メインコンテンツへジャンプ

海外フォトフィールドワークWeBlog Powered by OLYMPUS

吉岡 莉南 東京で生まれ育ち、高校生の頃は島で過ごしました。何処へ行っても私が私で居られるように20歳のおかりなは旅に出ます。




HOME海外フォトフィールドワークWeBlog / 都会の路地裏猫になりたい。

都会の路地裏猫になりたい。

円計算間違えてて高級ホテル予約してしまった話する?

 

おはようございます。
今日は移動日です。おかりなです!

今回向かうのはマレーシアの離島「ランカウイ島」!

・・・なのですがその前にペナン島にも行っていたので、そのお話をします。

ペナン島の空港へはKLから約1時間ほどで到着します。はや!
そのため料金も1200円とか飛行機と思えない安さで逆に怖かったです。

まあ、マレーシアは前回プロモ価格300円とかでジョホールバルへ飛んでいるのでそんなもんかと(違う)

ペナンの空港へ着くとホテル近くまでバスで行けるらしいので利用することに。

空港を出てすぐにある停留所に4台ほど止まっていたので運転手さんに「ジェティーに行く?」と一人一人聞いて乗車。笑
お値段なんとRM2.70 !日本円で約85円ぐらいですかね〜安い〜。感動😢✨
前回の一時帰国で何に一番お金使っちゃったって交通費でした。渋谷までの定期が切れてしまっていたため
毎日スクーリングやらで渋谷まで行くのは金銭面的にだいぶしんどかったです。。。

そんなことはさておき、車内はこんな感じです。空港からということもあり観光客が多い。

やはりどこに行っても中国人はいますね〜そして中国語で話しかけられます。意味不明です。笑

ここペナン島へはランカウイに行くついでによく調べもせず行ってみたのですが、
バスで何処を探しても動物に会いませんでした。いるのは鳩とカラスだけ!!

旅を始めてからこんなこと初めてです!!
島の景観を損ねてしまうからって犬を禁止しているギリトラワンガンには行ったけど
まさか猫も牛も鶏もいないなんて!この島のお肉たちはどうしてるんだろう。。

もうちょっと裏の山の方に行けば見つかったのかなあ。。

ホテルまでの道、めちゃくちゃ西洋風な建物が。かっこいい。

 

そして今回宿泊したホテルはこちら!!

ば〜〜〜〜〜〜〜ん!!

 

ど〜〜〜〜〜〜ん!!!!

 

ひ、ひぇえ〜〜〜〜〜😥

あれ?おかりなバックパッカーのくせにお金使いすぎじゃね?と
みんなに一喝入れられそうなホテルです。ほんと。ナンダココハ。

 

話は今から四ヶ月前の2月に戻ります。

もうすぐ旅が始まるということで、みんな行動計画表と企画書、そしてホテルや飛行機の予約に追われている頃
私はまさに今実行しているマレーシアの予定を考えていました。

そしてKL➡︎ペナン島➡︎ランカウイ島➡︎KLという最高の旅を見つけ出した私は速攻飛行機の予約へ。

飛行機安!まあマレーシアだしな〜。と浮かれていたらエアアジアからこんなメールが。

「今回の旅をもっと楽しくするために!!こんなホテルどうですか!?」と
飛行機のチケットを予約した人にプロモーション価格でホテルを予約できるそうで、

「ふーん、ペナン島っていいホテルばっかだなー。私はドミトリーとかゲストハウスとかで。。ん!?!?!?
こんなに高級そうなホテルが4泊で3000円!?安!え!24時間限定!?え!予約しなきゃ。」

ポチッ

 

あぁ、今思えばなんて浅はかな行動だったんでしょう。
そのあとすぐに引き落としメールが届きました。

「いや〜楽しみだな〜ペナン島の旅」なんて思いながらそのメールを開いてみると、

「あなたの口座から30,000円引き落としたぜい☆いぇい☆」の文字が

さんまんえん。

 

さんまんえん!?!??!?

 

もうお気づきの方はこの中にいらっしゃいますか〜。

 

私、20歳おかりな。マレーシアリンギッド × 30 = 円なのに

×3と勘違いしていました。ゼロガヒトツタリナイヨ。

 

30000円ってことは一泊7500円。指定泊でもそんなとこ泊まりません。
しかも高級ホテルってキャンセルできないんですね。初めて知りました。

この日の夜からガチで一週間ぐらい凹みました。

 

そしてこのホテルに泊まってること自体の罪悪感に蝕まれ食欲が一気に低下。
おかりな4日間で4キロ痩せました。1日パン一個とお水生活。そりゃお腹も凹みます。

 

ペナン島、動物いないし無駄に高級ホテルだしジョージタウン治安悪いし
早く私をランカウイに行かせてくれ〜〜解放させてくれ〜〜〜

 

ってことでペナン島でのブログは当ブログだけで勘弁してください。忘れさせてください。

 

・・・・ランカウイでの旅をお楽しみに☆

 

お久しぶりです。おかりなです。

 

お久しぶりです。
いつも通りのおかりなです。

今はマレーシアのクアラルンプールという地域にいるのですが
つい一昨日までは日本に一時帰国していました。

日本では、、、
美味しいものを食べたり、会いたい人に会ったり
スクーリングでボッロボロになったり、美味しいもの食べたり。。。

 

いろんな意味で忙しい毎日を過ごしていました( ´ ▽ ` )ノ
休養の日でも外に出て友達と写真撮りに行ってるから本当に好きなんだなーって。

 

さてさて、そんな二週間もあっっっっという間に終わってしまい、
いよいよ後半戦です。おかりなの勝負のインドと中国が近づいてまいりました。

マレーシアやネパールは運勝負なのですが、インド中国は突撃するので本当にドキドキ。
インドでみんなバタバタ倒れているのを見るとマレーシアで無理しすぎないほうがいいのかな。

前回もカンボジアで無理しすぎてタイでの撮影が怠ってしまったので、体調管理は本当に大事。
鈴木先生にも喝を入れられてモチベはてっぺんなのですが、無理せず焦らず挑もうと思います。

 

夜に羽田空港からマレーシアに向かう飛行機に乗ります!
東山先生、旭さんお見送りありがとうございます!!✨

 

 

ちなみにマレーシアは去年の10月にFWの予行練習ということで
二週間ほど滞在していましたので他の国に比べて地元感が強いです。

前回泊まったゲストハウスと同じところに今回も泊まったら
「え!あなた去年も来てたでしょ!覚えてる〜〜」とオーナーさんに覚えててもらえました( ´ ▽ ` )ノ✨
去年より少しは英会話力上がってる事を願って会話してました。。笑

 

ここから少し真面目な話に入ります(すごくすごく珍しい)

 

さて、少し余談なのですが、この後に私すっごくすっごく危ない目に遭ってしまったので
みなさんにも注意喚起という形で少しお話をさせていただきます。

海外旅行に行く際に必ず必要となってくるのがカメラやスマホの充電器だと思うのですが、
ご存知の通り海外ではコンセントの形が違います。そのため『変換プラグ』というものを間に挟んで電気をもらいます。
そして日本と海外では、その時に得られる電圧というものもまるで違います。
最近の充電器は大体対応しているのですが、ドライヤーや電気ポットなど熱を扱う製品は未だに未対応のものが多いです。
その時はまた別に『変圧器』というものを買わなければいけないのですが、今回私が持っていったものは
全て240Vまで対応していたので必要ありませんでした。ドライヤーなどは持っていってなかった。

しかし私が宿泊する予定のホテルはゲストハウスやドミトリーなどが多いため、コンセントは1つしかありません。
スマホ×2台、一眼レフ、コンデジ、パソコンetc と様々な電子機器を持っていってる私にはまるで足りない。

なのでコーナータップという一つを三つに分けてくれる便利品を買う事にしました。
しかし電圧が違う海外で使えるコーナータップ何を買ったらいいのかわからない。。
ってことで某大型電化製品やさんに実際に聞きに行ってみることにしました。

定員さんとのお話の中で「僕じゃ情報不足なので上の人に聞いてきます。」
「変換プラグは買いましたか?本館の1Fにございます。」とプラグの形さえ合ってれば大丈夫な様子。

なんだーよかった。変換プラグは持ってます。と指定されたコーナータップだけを買っていざマレーシアへ。

そして話はゲストハウスへと戻ります。
部屋に無事チェックインし、さぁ充電しよう!と意気込んで変換プラグ、そしてコーナータップをコンセントへ!

ッッッッッッッバチッッッッ!!!

という激しい閃光と大きな音、そして焦げたような匂い。
一瞬何が起きたかすら全く分からなかったですが明らかに右手がじーんと痺れている。
部屋は一瞬で停電し、自分は頭を隠してベッドにうずくまっている。

そう、コーナータップをつないだ瞬間電圧に耐え切れず爆発してしまったそうです。
えぇええ、定員さん!信用してたのに!ねえ!怒りと怖さで普通に動けないでいました。笑

ようやく気持ちも落ち着き自分の手を確認してみると・・・

こ、焦げてる〜〜〜〜〜😨💦

よく見りゃコーナータップ自体も焦げ焦げでした。

自分がもし風呂上がりや雨でびしょ濡れになっていたらと考えると本当に恐ろしいですね。。。
みなさんも気をつけて下さい。海外で使える!と書いてあっても変圧器ありきの話かもしれません。
そして定員さん〜〜〜許すまじ〜〜〜訴えるにしても二ヶ月も先だから何も言えん〜〜くぅ〜〜〜。

 

・・・・と、こんなことがありました😕笑
勢いだけで生きていくと危うく死にそうになるので気をつけたいと思います。

さて、明日からはペナン島に向かいます。
テーマの手法が少し変わったので合わせて都市部や田舎など選ぶべきだったのでしょうが、
すでに飛行機のチケットをマレーシアは取り終えてしまっていたため断念。

ペナン島に動物がいる事を願います。マレーシアって尽く動物の情報が少ない気がします。
もちろん動物園などはありますが、行っても閑散としてたり。動物に対して素っ気ない国、マレーシア。

新しい発見を目指して頑張ります!!!( ´ ▽ ` )ノ

それではみなさん次のブログでお会いしましょう。おやすみなさい!

ギリ島の夕日を眺めながら思うこと。

 

こんばんは。
今日はギリ島からロンボク島へと戻ってきました。

弾丸の旅行だったけど、ギリ島最高でした。

いつか恋人と二人でまた行きたいなーって思います。
一人で最高に美しい夕日を見ていると泣きそうになってしまいますね。笑

さて、今日はギリ島で何をしていたかお話ししたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

 

この日は1日撮影をしようと決めていたのでホテルで自転車を借りてみました。
1日500円で借りられるそうです。

なんとこの島では、エンジンが禁止されています。(車やモーターバイクなど全て禁止。)
そして何より犬までも禁止で少し寂しかったです。代わりに猫がたくさんいました。

 

最初は何の前情報や地図なしで島を探検してみようと思い、全てセンスで進んでみると、、

開始して30分で迷いました。どこやここ。
焦って地図で調べて見ると何やらここは道ではなかったらしいです。残念!

地元の人にも助けてもらいながらビーチの方へ抜け出せることができました。笑

そして飲み物を買うのを忘れていたのでポカリスエットを100円で購入。まあまあ高い。

途中でスピードボートが出港していました。早いけど高いし揺れるらしいんだよね。

ビーチをずっと走っていると本当にすぐに一周できてしまいました。
自転車だと早いなあ。でもすでにお尻が痛すぎるので一旦ホテルに戻って休憩します。

 

そして夕日を撮影しようと再び出発!!

島の南側に移動して、ポイントを決めていると三脚をホテルに忘れてしまったことに気づき、
猛ダッシュで自転車を漕いで戻りました。。お尻が悲鳴をあげていた。。

 

そして一人で撮影をしていると寂しすぎて普通に悲しくなってきました。笑

でも本当に良い写真が撮れたと思う。わくわくしながら帰り道を走ります。

 

なぜか岩の上にやぎさんが居て撮影していると日本人の女の子二人と出会い仲良くなりました😎✨

明日はギリ島からロンボク島へと移動します。
毎日いろいろなことがあって頭が破裂しちゃいそうですが、この夕日を眺めてたら
そんなこともどうでもよくなっちゃうほど美しくて、泣きそうでした。

 

 

また次のブログでお会いしましょう。それではみなさん、おやすみなさい。

 

FW前半戦最後は最高の島へ。

 

こんばんは。
いよいよもうすぐ帰国です。

日本に着いたらまずしたいことは、美味しいものを食べることです。
焼肉やおでんやお寿司、オムライス、いちご、マスカット食べたいものいっぱいです。

でもお部屋の掃除もしなければいけません。以外とワタワタする一時帰国になりそうです。

今回のお話はロンボク島からギリ島への移動方法についてです。
チケットはレッサホームステイで往復で1500円でした。ホテルまでのピックアップ付きです。

思い返せば色々大変な移動でした。

まず、8時ぐらいにホテルへとバンで迎えに来てくれます。
酔い止めをきちんと飲んでいたので、車酔いをすることはありませんでした。

そして何故か港から300mぐらい離れたところに下車させられる私たち。
初めて来るところだったので、ここから歩いて行くのかなーと思っていたら、この場所で待機らしい。

30分ぐらい待機していたらガイドの人が「もう船が出港してしまうので急いで馬車に乗ってくれ。」と

ほぼ強制的にチドモ(馬車)に乗らされました。しかも港まで5分かからず到着。
その上50,000ルピア払えと言われ「はぁ?」ってなるおかりな。

でも船が本当に出港してしまうんじゃないかという不安もあり大人しく払う。
しかし、そのあと10分ぐらい港で船が出港するのを待っていました。完全に騙された。

 

ちなみに港はこんな感じです。ガイドの人どこで待てば良いのかも教えてくれず不安すぎる。

 

同じトラワンガンに向かうらしいドイツ人カップルと「馬車代ぼったくられたよね」と話しながら待っていると
一人のお兄ちゃんがチケットを持ってきました。これは白色のチケットです。

そして私たちが着いてすぐに出港してしまったのは、黄色のチケットの船。白はまだでした。
ちなみに黄色と白の違いはよくわかりません。同じパブリックボートだったし。値段なのかな。

 

船へはこんな感じで膝下がびしょ濡れになるのを覚悟して乗船します。笑
それよりも私は荷物が重すぎて船に乗り上げる時にひっくり返りそうになってしまいました。
助けてくれたドイツ人カップルに感謝。。

船の中はこんな感じで地元と人と観光客と荷物でぎゅうぎゅうです。
酔い止め飲んでなかったらきっとめちゃくちゃ酔ってしまっていたと思うぐらい人がいた。

さよならロンボク島!またすぐにね!!ちょっとギリ島に浮気してくるよ〜。

 

出港から約30分でギリ島に到着です。
あまり距離は離れていないのに、海は綺麗で静かで、何より物価が高くてびっくりしました。笑
ツアーとかはロンボク島より安かったのですが、ご飯とか飲み物が日本並みに高い。😕
まあ、向こうから船でわざわざ運ばなきゃいけないもんね、、、仕方がないね。。

 

ちょっとギリ島を散歩しているとウミガメの赤ちゃんの保護センターがありました。
みんな思い思いに泳いでいて気持ちよさそう〜。でも観光客の人が触ったりするから落ち着かなさそう。。

 

このギリトラワンガン島は1時間もあれば自転車で島を一周できてしまうほど小さいらしいので
明日はホテルで自転車を借りて、走りながら撮影をしようかなーっと思います。

二泊三日で最後の弾丸旅だけど良い写真が撮れるように頑張ります( ´ ▽ ` )ノ

 

それではみなさん次のブログでお会いしましょう。おやすみなさいっ

 

 

観光地となっている村は幸か不幸か。

 

こんばんは。
インドネシアは今日からラマダンという断食月に入るそうです。

今朝、ホテルのにいちゃんが私に朝食を作りながら教えてくれました。
なんという残酷なことをさせているんだろう。私。でも美味しかったよ。

 

 

話は少し戻って、5/24日ロンボク島最後の日は「ササック村」という観光地に行ってきました。
私のテーマに沿っているかわからなかったけど、色々と思うところがあった。

まず、入り口はこんな感じでTHE観光地って感じ。周りにはお客さんもたくさん。
受付で署名をお願いされる。「入場料は?」と聞いたら「あなた次第」という感じでした。
このお兄さんは少し日本語が喋れるらしい。
しかもガイドもしてくれるそうなので、チップみたいなものでいいのかな。

 

このササック村、もともとは本当に村、というか今も村。
ただ、中に入ると民家のほとんどがお土産やさんになっていました。

村の中をガイドしてもらいながら歩いてると客寄せばかり居る印象でした。
まあ、そんなにしつこくはないけど、せっせと商品を見せ始める。

 

近くにはこの村の子供達、きっと生まれた時にはすでに観光地化されていたと思う。
私がどでかいカメラを構えても、そっぽ向いてスマホのゲーム。きっと慣れてるんだろうなあ。

 

中にはポーズを決めてくれる子もいる。可愛い。撮りながら発狂してました。可愛すぎて。

 

この子は少しシャイですぐにお母さんのとこに走って行っちゃった。

 

あれ?うんうん。普通そうだよね。恥ずかしいよね。・・・・・。

 

 

村を観光地化してお客さんを呼ぶっていうのは、ある意味「村起こし」の一種なんだろうけど
家の中まで知らないうちに勝手に入られちゃうのって嫌じゃないのかな。

ガイドのお兄さんは当たり前のように「この村の中のものは全て写真撮って良い!」って言ってくれたけど
写真に撮られるのが、ズカズカと家に入ってこられるのが嫌だって人もいるだろうに。

それも日本人ならではの考えなのかな。少しだけカルチャーショックを受けた。そんなところでした。
でも村の人たちはみんな優しそうだった。小さい村だけど支え合って生きてるんだろうなあ。

うん、結果、良いところでした。また来たいな。😎

また来てにゃ。

 

明日はいよいよロンボク島からギリ島!
朝早起きだから頑張って起きよう💭

それではみなさん、次のブログでお会いしましょう。おやすみなさい🌙

 

夢だったウミガメとの遊泳。

 

こんばんは。
今日はロンボク島からギリ島まで船で移動したのですが、船酔いでだいぶ体力を奪われてヘトヘトなおかりなです。

でもシュノーケリングはめちゃくちゃ楽しかった。。。

なんと念願のウミガメと一緒に海で泳ぐことができました。🐢
1日2日飛ばしちゃいますが早くブログに書きたかったのでお許しください。笑

 

まず朝の8時半にホテルまで車で迎えに来てくれました!
前回泊まったレッサホームステイという宿でツアーを組んでもらったのですが、ホテルが変わっても
きちんとピックアップしてくれるなんて優しいな〜

 

そしてロンボクの港から船でギリ島まで向かいます!
ギリ島は小さい島が三つほど並んでいるのですが、毎回潮の流れを見て行き先を変えているそうです!

おかりなは山道を走っている時点で車酔いからの船で追い打ちをかけられ気持ち悪さが最高潮に・・・。

ようやくチェックポイントへと到着して、着水します!

 

海に入って5分ぐらいしたらウミガメが近くを泳いでいました!!
見れたらラッキーと言われていたウミガメ、こんな近くに泳いでるなんて。。!!

いつの間にか気持ち悪さも忘れて必死に追っかけます。笑


そしてガイドのお兄さんがカメラを持って撮影しに行ってくれました。

その時の写真がこちら!!やるやん・・・めっちゃ綺麗。

ウミガメ、めちゃくちゃ可愛いです。ずっと見てても飽きない。

 

泳いでるのを眺めるだけであっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

 

いつの間にかフォルダの中もウミガメでいっぱい。笑

お兄さんが持ち上げようとすると「なんだよ〜」って感じでゆっくり上に上がってきます。可愛い。。

最後に頑張って潜ってタッチしました( ´ ▽ ` )ノ!!✨

お兄さん良い写真いっぱい撮ってくれてありがとうございましたっ

 

シュノーケリングも終わり、ギリ島で少し休憩を挟みます。

人をダメにするソファがこんなとこにも。。。こりゃダメになるに決まってますね。

だいぶ船酔いしてヘトヘトなおかりなですが少し眠ったらなんだかすっきりしました。

砂浜で可愛いサンゴを集めたり、ヤドカリを見つけて接写したり。。
あ、ココナッツジュースも飲みましたっ

 

大満足のシュノーケリングツアーだったはずが、

 

帰りの船で波が大荒れ。ひっくり返りそうなぐらい傾く船。入る海水。酔うおかりな。

 

 

ちなみに動画はこちら(画面酔い注意)


スタッフ一同「HOOOOOO!!!!」FW「・・・・。」

もう地獄すぎて早く解放してほしかった。。。笑

 

でもなんだかんだ良い思い出だったな( ´ ▽ ` )ノ

とりあえず、日焼け痛すぎてつらいです。ヒリヒリ・・・
ここまで焼かないように頑張ってきたのにーー!!(;_;)

無念・・・って感じの焼け方してますね・・・頑張って今も冷やしてます。笑

 

 

さてさて明日はきちんと撮影に行ってきますっ
良い被写体と出会えるといいな〜

それでは次のブログでお会いしましょうっ
おやすみなさい🌙

 

あーー。ホンヤクコンニャク欲しい。

こんばんは。おかりなです。
今はロンボク島にいます。ロンボクというのはネシア語で唐辛子🔥🔥

今日食べたミーゴレン。涙と鼻水が止まらないほど辛かった。。
今食べてるスナックお菓子についてきたソースも辛い・・・さすがロンボクって感じです。(違う)


5月21日 バリ島ウブドからロンボク島へ!

 

今日はウブドからロンボク島への移動日です!
朝の5時半に起きてピックアップの場所へと向かいます〜

朝は人通りも少なくて、涼しくて気持ちいいです😎✨

今回はバスからフェリーまで全てプラマ社に任せていたのですが、連絡先を一切交換してないので不安。。
ピックアップの場所までちゃんときてくれるのかなあ、、って思っていたら時間ぴったりにきてくれました!

7時にバンが出発で停留所に35分には着いてしまう速さ。。コンビニで朝ごはんを買って休憩です( ´ ▽ ` )ノ

欧米の方が続々と集まってきて、みんな英語で会話しているのを見て、いいな〜混ざりたいな〜と
ひたすらに思っていました。。ホンヤクコンニャクが欲しい😦💭
ヒアリングはなんとなーーーーくできるんだけど喋るのか全然できない。。ぐぬぬ。

バンの中では大爆睡であっという間に港についてしまいました!
そこからフェリーで6時間の長旅です!

 

最初、2時間4000円のスピードボートか6時間1700円のフェリーかで選択できて、
節約のために泣く泣くフェリーを選んだのですが、6時間とかきついかなーと結構心配でした。
しかし、フェリーの中は思ったより人が少なく、ベンチ一つ使って爆睡できたので割と快適に過ごせました!😎

 

そしてついにロンボク島に上陸です!!

先に伝えられた港とはかなり離れているところに連れてこられて心配だったのですが、
港に着いてからプラマ社のスタッフさんが車で迎えに来てくれてホテルまで連れてってくれました!!

これで1700円なんてかなり安い。。プラマ社。。おすすめです!

今日から止まるホテルは日本人の奥さんとインドネシア人の旦那さんと二人で経営しているゲストハウスです!☺️
私たちが到着した時はインドネシア人のスタッフさんしか居なくてしょんぼりしてたら
後からきちんと部屋まで挨拶に来てくれて、近くの安いご飯屋さん、フォトスポットなどを教えてもらえました!✨

二人には小学生の息子さんが二人居るらしいのですが、どちらも日本語、インドネシア語ペラペラ!!
さらには学校で週に一回習ってる英語を巧みに使って欧米のお客さんとも話しているそうで怖るべきです。。

私もそろそろ本気で学びたいところ。。ただ日本で学ぶのは違うのかな〜っていつも思っちゃいます。
結局は欧米の友達とか作っちゃう方がすぐ覚えれそうですよね!!

頑張ります。おかりー。

 

それではみなさんおやすみなさい。次のブログでお会いしましょう。

わんわんおって今は死語なのかな。

おはようございます。
珍しく朝に書いています!

早起きして朝の光とシャワーを浴びて、洋楽を流しながら朝活というのは気持ちがいいものです。
ベトナムでも似たようなこと書いた気がします☺️✨
今日も1日頑張ってみようかな〜って気持ちになりますね。

 

5月20日 わんちゃんの1日。

 

今日は1日わんちゃんを追っかけていました( ´ ▽ ` )ノ

野良犬と人間の共生、というのも私にとって興味深い分野だったり。
ただし、近づけません。怒られちゃうから。この日も鼻先をちょぴーっと触っただけで怒られた😗笑
そこで無理しながらも持ってきた70-200mmの出番です!!重たかったー。

その前に今日の朝ごはんです。11時くらいに起きてきたのに作ってくれたスタッフさんに感謝!!🌟
しかし私のお腹は充分には満たされなかったので、この後お店に入ってお昼ご飯をすぐ食べました( ´ ▽ ` )ノ笑

 

朝ごはんを食べてる最中に近くの壁に潜んでいたヤモリちゃん。「えっまだ食べるん。。?」って聞こえてきます。

 

どーんっライスバーガーってやつです。30000ルピア(300円)ぐらいでした。安い!

そしてナチョス。これも同じお値段。お腹一杯になってやっと今日がスタートする感じがします😎


ウブドの街の人みんな写りたがり説

カメラをわんちゃんに向けていると「俺たちを撮れ!!」と言わんばかりにポーズをとってアピールしてきます。笑
子供たちならまだ分かるけどお兄さんたちまで。カメラを向けて恥ずかしいって感覚は日本だけなのかなあ?

自分が女性だからなのか、カメラを向けて嫌な顔をされたことがありません。たーのしー!

 

そしてこちら、なぜ草の先っぽに卵が刺さっているのか気になって夜も眠れないので知ってる方は教えて下さい。

 

一通り写真を撮りながら街を一周して帰ってくる途中に謎のパレードを見つけました。
そういえばお昼を食べたお店の近くでも男の子がお父さんと楽器の練習をしていたけど、この為だったんだなあ。

ここでもいい写真が撮ることができて満足です😎✨

パレードについていくと、近くでナイトマーケットがやっていたのでぶらっと立ち寄ってみることに。。

そしてこの後めちゃくちゃ最高の被写体に出会うことになりました。

 

やっぱどこも似たようなお土産ばっか売ってるなあ。とかスリ怖いなあ。とか思いながら歩いていたら
いい光が当たっている裏道のいい場所にわんちゃんが寝ていました。早速撮ろうと近づくと、何やら欧米の方が。

 

 

この廃材所を住処としている野良犬の子供達にお菓子をあげていました。

あまり写真は載せられませんが、私的にぐっとくるシチュエーションだったので30分ぐらい居座って写真を撮ってました。
最初はめちゃくちゃ警戒していたわんちゃんたちも慣れた様子で近づいてきます。

最終的には私のバックを住処へと持って行こうと頑張っていたので、可愛すぎて写真撮ってたら
バックが砂まみれになってしまいました。それもまた良し。笑

被写体に出会う運というのも技量の一つと教わった私として、これはいい判断でした。

また会おうね。いっぱい愛想振りまいて餌をもらうんだぞ〜〜!わんわんお!

 

明日はウブドからロンボク島へと移動します!
プラマ社のスタッフによると大体8時間ぐらいかかるとのことなので、久しぶりの早起きです。

がんばります!!

また次のブログでお会いしましょう。それではみなさん今日も1日頑張りましょう!!( ´ ▽ ` )ノ✨

なんで猿だけ『お猿さん』ってさん付けなんだろう。

 

こんばんは。
ウブドを大満喫して今はバリ島から少し離れたロンボク島にきています。

日本人が経営しているホテルに泊まっているのですが、早速お母さんと仲良くなれて嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ
そして今回はウブドでのお話になります!その日のうちに書きたい書きたいと思って寝ちゃうんですよね。。

 

5月19日 猿にも猿の世界がある。

 

今日は宮脇先生からオススメされたモンキーフォレストに行ってきました( ´ ▽ ` )ノ

ホテルから歩いて30分ぐらいのとこにあります。

入場用は50,000ルピア(約500円)でした!
このお金もお猿さんの餌になると思えば惜しくないですね😎

 

早速公園の中に入るとお猿さんがお出迎えしてくれました!
ビビりなのかなあ〜と思っているとお猿さんのほうからすり寄ってきた!

お猿さん。。近いよ。ピント合いづらいじゃないか!ごめんね〜バナナはまだ買ってないんだー。
私のサンダルのゴム紐にも興味津々でした。。そんなに楽しいのか、、それ、、😏?

 

 

近くの売店でバナナを買うと、このようにお猿さんが登ってきてくれて一緒にツーショットを撮ることができます!
と、いうことで私たちも早速バナナを買うことに!!

1個目はバナナだけ取られて失敗しちゃったけど小さいお猿さんを狙ったらこの通り!
バナナ美味しくなかったのか、すぐに落としちゃってたけどそれでも肩からおりませんでした。笑

 

ナイスショットな顔してますね☺️✨ 一体この子に何が。。

公園の中にはたくさん猿のモニュメントがあります。
これから行くロンボク島にもモンキーフォレストはあるそうで、インドネシアと猿の関係性。。
神様的な存在なのか、それとも観光目的なのか。。まだまだ学ぶことはたくさんありそうです。

私のテーマからは少し外れる気がしますが、人間と動物の関係性でまた新たに知りたいと思った内容でした。

 

さてさて、閉館時間となってしまったので、これから歩いてホテルのほうへと戻ります。
途中で良さげなお店を見つけたら入ろうね〜と話していたのですが、観光地ということもありどこも高い。。

いや、日本に比べたら全然安いのですが、ローカル店で慣れてる私たちにとっては驚愕ものです。

そして後少し歩けばホテルに着いてしまう!というところで見た目がMAXに怪しいお店をみつけました。

値段は書いていなかったのですが、ローカル店っぽかったので入ってみると安い!

これにライスがついて35,000ルピア(350円)でした!
味もとっても美味しくて、はまっちゃいそうです。笑

このようないい感じのお店を見つけたら何回も来ちゃうんですよね〜

 

それではみなさんおやすみなさい。また明日お会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ウブドウブドウブドウブド。()

 

こんばんは。体調がすっかり戻って元気はつらつなおかりなです。
タイトルはネタ切れってわけではないです。多分。笑
一瞬でも「ブドウ」って読んだ人は素直に名乗り出なさい✋

 

5月18日 20キロもって30分歩くのはかなり腰にくる。

今日は昨日買ったチケットを持ってウブドへと移動します!
私は牧場があって犬が多いという情報だけでウブドへと行くことを決めたのですが、
いざ調べてみると芸術の街と言われているほど有名な観光地でした!!

しっかりと朝起きて、朝食を食べて、お昼に出る予定だったので二度寝をしました( ´ ▽ ` )ノ

タクシーで停留所まで向かったのですが宮脇先生、萩尾先生、熊倉先生がお見送りをしてくれました!!
宮脇先生が「みやわき先生❤️」と書かれた紙袋を持っていて可愛いですね😎

小さいバンに10人ほどを乗せ出発しました!!

予定では1時間ほどで着くはずが、なんと大渋滞で2時間は乗ってました。💧
私たちは座っているだけなのでいいのですが、運転手さんがかなり疲れてましたね。。

 

そしてウブドの停留所からホテルまでは歩いて30分ほどらしいです。
歩いて30分のときにタクシーに乗るか乗らないかの葛藤は毎回迷います。

タクシーに値段を聞いてみるとありえない額をたたき出してきたので頑張って歩きました。。

道はずっとまっすぐ行くだけだったので迷わなかったのですが、ゆるい上り坂になっており
20キロを背負って歩くのはかなりきつかったです。ホテルに着いたら汗だくになっていました。

そのままベッドに倒れこみ、夕飯の時間まで爆睡していました( ´ ▽ ` )ノ

 

明日はモンキーフォレストに撮影に行ってきます!!
いい写真が撮れるように頑張ります( ´ ▽ ` )ノ

 

それでは次のブログでお会いしましょう✨

おやすみなさい〜〜🌙

1 / 612345...最後 »