メインコンテンツへジャンプ

pontoon

松田西湖

こんにちは。こんばんは。舟橋です。

 

今日は特別ゲストととして寺西さんをお呼びしています。

舟「こんにちは。寺西さん。」

寺「はい、おはよう」

舟「今日は西湖に行ったということですが、西湖はどうでしたか?」

寺「西湖とは中国の杭州にある湖のことです。個人的には富士五湖の西湖の方が好きです。」

舟「そうですか。西湖では人が多かったですよね。何かの記念日でしょうか。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺「知らん」

舟「そうですか。綺麗な噴水も見れましたね。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺「俺は早く帰りたかったです」

舟「綺麗じゃなかったですか!?」

寺「はい、そうですね」

舟「はい、ということでそろそろ終わりますか。」

寺「話変えて、今泊まっているホテルの話。狭目のダブルベットで男二人で寝ていますが、最悪です」

舟「そうですね。だんだん体調が悪くなってる気がします。あと2夜ありますね。」

寺「毎朝起きると目の前に男の顔が・・・吐き気がします」

舟「とてもよくわかります。せめて女性なら、、と叶わぬ夢を願うばかりです。ところで寺西さん、UFOキャッチャーでとったあれは?」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺「彼が俺に取ってくれと囁いてきたのです」

舟「6元かかったそうですが、そのことについてどう思われますか?」

寺「コラテラルダメージです」

舟「なんですかそれ?」

寺「ググってください」

舟「打つのが面倒なんですね。西湖からの帰り、雨がかなり降ってきましたね。機材を背負っての移動は辛かったでしょう。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺「舟の髪の毛に比べれば辛くありません」

舟「ちょっと何言ってるかわかんないっすね。」

寺「薄い細い少ない

舟「薄い は 細いってことです。わざわざ太字にしないでください。ところで、中国に来てもうだいぶ経ちますが、中国の印象などはありますか?」

寺「意外に過ごしやすい。飯はうまくて安い。宿代が高いのと、英語がほとんど通じないのが辛い」

舟「なるほど。また来たいですか?」

寺「知らん」

舟「はい。そうですか。ご飯は何か特に美味しかったものとかありますか?」

寺「カップ麺が至高」

舟「今も食べてますもんね。豆もいつも食べてますが、いつから好きなんですか?」

寺「えっ、いつから? え? 知らんがな」

舟「ではなぜ好きなんですか?」

寺「体にいいんです。地中海食です。お菓子のやつは塩分濃いから気をつけなきゃいけないけど」

舟「へぇーなるほど。圧力鍋圧力鍋とうるさいですが、そんなに欲しいんですか?」

寺「海外に来てからあまり美味しくないものを食べ続けてきたおかげで、最近料理に目覚めました。今はYouTubeのカズ飯を見てて圧力鍋が欲しいと思ったんです。ついでに言うと包丁も欲しい。いいやつ」

舟「確かに海外の料理はあまり美味しくないものが多いですよね。日本に帰ったら食べさせてください。包丁は中華的な包丁ですか?」

寺「そうです。麺を切るときに使う大きくて四角なあれです。ラオスでうどん作るときに使いたかった。(ラオスのうどんに関しては前の記事見てね)」

舟「懐かしきラオス。あのうどん作りはいい思い出ですよね。麺棒はいらないんですか?」

寺「麺棒は一脚で十分です」

舟「一脚の用途が違う気がしますが、、確かに十分ですね。さて、もうそろそろ寝たいので何か言いたいことがあればどうぞ。」

寺「お金をください」

舟「あれ、今日確か50元、、」

寺「拾いました。びしょ濡れの50元。今乾かしてます」

舟「すっ、と拾ってスタスタと歩いていたあのときですね。やりましたね。」

寺「自分の海外生活史上、最高の喜びです」

舟「だからですか、、ウサギと話していたのは。」

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寺「彼と喜びを分かち合っていました」

舟「鳩、カラス、犬、右京さんに福山雅治、と。」

寺「俺の十八番です。ちなみにカラスが一番自信あります」

舟「僕は福山雅治の声真似が1番好きですよ。」

舟「それでは時間となりましたので、終わりたいと思います。今回のゲストは寺西さんでした。ありがとうございました。」

寺「はい、どうも。それでは皆様、さよなら、さよなら、さよなら」

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

それではまた。

 

 

 

!!! コメント/トラックバックの注意事項 !!!

コメント/トラックバックにあたり、心ない誹謗中傷や悪意のある書き込み、または営利目的やブログに全く関係のないコメント/トラックバックはおやめください。
随時内容確認をし、万が一問題がある場合には、事前の了承なく削除させていただく場合もございますので、予めご了承いただけますようお願いいたします。

投稿されたコメント

コメントを投稿

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。