メインコンテンツへジャンプ

海外フォトフィールドワークWeBlog Powered by OLYMPUS

山口 宗一郎 だいたいいつも、スイッチオフです。オンにしても空回りしがちですのでオンとオフの間が欲しいです。





撮影テーマ


虐殺の起きた場所を周り、撮影してきます。

HOME海外フォトフィールドワークWeBlog / ぼくもアジアに征くのだけれど

ぼくもアジアに征くのだけれど

こんな日もあります

こんにちは。

引率の先生のブログでも取り上げられましたが、私はものだけではなくいろんなことを忘れがちです。

今回は、写真がございませんがご了承お願いします。

実は保険証を宮脇先生から受け取ったその日のうちに、iPhoneをトゥクトゥクに忘れてしまい。そのまま紛失してしまいました。きっと売り払われたのでしょう。泣きっ面に蜂とはこのこと。いくら注意をしているつもりでも、悪いことが立て続きに起きる日とはあるものです。

こちらでは、トゥクトゥクのドライバーの名前と連絡先を控えるのが常識のようですね。そうして日常でトゥクトゥクを呼ぶ際も、忘れ物をした際もすぐに連絡が取れるようにしているのだとか。また、UberやGrabに似ているトゥクトゥクを呼ぶアプリもあるそう。以前はwi-fiのある環境でしかスマートフォンが使えなかったため、興味があっても使うことはないと思っていますたがこれからは使っていきます。このことを今後に生かして進みます。

いいこともあれば、わるいこともある。件のことは、久々にこたえてしまいました。ですがその逆も然り。数日の間は気持ちを整えることに費やして、心の療養に専念しようと思います。少ない撮影期間での一回スキップは痛いですが、その先の撮影にしっかり集中するためにも、そしてブーストをかけるための燃料補給と思って大切に過ごします。そう、跳び箱を飛ぶ前の、踏切台で飛ぶための力を貯める瞬間、だと思って。

このままだと少し暗い内容になってしまうので、私の好きな曲をちょっとだけ陳列しようと思います。

ボブディランの『 I shall be released 』, アラン・カミングの『 I shall be released 』, 大塚まさじの『 男らしいってわかるかい 』です。これらの曲は、ボブディランが歌ったものを原曲としてカバーされていったものです。これらの曲との出会いは、『チョコレートドーナツ』という映画を友人から勧められたことです。その映画の中で歌われていたアラン・カミングの曲を聴いたのがきっかけで、これらの曲を知りました。

有名な曲だと思いますが、もし聴いたことがなく、興味を持たれたなら、聴いてみてください。

 

 

今回は、ここまで。

お読みいただきありがとうございます。

また次回の記事をご期待ください。

山口より。

!!! コメント/トラックバックの注意事項 !!!

コメント/トラックバックにあたり、心ない誹謗中傷や悪意のある書き込み、または営利目的やブログに全く関係のないコメント/トラックバックはおやめください。
随時内容確認をし、万が一問題がある場合には、事前の了承なく削除させていただく場合もございますので、予めご了承いただけますようお願いいたします。

投稿されたコメント

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。