茶はもうできなくなったのでしょうか、時間節約のためバスにて
極楽寺(Kek Lol Si Temple)へ。
ここは1890年風水にて建立の場所が決められてから増築、増築、
今もまだ造り続けているマレーシア最大の寺院。
渋滞ですごく時間がかかりましたが到着。
 
ペナンはラクサという麺が有名です。魚を使った独特の香り味わいのピリ辛麺。 
 
Penang05.JPGPenang06.JPG
Penang07.JPGPenang08.JPG
土産物のトンネル、そうあれです
我が地元の江の島の通りに2mmくらい似ているな、と感じながらくぐり抜け
向かった先は極楽寺。
現代風な仏像がたくさんありました。
お参りに来るのは華人だけではありません。
インド系の人たちもこのお寺へお参りしに来ます。
 
Penang09.JPGPenang10.JPG
Penang11.JPGPenang12.JPG
Penang13.JPGPenang14.JPG
Penang15.JPGPenang16.JPG
Penang17.JPGPenang18.JPG
お寺の奥に仏塔があるのですが、お寺の全貌とペナンの町並みがちょっと見れます。
何段式なのか分かりませんが、6・7段はあろうかと。
各段に金やら白やらの仏像がたくさんあります。 
 
Penang19.JPG
Penang20.JPGPenang21.JPG
Penang22.JPGPenang23.JPG
Penang24.JPGPenang25.JPG
右上の写真によりますと、ここは開山118年ですか。
今もほんとにたくさんの人がお参りだったり、観光に来たりしています。
右下のは数十メートルはあるつい最近出来た新しい仏像です。
 
Penang26.JPGPenang27.JPG
数年ぶりに同じ場所に来るのは楽しいですね。
主立った想い出は思い出しやすいのですが、
その時のかすかな記憶さえもそこに見えるかのように扉を開き鮮明に蘇ります。
あ、このレストラン行った。とか、この道歩いた。
そういえばここはあれだ、などなど。
懐かしいの一言につきます。
もしかしたら、FW1の人はこの街並や海に見覚えがあるかもしれないですね〜。
Penang28.JPGPenang29.JPG
Penang30.JPG
125cc のバイクのレースを快音をたてながらやってました。
ペナンではこういったイベント多いんでしょうか、
KLもそりゃイベントありますが、レースのイベントなんざ見た事ないですね。 
 
Penang31.JPGPenang32.JPG
Penang33.JPGPenang34.JPG
Penang35.JPGPenang36.JPG
Penang37.JPGPenang38.JPG
やたら目立つこの建物は、
いろいろな種類のお店やら会社やらが入った60階建ての コムタ です。
昔はここで日本のお菓子を買って、日本のお菓子ミニパーティーしました。
うわっ!日本のお菓子だ!!
今はあの初々しさが新鮮で、ちょっとこなれてしまったかもです。
 
歩いたところはジョージタウンといってフェリーの発着場所からすぐの街です。
多くの建物が新しいマレーシアの建物群になっていますが
いくつかはまだ昔の香りをほのかに感じさせてくれます。
 
Penang39.JPGPenang40.JPG
Penang41.JPGPenang42.JPG
Penang43.JPGPenang44.JPG
と、そんな懐かしんでたらもう帰る時間です。
今回のペナン島旅行は、お寺に行きに行ったみたいになってしまいました。
それもそのはず、ペナン島は見所がいくつかあって
全部回るのにはちょっと時間を要します。今回は我慢です。
また機会があったら行ってきます。 
 
Penang45.JPG
Penang46.JPGPenang47.JPG
 

▲ページの先頭へ戻る