マレーシア 30

 
日本帰国近し。。。
とうとう約2年過ごしたマレーシアが終わりを告げようとしています。
 
だから大家のレイモンドさん夫妻とウォンさん、志村くん、山田さん
と施設の近くのおいしい中華レストランに夕食へ。 
 
ここのご飯はホントにおいしい!
ごちそうさまでした。
 
そして、2年間お世話になりました!
 
MAlaysia3001.JPG
 
そして、ウォンさんがスタジオを制作中とのことなので見に行きました。
志村くん、山田さんはELS英語学校の後、3人でタクシー。
MAlaysia3002.JPG
すごく、すごく綺麗です。
 
そして立派!
 
さらに、なんといっても安い!!
マレーシアってこんなに物件安いの??
と思わせるくらい。 
 
MAlaysia3003.JPGMAlaysia3004.JPG
あと少しして完成したら、おしゃれスタジオに変貌を遂げていることでしょう。
その完全稼働している姿も見てみたいです。。
いつか。 
 
MAlaysia3005.JPGMAlaysia3006.JPG
今度ウォンさんのアシスタントをする時こそ、
使えるアシスタントになってるのでしょうか。。
猫の手でも借りたい時に呼んでください。 
 
MAlaysia3007.JPG
MAlaysia3008.JPGMAlaysia3009.JPG
開発が進んでいます。
あと30年経ったら、KL、PJ、その周辺は見違えていることでしょう。 
 
MAlaysia3010.JPG
そして晩ご飯。
 
このレストランもおいしい。 
 
ウォンさん、いろいろありがとうございました!
達者でいてください。
日本に来る機会があったら、その時こそお礼をさせて頂きます。
 
MAlaysia3011.JPG
 
マレーシア生活も、あと数日。
と言えないくらい帰国が近いです。
 
5期生の成長した姿を見てから帰国したかったです。
きっと荒波にもまれて、強くなって、雄志も持ってPJに帰ってくるはず。
 
日本は今すごく暑いらしいですね。
赤道のすごく近くのマレーシアより暑いのでしょうか。
夏はまだしも、底冷えする冬が怖い。。。
 
あと少し。 
 
 

はじめまして!!

On 1 August, 2010
 
 
はじめまして!
 
マレーシア語学留学特待生(第三期生)の山田雄介と申します。
 
今年の3月に日本写真芸術専門学校ニ部(夜間部)を卒業しました。
 
そして、今はマレーシアにある学校施設に滞在させてもらいながら、語学留学生として現地にある英語学校(ELS)に通っております。
 
 
自分は3期生。
 
 
偉大な先輩方(1期生の平野さん、2期生の徳田さん)が、すでにたくさんのブログを書かれておりますので重複する内容も多々あるとは思いますが、自分なりの視点でマレーシアでの留学生活をお伝えしていけたらと思っています。
 
 
どうぞヨロシクおねがいします!
 
 
 
 
 
ではでは、まず生活を共ににしている愛すべき同居人を紹介致します。
 
 
 
今年は、初の二人体制。
 
 
 
_DSC0230.jpg
 
今年1部フィールドワークコースを卒業した志村君!
 
 
自分と共にマレーシア留学特待生第三期生として、同じ釜の飯を食い、同じ英語学校に通っております。
 
  
フィールドワーク生の時からマレーシア現地施設を利用し、アジア各地を飛び回っていたため、海外生活のノウハウを知り尽くしている、頼もしいナイスガイです!
 
そして、英語学校の厳しい授業を共に闘う同志でもあります。
 
 
 
_DSC0231.jpg_DSC0234.jpg
 
そしてこちらが、前任者(2期生)の徳田さん。
 
引き継ぎのため、4月から3ヶ月程一緒に暮らしています。
 
またの名を King of Malaysia。
 
いや、マレーシアマニア。
 
マレーシアおたく。。。
 
ほんとマレーシアのことなら現地のマレーシア人より知ってます。いや、ホントに。。。
 
彼にマレーシアの事を話させたらもう止まりません、寝れません!
 
マレーシアをこよなく愛する徳田先輩。ホント凄いです。
 
 
 
しかし、めちゃめちゃお世話になった徳田さんとの生活もあと数日で終わりを告げようとしています。
 
徳田さんの日本帰国の日が近づいているのです。
 
楽しかった男3人の生活が終わってしまうのはさみしいですが。。。
 
徳さんまたマレーシアで会いましょう(笑)

マレーシア 29

スクーリングまであと少し。
 
5期生ファイト。
 
虹も応援してるよ。
 
Malaysia2901.JPG
斎藤さんがおいしいスープを作ってくれました。 
 
Malaysia2902.JPGMalaysia2903.JPG
Malaysia2904.JPG
Malaysia2905.JPGMalaysia2906.JPG
開けてびっくり、食べてびっくりのおいしさで
ご飯も炊きすぎかと思いきや、
ずわっ!っとすぐにみんなで食べきってしまいました。
 
ごちそうさまでした! 
 
Malaysia2907.JPGMalaysia2908.JPG
Malaysia2909.JPG
Malaysia2910.JPGMalaysia2911.JPG
Malaysia2912.JPGMalaysia2913.JPG
学生もこの施設に慣れてきたようです。
 
どんどん好きになっちゃってえぇんよ。 
 
Malaysia2914.JPG
Malaysia2915.JPGMalaysia2916.JPG
みんな大好きチャーシューハン。
 
一人でいくと、お皿にご飯だけなんですが、
みんなで行くと、広いプレートにどっさり盛ってくれます。
 
ありゃ宝石みたいですね。
 
おいしいチャーシュー、みんな大好き。 
 
Malaysia2917.JPGMalaysia2918.JPG
Malaysia2919.JPG
Malaysia2920.JPGMalaysia2921.JPG
暗室作業もはかどってるでしょか。
 
ファイツ。 
 
Malaysia2922.JPGMalaysia2923.JPG
Malaysia2924.JPG
Malaysia2925.JPG
と撮影。 
 
Malaysia2926.JPG
 
では、また。
シンガポール後にお会いしましょう。
  
 

マレーシア 28

マレーシアからの引率である斎藤さんが
とうとうマレーシア、ペタリンジャヤのここ施設へやってきました!
 
ようこそPJへ!! セラマット・ダタン!!!
 
どうですか!? 今のお気持ちは。
 
Malaysia2801.JPGMalaysia2802.JPG
今までブログで見たり、話に聞いたりしていただけの場所にご自身が立っているので、
夢の場所に来たみたい。 と。
 
Malaysia2803.JPG
Malaysia2804.JPGMalaysia2805.JPG
Malaysia2806.JPG
斎藤さんが来て学生も元気が増したようにも見えます。
 
これは、この家に新風が吹いていますね。 
 
Malaysia2807.JPG
オランアスリを撮影に行って来た矢野くんは
きっとこの旅で数レベル上がったでしょう。
 
と、
オラウータンがまぢで人間の子どもみたいだったんすよ!!
って何回もその冷めぬ感動を身体で表現する椿くん。
オラウータンの歩き方の真似うまいから、
聞いたらいつでも歩いてくれると思います。
 
Malaysia2808.JPGMalaysia2809.JPG
Malaysia2810.JPG
斎藤さんのマレーシア最初のご飯は
施設から少し坂を下ったところにある、パパリッチ。
 
まさに新風です。 
 
Malaysia2811.JPGMalaysia2812.JPG
Malaysia2813.JPGMalaysia2814.JPG
Malaysia2815.JPG
一階の部屋へ入居完了です。
この施設唯一の完全個室の部屋なので、ゆっくりしてください。 
 
Malaysia2816.JPGMalaysia2817.JPG
そして、5月7日が誕生日だった穂積くんの誕生日会。
 
ろうそくの火を消した後、パイ??をバツッと! 
 
Malaysia2818.JPGMalaysia2819.JPG
Malaysia2820.JPG
そのマスクハンパないね。 
 
Malaysia2821.JPGMalaysia2822.JPG
Malaysia2823.JPGMalaysia2824.JPG
Malaysia2825.JPG
なぜかパイ??がやたら粘っこいため、ちょっととれにくいかもしれないけど、
大丈夫。盛りあがってたし。
この誕生日は特別だ。
こんなにたくさん仲間にかこまれてお祝いしてもらえる。
そんな君は間違いなくしあわせ者だ!
 
誕生日おめでとう! 
 
Malaysia2826.JPG
Malaysia2827.JPGMalaysia2828.JPG
Malaysia2829.JPGMalaysia2830.JPG
デジタル組もそろそろ本格始動ですか。
 
暗室組もデジタル組も、スクーリングまでファイト!” 
 
Malaysia2831.JPG
 
疲れた時は寝てね。  
 

マレーシア 27

暗室組の荷物も無事届き、とうとう作業開始です。
 
撹拌の音がコツコツと一定の歩幅で歩く足音のように刻み聞こえます。
 
Malaysia2701.JPG
今年の暗室組は3人です。
各自、自らのペースで1日の現像予定を乗り越えていっています。
順調でしょか。
その中でも特に岡田さんは暗室を愛してやまないようです。
この時代にあんたそりゃ、渋すぎだぜ。
 
Malaysia2702.JPGMalaysia2703.JPG
Malaysia2704.JPGMalaysia2705.JPG
Malaysia2707.JPGMalaysia2708.JPG
少し他の学生より早く施設に戻ってきた暗室組に続き、
マレーシア各地に散らばっていた学生が続々と戻ってきます。
 
みんな元気そうです。
そして、黒くなってます。
 
Malaysia2709.JPGMalaysia2710.JPG
Malaysia2711.JPG
Malaysia2712.JPG
帰ってきた学生の話を聞くのはとても楽しいですね。
すごく、すごく楽しそうだった想い出話、経験、出会い、達成。
誰が一番良い旅だったかは、一生経っても分からんです。
撮影がうまくいかなかったかも知れないし、
上手くいったかもしれない。
しかし、全てが学びで繋がり、次はもっとより良き旅へとなりましょう。 
 
遠藤くんは、クンダサンに行った時にガイドしてくれた
ジミーさんに旅の記録DVDを4枚焼いてもらったらしいです。
いやいや、楽しいです! 必見。
ティンギ・ティンギ〜・グ〜ヌンキナバル〜♪
 
Malaysia2713.JPGMalaysia2714.JPG
そして、4095mのキナバル山登頂を成功させた椿くん。
 
誇らしげに登頂証明書を持っています。
キナバルは膝が笑うほどに登るのは辛かったらしいのですが、
景色が尋常じゃなく綺麗だったとか。 
 
Malaysia2715.JPGMalaysia2716.JPG
暗室から記憶を呼び起こさせるようなエアコンの音が響き、
独特な香りがあたりを支配しています。
どちらもゆっくりですが記憶に定着していきます。
 
3期生ぶりに学生が暗室を使っているので、
暗室くんもさぞ喜んでいることでしょう。 
 
Malaysia2717.JPG
Malaysia2719.JPGMalaysia2720.JPG
Malaysia2721.JPGMalaysia2722.JPG
Malaysia2723.JPGMalaysia2724.JPG
Malaysia2725.JPGMalaysia2726.JPG
Malaysia2727.JPG
そして、5月15日昼すぎに学生が全員揃いました。
 
みんな武勇伝で自慢し合ってもええんよ。 
 

マレーシア 26

最近のマレーシアは雨が多めですね。。
今日も夕方にスコールがどしゃっとごっつり降りました。
それででしょうか、夕方越えるとちょっと涼しめ。
 
どうやら日本も今年の春の初旬ですか、寒めで4月でも雪が降ったとかなんとか。
懐かしき日本でいえば暑い太陽とじめっとな湿度、
きれいな海に絶え間なく打ち寄せるな波々が似合う夏の気候にずっといるので
寒いのには憧れます。
  
学生の何人かが3日に施設から旅立って行きました。
しかし早朝出発の遠藤くんと、矢野くんの2人しか撮れず。。
遠藤くんはボルネオ島のキナバル山近く、クンダサンとタンブナンへ。
 
Malaysia2601.JPG
Malaysia2602.JPGMalaysia2603.JPG
矢野くんはタマンネガラ国立公園やらのオランアスリ(マレーシア原住民)を撮影に。 
 
Malaysia2604.JPG
Malaysia2605.JPGMalaysia2606.JPG
と、自分もちょっくら出掛けてしまって
後の学生の気合いの入った出発はありません。。 
 
数日後、矢野くんと谷本さんが撮影を終え施設へ戻ってきました。
 
二人ともものすごく充実した旅ができたらしく、
想い出と武勇伝を話している時は楽しさの顔でいっぱいでした。 
どっちもボートを使って撮影地まで移動したようですが、
「あっ。この川の流れは自分の行ったとことちょっと違うね。」
とか
「おっ。このボートもちょっと違うし、やっぱり景色違うね。」  
などのボート論議や
「いやいや、ご飯をたくさんくれるから、さすがに食べ過ぎた。」
とか
「ちょっと、こっちは食べるの大変だったよ。」
なのど食べ物論議。
 
聞いてるだけで、現地でいかに多くの感動をして楽しんでいたかが伺えます。
なんだか少し成長してきた風がでていますし。
やったね。 
 
Malaysia2607.JPGMalaysia2608.JPG
Malaysia2609.JPGMalaysia2610.JPG
Malaysia2611.JPG
とか思ってたら、矢野くんが再度出発。 
 
「いや〜、やっぱり撮らなきゃいけないと思います。」 
 
気合い入ってんね。
 
Malaysia2612.JPGMalaysia2613.JPG
そして、ボルネオ島のコタブルッへ行って
予想外にやたら充実した日々を過ごしていた野尻さんと
KLのチャイナタウンにいた岡田さんも帰施設。 
 
まさかあのコタブルッでそんなにも充実した日々を
過ごすとは思ってもいませんでした。。
もう、これはバジャウ・ホースマンになって帰って来ちゃったんでしょうか。 
 
Malaysia2614.JPG
 
大勢で食べる夕飯は、おいしさ5倍は軽いです。
Malaysia2615.JPG
Malaysia2616.JPGMalaysia2617.JPG
Malaysia2618.JPGMalaysia2619.JPG
暗室組の学生は作業を始める為に薬品を溶きました。
 
なにせ2008年の3期生ぶりの学生が使う暗室。
暗室くんもさぞ喜んでいることでしょう。
 
しかし、暗室くんのパワーでがんがん削られない様に仲良くやって下さい。
ファイト。
  
Malaysia2620.JPGMalaysia2621.JPG
Malaysia2622.JPGMalaysia2623.JPG
Malaysia2626.JPG
 
 
明日からも学生が少しずつ帰ってきます。 

マレーシア 25

学生たちが各自のマレーシアでの日程を決め、
撮影にと旅立ち始めました。
けっこうマレーシアのいろんな場所へ散らばります。
Malaysia2501.JPGMalaysia2502.JPG
KLセントラル駅の空港までのバス停乗り場。 
 
Malaysia2503.JPG
遠藤くんが撮影をしに行く村(サバ州・クンダサン・シニシアン村)の
ホストファザーのコハディさんに会いました。
彼も偶然仕事でKLに来ていたのでこらまたラッキー。
もう、顔を見知ったので現地での撮影や交流しやすいですね。 
 
自分も前に彼の村へ行きましたが、
KLでは想像もできないくらい涼しくて、良いところですよ〜。
  
Malaysia2504.JPG
Malaysia2505.JPGMalaysia2506.JPG
Malaysia2507.JPG
通称、緑の壁のお店。
 
いったい本当の店の名前は何なんでしょうか。
ここの客歴は4年を越えてますが、未だに知りません。。
でも料理はおいしいです。
初めて来たら何の料理があるか分からないでしょう!
そんなあなたに、いっつも頼む料理の名前
ホッケンミー   = 茶色い麺
フライドライス  = 炒飯
ララ       = 貝のピリ辛
カンコン     = 空芯菜炒め
カントニーズフライ= あんかけ麺
 
飲み物はもちろん チャイニーズティーアイス(中国茶)!!
 
毎回量をみながらこのメニューしか頼んでません。
これがまた、安定しておいしいんです。
 
よし、これで誰でもここで臆すること無く注文できるはず!
 
Malaysia2508.JPG
Malaysia2509.JPGMalaysia2510.JPG
Malaysia2511.JPGMalaysia2512.JPG 
 
Malaysia2513.JPGMalaysia2514.JPG
ちょっと椿くんよ、その気合いやばくね。
 
Malaysia2515.JPGMalaysia2516.JPG
4期生とよく行った、ジャヤ19。
 
なんと名前がマイナーチェンジしてました。
その名を、フォーラム19。 
ここの食後ワッフルがおいしいです。
 
Malaysia2517.JPG
そして、今年もジェンガブームきちゃうんじゃないの、これ。
 
5期生のみなさん、いいじゃん。どんどんジェンガれば。
でも4期生との勝負で連勝を続けた
このジェンガマスターの徳田には勝てないけどね。 
 
Malaysia2518.JPGMalaysia2519.JPG
Malaysia2520.JPGMalaysia2521.JPG
Malaysia2522.JPG
Malaysia2523.JPGMalaysia2524.JPG
Malaysia2525.JPGMalaysia2526.JPG
ほとんどの学生が3日にはこの施設から出発です。
 
また広く静かになります。
でも、ここに住み始めてから未だかつて無い賑やかさもまた、良いですね。 
 
Malaysia2527.JPG
 
5期生 撮影 ファイトーーーーーー。 
 

マレーシア 24

5期生が施設に到着してから早数日が過ぎました。
 
みんなマレーシアでの行程をパソコンとにらめっこしながら作っております。
こら、パソコンン持って来なかったらどうなってたんでしょうか。。。
 
4年前のFW1期生の時なんつぁ、デジタル組なのにパソコン持ってない人も
いたり、いなかったりだったのに。
やはりこのデジタル時代にパソコンは必須アイテムなんですね。
そして、志村くんは英語学校で全英語授業のELSの洗礼にさっそくはまっております。
ああ、懐かしきあのプレッシャー。
ファイト! 
 
Malaysia 2401.JPGMalaysia 2402.JPG
Malaysia 2403.JPG
Malaysia 2404.JPGMalaysia 2405.JPG
カレー雑炊 
 
Malaysia 2406.JPGMalaysia 2407.JPG
Malaysia 2408.JPGMalaysia 2409.JPG
Malaysia 2410.JPG
Malaysia 2411.JPGMalaysia 2412.JPG
毎年大家さんの家へ挨拶へ行く度いただく
にんじんコーヒーと遠藤くん。
 
今年もまた3袋いただきました。
この人数だったらすぐなくなっちゃうでしょうが、
みなさんおいしくせっせと飲んじゃってください!
 
Malaysia 2413.JPGMalaysia 2414.JPG
ミーティング
 
全学生、マレーシアで行く場所が決まったようです。
学生10人がここの施設から新たな地へと再び旅立つので
あと数日でこの施設に静けさがもどります。
 
この人数の賑やかさのギャップがすごいんですよね。
1期生19人の時も、一人また一人と旅立って行くごとに
どんどんと静かになるこの施設でした。 
 
Malaysia 2415.JPG
Malaysia 2416.JPGMalaysia 2417.JPG
Malaysia 2418.JPG
大家さんからお食事の招待をいただいて、
近くにあるおいしい海鮮料理屋さんへ行きました。
昨年連れて行ってもらったところも、はんぱなくおいしかったですが、
こっちのハピネスなんたらというお店も、
負けず劣らずやたら美味しかったです!!
カンボジアから来た時はあまり食べれなかった学生も
ここではたっくさん食べれたでしょう。
こりゃすぐ元気になりますね。
 
おなかいっぱい!
ごちそうさまでした。
 
Malaysia 2419.JPGMalaysia 2420.JPG
Malaysia 2421.JPG
Malaysia 2422.JPG
食事の後は毎回アイスクリーム。
いやはや、
バナナスピリット = チョコレート、バニラ、ストロベリー。
久しぶりに食す、あまくておいしいアイスクリーム。
これもまた、おいしいです。
 
みんな、おなかいっぱいで良い夢が見れたと思います。
 
Malaysia 2423.JPGMalaysia 2424.JPG
Malaysia 2425.JPGMalaysia 2426.JPG
Malaysia 2427.JPG
最初は各自の心地いい場所を決めかねていた学生たちは
もう慣れてきたようで、 
自らのナイスポジションに落ち着いております。 
 
Malaysia 2428.JPG
 
マレーシアでの撮影で新たなことに挑戦する学生もいるでしょう。
人との出会いで緊張することや、撮影がうまくいかないこともあるでしょう。
しかし
感動や経験こそ五感で学べる最良のもの。
全てを最高に楽しんで、良い写真をたくさん撮って、
安全に健康に旅をしてPJにもどってきてください。
きっと彼らならまた一つ成長した姿を見せてくれます!
 
燃えろ FW5。
 

マレーシア 23

とうとうこの時が来てしまいました。
 
あれは2008年 8月
「2年後にはFW5期生がくるのか。。 遠いな。」
と思っていた懐かしきあの時。
 
しかし現在 2010年 4月
 
FW5期生、タイの情勢により急遽予定をマレーシアに変更して
 
本日ペタリンジャヤ到着です。
Malaysia2301.JPGMalaysia2302.JPG
Malaysia2303.JPG
さすがに学生が10人だとこの家もやたらとにぎやかになります。
 
男子部屋はほぼ満ベット。
おそらくこの埋まり具合は怒涛の1期生以来ではないでしょうか。
 
Malaysia2304.JPGMalaysia2305.JPG
Malaysia2306.JPGMalaysia2307.JPG
Malaysia2308.JPGMalaysia2309.JPG
FW5期生のみなさん
 
施設の近くにマレーシアで一番おいしいであろうチャーシュー飯があります。
矢野くんだけが知っていますので、
ぜひ食べたいと思ったそこのあなたは、彼に聞いてぜひ食べてください。
 
絶品のおいしさです。
  
Malaysia2310.JPGMalaysia2311.JPG
Malaysia2312.JPGMalaysia2313.JPG
ミーティング 
 
Malaysia2314.JPG
5期生たちは自炊派なのか、それとも胃腸にダメージが蓄積されているからか、
初日からさっそく自炊してました。
 
そうめん(ネギ・ショウガ付き!!!) と サラダ
 
そうめんにネギなんて、、、いったいいつぶりのコンビネーションでしょうか。
香りがたまらなく和で良いですね。
 
おいしかったです、ごちそうさま。 
 
Malaysia2315.JPGMalaysia2316.JPG
Malaysia2317.JPG
Malaysia2318.JPGMalaysia2319.JPG
 
 
この施設はやたらリラックスできると噂の場所なので、
ゆっくりと身体を休めて回復して、次の撮影に備えてください。 
 
ようこそ、ペタリンジャヤへ! 
 

マレーシア 22

せっかくマレーシアにいるので、F1へ。 
 
もはや地元の タマン・パラマウントからLRTに乗り、KLセントラル駅からシャトルバス。
 
Malaysia2143.JPG
マレーシアにはペトロナス(PETRONAS)という国営石油会社があります。
そう、あのツインタワーの名前も
ペトロナス・ツインタワー。
その国営企業が、あの有名車メーカー、
さらには、あの有名ドライバーまでも。。。
やります。
 
1999年からはマレーシアでも
セパン国際サーキット(Sepang International Circuit)でF1が開催されています。
毎年だいたい4月の最初の週。 
Malaysia2144.JPGMalaysia2145.JPG
Malaysia2146.JPGMalaysia2147.JPG
会場に着くと。
がらり。
まだ一向に始まる気配がありません、むしろ人もぜんぜんいません。
予定表を見ると、2時からとな。 
イス席はちょっくら高かった為、
C2という見晴らしの良い丘に屋根つきの場所のチケット。
 
Malaysia2148.JPG
Malaysia2149.JPGMalaysia2150.JPG
1日目はなにやらタイムトライアルだけらしくて、
それでも初めて生で聞く本物のF1の音は
フーーーーーーーウンッ!!!
っと物まねの音とは大違い。
予想を超えるほどの耳をつんざく高音で、
ありゃさすがに物まねできません。
 
Malaysia2151.JPG
2日目はレース。
 
会場は1日目とは違って、たくさんの人だかり。
しかし3分の1くらいの人は海外の人たちで、
マレーシア人はいずこへ。。
まるで他の国に来たかのような風景です。
 
フーーーーーーーーッ!
フーーーーーーーーーッ!! ウウウンッ!!
 
ハンパなく高音で、あんなエンジン音聞いたことありません。
そりゃ耳栓付けてる人もたくさんいます。
じゃないと耳が後で、きーーーーーんってします。
 
Malaysia2152.JPG
Malaysia2153.JPGMalaysia2154.JPG
Malaysia2155.JPGMalaysia2156.JPG
Malaysia2157.JPG
デジタルズームにしてコンパクトカメラで写真を撮っている自分とは大違いの
いったい何百ミリあって、明るいんだか、、
という大砲持った人もたくさん。
 
いやいや、このつんざき音はテレビじゃあ感じれませんね。 
 
Malaysia2158.JPGMalaysia2159.JPG
Malaysia2160.JPG
Malaysia2161.JPGMalaysia2162.JPG
仏教寺院。
 
菜食主義の店があって、昼時には働いている人がたくさん食べに来ます。 
 
Malaysia2163.JPGMalaysia2164.JPG
Malaysia2165.JPGMalaysia2166.JPG
Malaysia2167.JPGMalaysia2168.JPG
Malaysia2169.JPGMalaysia2170.JPG
チェンパカ・ブッディスト・ロッジ(Chempaka Buddhist Lodge)
家から2つ先のケラナジャヤ(Kelana Jaya)駅から歩いて15分くらい。
 
この日はちょっと早い華人のソンクランでした。
水掛祭りで知られるソンクラン。
タイではやたら盛大にやるらしいですが、
もちろんここでは、わりとこじんまり。 
 
ちゃんと水掛エリアも決まってて、90%は子供だけ。
だから、不意に水かけられちゃう心配もここにはありません。
 
Malaysia2171.JPG
Malaysia2172.JPGMalaysia2173.JPG
Malaysia2174.JPG
Malaysia2175.JPGMalaysia2176.JPG
Malaysia2177.JPGMalaysia2178.JPG
お坊さんたちが人々の首筋に水をかけてあげていました。
しかし、
やはり華人の仏教人口がそんなに多くないんでしょう。 
めちゃくちゃに混むというほどではなく、
どこかの地区の小さいお祭り。
といったくらいの規模でした。
 
Malaysia2179.JPGMalaysia2180.JPG
お坊さんの前に行く前は、この像に水をかけてました。
元々、ソンクランは新年のお祝いで仏像などを清めたり
掃除をしていたらしいので、
おそらくその名残でしょう。
 
Malaysia2181.JPGMalaysia2182.JPG
Malaysia2183.JPGMalaysia2184.JPG
毎年FWがカンボジアに入る時にあるお祭りもこのたぐいでしょうか。
同じように顔に白い粉付けてました。 
 
Malaysia2185.JPG
Malaysia2186.JPGMalaysia2187.JPG
Malaysia2188.JPG
Malaysia2189.JPGMalaysia2190.JPG
 
こちらPJ、ペタリンジャヤ施設。
 
今年も着々と学生受け入れ態勢を整えています。
 
今回は調子の悪かったエアコン。
 
でも、ここはもうバッチリ。
ちゃんと涼しい風が出ますので、快眠できるはずです。
 
Malaysia2192.JPGMalaysia2191.JPG
Malaysia2193.JPGMalaysia2194.JPG
Malaysia2195.JPGMalaysia2196.JPG
しっかり、掃除しときます。 
 

▲ページの先頭へ戻る