メインコンテンツへジャンプ

海外フォトフィールドワークWeBlog Powered by OLYMPUS

吉岡 莉南 東京で生まれ育ち、高校生の頃は島で過ごしました。何処へ行っても私が私で居られるように20歳のおかりなは旅に出ます。




HOME海外フォトフィールドワークWeBlog / 都会の路地裏猫になりたい。

都会の路地裏猫になりたい。

バタバタ、ほっこり。

 

おはようございます。
2日目にして既に化粧をする気がない、おかりなです。

(この電車ほんとうに合ってるのか不安、な表情。)

 

今日は初めての移動日です!
11時にチェックアウトした後、メンバーとバイバイして、北上の旅に出ます。

最初の予定地は台南!
昨日買っておいたチケットを使い電車に乗りました!

これまたお値段安く106元(約390円)

 

40分ほどの小旅行なので、そんなに疲れはしなかったですが、なんせ荷物が重い。
片腕で持ち上げられないので、一回すわりこんで体で持ち上げるのがやっとです。
はやく持ってきたゼリーやハイチュウを食べちゃいたいですね。(遠足気分)

そして大きい。足が伸ばせないが苦痛です。
しかし予定時刻にきちんと到着する電車には一安心😄

 

さて、無事に台南に到着したおかりなは黄色いタクシーに乗り込みました。


運転手さんは無口なおっちゃん。動いてホッとしたメーター。
安心して外を眺めていたら、まだまだ目的地まであるのに停車してしまった。
「?」と不思議がっていたら、おっちゃんが「ここだ。」と動かない。
いやいや待って。まだ半分以上ある。「今私ここ。目的地ここ。」と
英語も日本語も通じないおっちゃんと対決開始。凄く不機嫌そうになってしまった。
すると近くを通ったダブルデート真っ最中のカップルが声をかけてきてくれて、おっちゃんを論破してくれました(泣)

ありがとう、カップルたち。幸せになってね。

 

 

そして、なんとかホテルに到着すると、入った途端に「ニーハオ!」とスタッフ全員に挨拶をしてもらいました。
世界共通でこういう元気な挨拶って大事なんだなあ。と改めて思う私☺️
そして、ここのホテルにして良かった!と、この時点で十分に感じているのに、
その後も「今日は暑いですね」とお馴染みの声かけをすると、缶ジュースを2本もくれたり、
「一人?予約してた部屋凄く狭いからグレードアップしてあげる!え?金額?サービスに決まってるじゃない!」と
凄く気前の良いスタッフ一同。。急に受ける優しさに困惑するおかりな。でも凄く幸せだった。

 

サービスしてくれた部屋に入ってみるとシングルベッドがダブルになってるだけではなく、
部屋自体も大きくなっていて、何よりお風呂に浴槽が!!幸せすぎてニヤニヤしてます。

料金は本当にそのままで通常一泊3100円ぐらいなのに1800円。。
私はここに3泊する予定なので、合計で1440元(約5520円)でした。本当に良心的なお値段です。

 

 

夕飯は近くの牛串やさんにしました!バイト先が牛串屋なので入りやすかったのもあり。

この二つとコーラで240元ぐらいと少し高めだった印象、、

ただ凄く凄く美味しかったです!普通に日本料理と何も味が変わりません✨なんせ大好きなお肉!
明日からの撮影も凄く凄くやる気が出てきました!幸せ慣れしないように気を張って行きたいと思います!

また明日お会いしましょう。