メインコンテンツへジャンプ

引率Staff2017

2017年度 海外フィールドワーク帰国報告会 開催のお知らせ

2017年度海外フィールドワークの引率を担当した宮脇です。

フォトフィールドワーク12期生達が9月22日(金)帰国し、10月2日(月)から後期授業はじまり

ました。疲れた様子を見せることなく、授業が終わると撮影した作品をまとめたりして、就職活動の

準備等、慌ただしい毎日を過ごしています。

さて、このたびフォトフィールドワーク12期生が、半年間の取材撮影の成果を発表する機会として

『海外フィールドワーク帰国報告会』を開催します。

2年次から撮影テーマを考え、行動プランを組み立て、アジア11カ国の撮影をした作品です。

当日は、5名(フォトフィールドワーク12期生)それぞれの写真をスライドショーでご覧頂けます。

また、スライド上映後は懇親パーティも行います。

入場はどなたでも無料です。ご来場お待ちしています。

田村さん撮影の写真です。

寺西くん撮影の写真です。

周さん撮影の写真です。

舟橋くん撮影の写真です。

吉岡さん撮影の写真です。

 

半年間の集大成をぜひ見にいらしてください。

みなさまのご来場をこころより、お待ち申し上げます。

 

◎日時:2017年10月27日(金)17:45〜20:30終了予定(途中入退場可能です)

◎場所:日本写真芸術専門学校 9階901講堂

◎問い合わせ:日本写真芸術専門学校 教務課03−3770ー5586

190日目 釜山から大阪・日本/Day190 , From Busan to Osaka , Japan

宮脇です。フォトフィールドワーク12期生が全員無事に帰国しました。

2017年3月17日(金)日本を出発して台湾・高雄を皮切りにベトナム、カンボジア

ラオス、タイ、インドネシア、マレーシア、インド、ネパール、中国、韓国の11カ国を

めぐる取材撮影の旅をやり遂げました。

滞在した国々で予定していた通りに撮影できた時もあれば、そうでなかった時もありました。

そんな時は、苦しみながらも前向きに考えて行動をして、いろいろな国の人に良くしてもらい

活路が、見えたこともありました。国こそ違えど、人との縁でピンチをチャンスに変えたり

していました。「縁は異なもの味なもの。」です。

心なしか、学生たちは出発前よりたくましくなった顔つきで帰ってきたように見えました。

きっと、190日間の旅で何かを得たのだと思います。

本日は、帰国の様子から、入国して全員揃ったところをご欄ください。

韓国・釜山から日本・大阪まで船で移動しました。
飛行機で移動しましたらあっという間ですが、船ですとゆっくりと
時間を過ごすことができ、様々な思い出を大阪に到着するまで語り
あったりしたかと思います。

寺西くんが、はじめに入国手続きを終えて到着口から出てきました。
テーマ写真が思うように撮れず苦しみながら撮影に挑んでいました。
時には、ジャングルの中でヒルの大群に遭いながらも被写体を求め
同級生の舟橋くんと歩き回ったり、また、ある時は暗闇の森の中で
ひたすら撮影の機会を計ったりして、最後の最後で頑張りを見せて
いました。ちなみに寺西くんの被写体は「虫」です。

田村さんが、大阪に帰ってきました。どんな暑い所に移動しようが黄緑色の
ウィンドブレーカを着て一番移動回数が多かったです。元気の源は「食」です。
どこの国にいても、食欲落ちることなく、美味しくご飯を食べていました。

周さんがいたからこそ、台湾、中国等の中華圏の国々を無事に滞在する
ことができました。みんな、周さんに感謝していました。
周さん料理の注文はじめ、いろいろありがとうございました。

納豆が大好きな舟橋くん、おかえりなさい。
思う存分、納豆をはじめ和食を堪能してください。
でも、お腹弱いみたいだから食べ過ぎに注意してください。

いつも笑顔が素敵な吉岡さん。
古市先生が構えるカメラに目線を合わせて撮ってもらい
ゴールで待つ、長坂先生の元に駆け足で行きました。

フォトフィールドワーク12期生が無事、日本に帰国しました。
各自の表情から、心なしかたくましく自信に満ちているようにも
見受けられます。きっと、今回の旅で様々な方との出会いや経験
したことかと思います。今後の人生の糧にして欲しいです。

 

188日目韓国・釜山_2/Day188_2, From Busan,Korea

みなさん、こんにちは。

韓国・釜山より引率・古市です。

前半、後半と引率していた宮脇先生が13期生の引率のため、

マレーシアにいるため、古市が出迎えの引率として釜山に来

させていただきできました。

釜山は昨年度も11期生の引率で訪れた場所であり、昨年度

のことを懐かしく思い出しました。

11期生のみんなも元気でいてくれたらと思います。

12期生達は2回目のスクーリングを終えた後、それぞれが

撮影地を決めて、撮影したい国へ単独で向い、約1ヶ月間に

渡って、各自で撮影をしていました。

そして188日目となる今日、最後の街である韓国の釜山に

集合しました。

今までは撮影する時は一人でも、同じ国に全員いましたが、

このフリー期間ではほとんどが一人での行動でした。

様々な国で撮影をしているので、元気にしているのかどうか

と心配しておりました。

全員、元気な顔で再集合することができ、とても嬉しく思い

ました。

久しぶりに見る12期生の顔はスキッとしていて、一皮剥け

たように感じました。

17:00からはいつも通り、引率部屋でブリーフィングを行い

ました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブリーフィングを行った後は日本から宋理事長と学園本部の

尹さんが12期生達を激励しに日本から来てくださいました。

そして、本場韓国の焼き肉をご馳走してくださいました!

お肉はとっても柔らかく、本当に美味しかったです。

お店はこちらです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ソフトドリンクで乾杯!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

デザートは釜山の若者達の間でも流行っていて、日本にも上

陸しているかき氷屋さんに連れて行ってくださいました。

冷たくて、ふわふわとしていて、フルーツもたっぷりでとて

も美味しかったです。

今まで一人で食事をしていたこともあり、みんなでワイワイ

と美味しいものを食べることができて、たっぷり元気になった

ことと思います。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

楽しくて、美味しい夜でした。

宋理事長、尹さん、ありがとうございました!!!

188日目韓国・釜山/Day188, From Busan,Korea

みなさん、こんにちは。

韓国・釜山より引率・古市です。

12期生達は2回目のスクーリングを終えた後、それぞれ自分自身の写真に

とって大切な国へと向い、約1ヶ月間に渡って各自で撮影をしていました。

そして188日目となる今日、最後の街である韓国の釜山に集合しました。

みな、元気です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

187日目韓国・釜山/Day187, From Busan,Korea

みなさん、こんにちは。

韓国・釜山より引率・古市です。

各自で撮影をしているフリー期間もそろそろ終わりが近づき、

再集合日を明日に控えました。

12期生たちを出迎え、大阪までの引率として、前日に釜山へ

と参りました。

一年前にも11期生達の引率としてこの釜山を訪れており、街は

そのままでとても懐かしく感じました。

ずっと引率を担当されていた宮脇先生が学生にとってはよか

ったと思うのですが、宮脇先生は13期生のマレーシア研修の

引率にいらしています。

日本から学園本部の尹さんが12期生達を激励しに、陣中見舞

いに来てくださり、お食事会を開いてくださいました。

前日から釜山に入っている3名の12期生と美味しい焼肉をご馳

走になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりに見る学生たちはたくましくなっているように感じま

した。そして、尹さんから美味しい焼肉をご馳走になり、久し

ぶりのご馳走にみんな美味しそうに食べていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

焼肉をご馳走になった後は、少し散策しました。

屋台でお買い物をしたりして、楽しみました。

一人でずっとフリー期間を乗り切った彼らは、みんなと一緒に

居られるのが嬉しそうでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尹さん、ご馳走さまでした!

166日目 東京 / Day , 166 Tokyo , Japan

宮脇です。日本でのスクーリングも最終日となり、 フリー撮影出発前の面談です。

ゼミ担当の鈴木先生はじめ教務課の先生達から、前後半の海外フォトフィールドワークを

通じての感想はじめ、撮影に関して質問等に応えてもらいました。

前後半通じてリーダー的な役割を果たしてフォトフィールドワーク12期生を
まとめてくれた寺西くん。
フリー撮影期間では後半に撮影できなかった分を取り戻すためにもタイ(バンコク)
一生懸命頑張ってきてください。帰国報告会を楽しみにしています。

「華人」を撮影テーマにしている周さん。
台湾、中国はじめフォトフィールドワーク取材撮影の旅全般にわたって通訳代わり
として大活躍でした。気をつけてフリー撮影期間を過ごしてください。

インド、中国では、撮影がうまくできたようでした。
フリー撮影期間も引き続き頑張ってください。

訪問した国々でひたすらポートレートを撮り続けて成果は、得られたようでした。
フリー撮影期間中も気を緩めることなく引き続き頑張ってください。

カンボジアとマレーシアに再度取材撮影に行く、アクティブな田村さん。
フリー撮影期間中も引き続き頑張ってください。

面談最後に鈴木先生からまとめの一言をいただきました。

8月25日(金)、周さんが中国に出発するのを皮切りに順次旅立ちます。
引き続き、フォトフィールドワーク12期生の応援をよろしくお願い致します。

152日目 上海 から東京 / Day , 152 From Shanghai to Tokyo , Japan

宮脇です。本日は、日本でスクーリングを行うために上海出発の様子から

東京に到着した様子をご紹介致します。

みんなで宿泊していた上海のホテルを出発。

公共交通機関の地下鉄2号線で上海浦東国際空港まで移動します。
乗車時間50分の距離が7元(約114円)。
日本と違って安いです。

フォトフィールドワーク12期生をいろいろな場面で仕切ってくれた寺西くん。
気を利かせて人数分の切符を購入してくれました。
何かにつけて行動機敏です。※写真、左から二番目。

上海浦東国際空港に到着。
改札口から、第1ターミナルを目指して移動中です。

中国の空港チェクインでは、欠かせない周さん。
寺西くんのチェックインを手伝ってくれています。

搭乗ゲート前でパンを食べながら当時開始を待つ田村さんと吉岡さん。

いよいよ、羽田空席に向けて出発。

宋理事長が、羽田空港到着口で出迎えてくれました。
しかも、空港から家路につくまでに小腹を満たしてくれる
お菓子までいただきました。
ごちそうさまです。

フォトフィールドワーク12期生と宋理事長で記念撮影。

149日目 上海 / Day , 149 Shanghai , China

宮脇です。本日は上海で広告写真撮影のお仕事をしているフォトフィールドワークワーク卒業生

長山さんと中国から留学生として本校に入学し、卒業生して、長山さん同様写真撮影のお仕事を

している田(デン)くんの三人で食事をした様子、さらには、閉店間際に合流してきた在学生達を

ご紹介します。

今や中国を代表する都市のひとつとなっている上海。
上海には、二つの国際空港、鉄道(長距離列車)、地下鉄、路線バス、長距離バス、タクシー等
様々な交通機関があります。
写真は、上海駅です。農村はじめ地方から出稼ぎや移住してくる際の玄関口となっています。
常に駅前や駅構内には、人が行き交っています。

写真左は、フォトフィールドワーク卒業の長山さんです。
卒業後、化粧品メーカー宣伝部にて広告写真撮影の仕事を数年間経験積んでから
現在上海で広告写真撮影のお仕事をしています。
ちなみに海外フィールドワークで取材撮影の旅を続けている時から、中国で仕事
することを夢見て、独学で中国語を覚えて現在に至っています。
写真右は、中国からの留学生で本校を卒業した、田(デン)君です
帰国後、中国で経験を積み、現在上海を拠点に中国国内を撮影の仕事で飛びまわって
います。中国で頑張っている二人です。応援よろしくお願い致します。

田村さんこと愛称タムタムが青海省(四川省の隣り)から、閉店間際に合流しました。

さらに寺西君と舟橋君も合流して記念撮影。話し足りないのか眠らない街、上海に消えていきました。

135日目 成都 / Day , 135 Chengdu , China

宮脇です。本日は、中国成都に滞在して三日目の様子をご紹介致します。

田村さんと吉岡さんは中国での個人撮影のため、朝5時にホテルを出発して
成都双流国際空港に向かいました。
中国もインドの時と同様で空港内人だらけで、どこも見ても長蛇の列。
チェックインできるまでかなり時間を要したようです。
中国も人口が多い国ですから、早めにホテルを出発して良かったと言っていました。
写真は無事にチェックイン終わって、二人で朝食を撮った様子です。

周さんチェックアウト。
チェックインをした時に私が学生分含めて全員のデポジットを払っていました。
その返金のお願いをしてくれました。
何から何まで、周さんありがとう。

二日間、成都のおばさまの家に宿泊して、個人撮影で予定している場所に向かう
と言っていました。気をつけて行ってらっしゃい。

寺西くんと舟橋くんの二人は、私と一緒に12:00頃、チェックアウトしました。
次の宿泊先のチェックインまで二時間ほど時間ありましたのでカフェでコーヒーを
飲みながら、雑談含めていろいろな話しをしました。
改めて学生の考え方や性格を良く知ることができて、大変楽しいひと時でした。

英語が通じないタクシー運転手対策として、予め中国語に翻訳した
行先を見せていけるかどうか確認をしています。
確認作業は、寺西くんの役割のようです。

我々の前を通るタクシーを止めては、目的地まで行けるかどうかを確認していました。
「わからない」と応えるタクシー運転手ばかり。
「翻訳が間違っていない」かと舟橋くんから、指摘されて調べ直す寺西くん。
ちなみに4台くらい止めましたが、どのタクシーにも乗車拒否されました。
ちなみに、どのタクシーにもカーナビは、装備されていました。

二時間前にチェックアウトしたホテルに戻り、ホテルから呼んでもらうことにしました。
最終的に乗車でき、次の宿泊先への移動もできました。

次の再集合が8月12日(土)、上海のホテルです。

それまで、中国でどんな体験をし、どんな写真を撮ってくるのか再会する時が

楽しみです。それでは気をつけて行ってらっしゃい。

134日目 成都 / Day , 134 Chengdu , China

宮脇です。本日は成都に滞在して二日目の様子をご紹介します。

昨日の夕食に続いて本日は、周さんのおばさまのご自宅に招かれてお昼ご飯を
ごちそうになりました。
料理はご覧の品々。全部おばさまの手作りです。美味しかったです。

食事の後、おばさまが我々にお茶を入れてくだいました。
寺西くんが、お茶を入れる様々な茶器を欲しくなったのか
触ったり、いろいろ質問したりしていました。

周さんのおばさま達の居住されているご自宅は超高層マンションです。
成都の富裕層しか入居できないそうです。
東京のお台場にあるタワーマンションみたいな感じです。
日本と中国の新築分譲マンションで大きく違うのは中国の場合、内装は
施主の自由設計及び施工発注です。
ですので、そこらじゅう、特別注文で施されたものばかりでした。
「凄いね」の連発でした。

食後にタクシーで移動してSIMカードを買いに行きました。
ですが、電話に合うSIMカードがないので購入をあきらめました。
レンタルサイクルを使って次の目的地に移動しました。

寺西くんと舟橋くんが個人撮影で滞在している場所から、上海に移動する鉄道の切符を
買いに来ました。

吉岡さんと田村さんは、付き添いで来ただけでしたので
待っている間、時間を持て余していたのか、ふざけて遊んでいました。

切符販売所内、蒸し暑かったため、団扇であおいでいる田村さん。仲間思いです。
切符購入の際、周さんのおばさまの次女の方が、中国語で対応していただいたため
スムーズに購入できました。
何から何まで、お世話になり放しで、ありがとうございました。

この後、我々はタクシーでホテルに戻ってみんなで夕食を食べました。

この翌日から、いよいよ中国での個人撮影が始まります。

どんな写真を撮ってくるのか楽しみです。

1 / 512345