メインコンテンツへジャンプ

風の中で踊れ

マスター オブ シューリペア

 

ここまで余り台湾について書いてきいなかったので、少しだけ既に思い出になった台湾につい

て書こうと思う。

台湾での移動は計3回であった。高雄から台南、次に台中そして台北だ。南から北へ、暖かい
ところから寒いほうへ移動をしたわけだ。まるで渡り鳥が食べ物や環境を求めて移動するよう
に僕も同じく移動する。渡り鳥の場合は暖かいほうへといくわけだが、各地で羽を休める渡り
鳥、僕はそこでカメラを持つ。
2番目に大きな都市高雄、3番目に台中、1番大きいのは台北らしい。
大きな違いはそこまで感じられなかったが人々の違いとして、高雄が大阪で、台北が東京とい
ったような感じだろうか。
あくまで例えなので、そうといってるわけではないんです。
下から上へと移動をした訳ですが、何処へ行こうと台湾人はとても優しい人たちです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Taipei Main Station

マスター オブ シューリペア

 

 

写真は歩いて撮るものだと聞きました。歩いてこそいい出会いがあるものだと。

この旅に出る前にスニーカを買いました、しっかり歩いて写真が撮れるように。

けれど昔から靴を履きつぶしてしまう癖があって、直ぐに汚くしてしまうし、壊してしまいます。

癖は中々直せないもので、買って直ぐにスニーカの先端のゴムが剥がれてしまいました。

 

台湾についてからも先のゴムがプラプラしていてすごく気になっていました。そのプラプラが

嫌で嫌で台北で修理に出すことにしました。友人に路地裏に連れて行かれてゆくと、靴直し屋

さんが何件か連なっていました。その一角におばさんがいました。台北の中での靴直しマスタ

ーらしいです。

 

 

そんな事を言われたらすごく期待してしまいました。しかし彼女の力でもこのスニーカーは直

す事が出来なかったのです。何故なら自分で一度ボンドをつけてしまったから。それがいけな

かったのです。マスターならそのくらい直して欲しいものです。結局また自分でボンドを買っ

てくっ付けました。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

to the airport

 

嵐がくれた熊と象

 

台北に来ていく日か経ちました。雨だったのも最近は太陽が出てきて、今まで見ていた台北

とは違った街の顔がみれます。

 

 

 

ルルと言う名前の台湾人の友達がいるんですが、彼女は三、四年前からの知り合いでアメリカ

にいた時に一緒に住んでいました。

 

すごく仲がよくて一緒に旅行も行きましたし、飯なんかは毎日一緒に食べていました。

飯と言っても大体は中華料理でした。そこで中華料理を覚えたと言っても過言ではないほどに

そこのレストランには足を運びました。まあそのおかげでそれなりに太りました。特にそこで

いつも注文していたのが、空芯菜の炒め、麻婆豆腐、炒飯、酸辣湯です。お気に入りは酸辣湯

です。最後に貰えるフォーチュンクッキーも毎回の楽しみでした。

 

台湾のお天気同様、彼女もまたお天気屋なんですが、お天気はお天気でも人災になる程のお天

気屋です。嵐のごとく全てをなぎ倒して何処かへいってしまう。残された人だけが大変なんです。

 

そんなこんな台湾に来たからには、彼女に連絡をとってどこかに連れて行ってもらおうと思っ

ていたのですが、さすが嵐です。彼女は現在パリにいっらしゃるそうです。

 

そんな彼女に台湾人のお友達を紹介してもらいました。名前はネルソン、台北市内に着くと彼

が駅まで迎えにきてくれていました。彼とはメールだけでやり取りをしていたので、お互い会

ったことはなく会った時は奇妙な感じがしました。英語の文章だけで作られた僕の中にある彼

のイメージ、現実に生身の身体を前にして会話をする彼の声。答えあわせではなく、バージョ

アップされる彼のイメージがなんとなく不思議でした。

 

彼は優しいお兄さんで動物に例えると何だろうか、穏やかだが頼もしい熊と象を混ぜたような

感じの人です。彼は友達の友達は友達といつも言っていて、言葉の通りに接してくれていました。

 

彼には多くの場所に連れて行ってもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満潮の海

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3階建てのお茶屋からの九份

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

魯肉飯

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

次はベトナム、ハノイへ移動です。

 

怪獣お天気さん

 

僕自身の話を少しだけすると、一つの曲を半分まで聴けない位に飽き性で、悲しいほどお天気屋で、貧乏

ゆすりと手わすらを同時にする程本当に落ち着きがなくて、自分が気に入った事だと何十回も繰り返す。僕

自身でさえ、なんでこんな事になってしまったんだろうと分からなくなる時が多々あります。そんな訳の分

からない僕自身を、この旅をする中で服をひとつひとつ畳んで箪笥に防虫剤を入れてきちんと仕舞うように

整理していきたいです。出来るかできないかは、このブログにかかっているかもしれないですね。あくまで

「かも」ですけどね。 流れ星にお願いを三回した方が早いかもしれないですね。

 

 

そんなお天気屋な僕よりお天気屋な台湾のお天気さん。台湾についてから一週間ほとんど雨でたまげまし

た。雨なんていうものは、たまに降るから少しワクワクして、雨の日にしか出来ないことが生まれるんじゃ

ないかなと僕は思います。

 

そこまでお天気屋になれるのは、うらやましいです。

 

 

 

台南から雨で台中まで雨だとは、なんだか雨の時の街の顔も見てみたいとふと願ったからでしょうか。雨

しかみていません。ギラギラに輝く太陽がつくり出す蜃気楼を早くみたいです。台南から台中へ移動して、

早くも台北に移動してきました。台中は台湾で三番目に大きな街らしく、しっかりとした街らしさがありま

した。僕の地元の郡山よりは小さいと思いますが。

 

 

 

そんな台中の中で一番良かったものは、ホテルの近くのご飯屋さんとしか言えないほどホテルから全く出れ

ない強い雨でした。雨は雨で土砂降りになると興奮してきます。受賞者を発表する時のドラムロールのよう

に雨が降っていて、その大雨の中には、大きな怪獣みたいな何かがステージに立つことを今か今かと歯ぎし

りをしながら待っている。そんな様に思えてきます。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目玉焼きが恋しくなってきました。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わんちゃんは見かけませんでした。

雨の日はムラサキ

 

このブログを始める前はすごく憂鬱だったの憶えています憂鬱と言うか新しい習慣を作る作業。なんでブロ

グなてやらないといけないのか、そんなに暇になるわけないだろうと呑気にタバコを吸いながら考えてい

ました。だけども実際こうやって文章を書き始めると色んなことが気になって頭を使わないといけないし書

くからにはきちんと書きたいし大変体力を奪われますし、お腹も減ってきます。やっかいやっかい。

 

書くときには日本にいる友人や家族のことを思いながら書いています。その時あったことはその日の内に、

鮮度の良いまま話したいんですが、ブログでその事について書くのはやめにしますね。だって凄くだらない

んですよ。例えばですけどここ数日であった「個人的な面白い体験(お馬鹿)」と言えば、スーパーで流れ

ていたBGMの音量がものすごい大きくてしかもSIAのChandelier だったとか、ホテルの階段でタバコを吸い

ながら降りてきたオジさんが途中で止まったと思ったら物凄い音の屁をこいたとか本当にくだらない事

なんです。

 

 

一つ目の都市、高雄から移動して台南へ来ました。高雄よりも海が近いのか風が吹いていて磯の香りが鼻を

ぬけます。台南での初日は歩ホテルから歩いて海まで行ったんですが、思ったよりも遥かに遠くて途中で引

き返すか、タクシーに乗るか考えました。普通なら片手を上げて(片手を上げてタクシーを止めるポーズの

起源は、歩けません、負けましたのお手上げポースからきていのるかも)タクシーに乗ればいいじゃないか

と思われるとおいますが、ここは写真を撮る者として歩いて行きました。行って帰っての往復、4時間以上

かかりました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台湾一の大きさを誇る花園夜市。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

射的に集中する女性。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんの遊びかわ分かりませんが、麻雀の牌をまぜまぜする人は全員女の人でした。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水槽の魚を見るとすごく思い出すことがあります。

「昔、とっても魚が大好きなマツダ君がいました。彼は魚に詳しかったし、釣りも好きでした。親戚から大きい水槽をもらいました。大人の趣味で使うような大きい水槽でした。二人で綺麗な水槽を作るために土を敷いて、水を入れて草も植えました。薄くて青いグッピーを20匹位買いました。他にもエビとか二人で何種類かの魚を買いました。エアーポンプをセットしてやっとできました。 水が濁っていたので次の日完成を見るためその日は寝ました。翌朝みたら全部死んでいました。酸素ので出し過ぎでした。」

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゼイラムのオープニングの曲がすごい似合いそうです。

時間があれば是非聞いてください。https://www.youtube.com/watch?v=cVS-fHdkAQI

僕のバイブルです。

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台南は雨が降ったら「八神純子・みずいろの雨」が似合う街になります。

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

じいちゃん、ばあちゃん、お父さん、お母さん、稜、央、桜、モリゾー

「お兄さんは元気ですよ」

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

高気圧メンタル

 

出発前日は大忙しでした。新宿花園神社にお参りに行き、あれやこれやと必要な物を全て揃えて、

お世話になった人に挨拶をし、髪の毛を切ってもらったり、出発の翌日が友人の誕生日だったので

プレゼントを買ったり、忘れ物を取りにいったりと一日中歩きまわりました。

多くの人に会ったしなんだか僕は死んでしまうんじゃないのか、死ぬ前の身辺整理をしているよう

な気分でした。

 

最後の晩餐は日本食と思いきや、お持ち帰りのピザ、ポテト、ナゲットと友人作のアクアパッツ

ァ、白ワインでした。

 

急に思い出したように食べたくなる食べ物たちです。

 

結局準備をたらたらやっていたら朝の五時までかかってしまいました。なんでもギリギリにやる癖

は早く治したいところですが、まだまだ治せなそうです。

 

 

 

それでは行ってきます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本はまだ寒いのに気持ちが舞い上がってずっと窓の外を撮っていました。

気持ちの音楽は「山下達郎・高気圧ガール」でした。

QueenのBohemian Rhapsody でもいいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雪の積もった富士山

 

 

 

 

 

 

約4時間のフライトを経て台湾は高雄に到着しました。

狭い機内で痛めつけられたお尻を持ち上げてやっとこさリラックスできると思いきや、

父親から譲ってもらったバックパックを背負いホテルまで休むことなく移動でした。

 

台湾の気温は28度前後で思っていたより過ごしやすいです。

ただ湿度が高く歩けば歩くだけ汗をかいています。

 

食べ物は薄味で日頃どれだけ味の濃いものを食べてるか気づきました。

(出国前に空港でカツカレーとハンバーガを食べました。ポテトも食べました。)

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注文を取るおばさんの手

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘルメットを装着する人

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワンちゃんが多い街ですね。今度から数えてみようと思います。

 

2度目の台湾なんですが台湾語はいつ聴いても元気になれますね。

 

謝謝