DTP講座(夏期集中授業)

今回の授業は㈱グラフィックさんにご協力していただいた、DTP講座です。
13_kaki_110.jpg

「DTP」とは「Desk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略語で、
直訳すると机上出版という意味です。
簡単に説明すると、コンピューターを使って原稿作成やレイアウトなどの作業をし、
印刷物をつくるということです。

この授業では、自分たちのオリジナル名刺を作ります。

名刺を作る前に、まずは印刷の仕組みを知ることから始めます。
普段なかなか見ることができない印刷現場の映像なども流していただきました。

13_kaki_111.jpg

印刷するといっても紙の種類は非常に多く、
実際にサンプルを触りながらそれぞれの特徴を教わります。
13_kaki_112.jpg

13_kaki_113.jpg

一見同じように見える紙ですが、実際に触ってみるとそれぞれ違いがわかります。
名刺やDMなどを作る際は、必ず実際に紙を触って自分のイメージに合う紙を選ぶことが大切です。

大まかに印刷の流れが理解できたところで、いよいよ名刺制作スタートです。

13_kaki_115.jpg

13_kaki_114.jpg

Illustratorという印刷物制作ソフトを使用してデザインを考えます。
写真の配置や文字のフォントなど、それぞれ思い思いに作っていきます。

13_kaki_116.jpg

一通りの作業を教えていただき、続きは家に持ち帰り時間をかけて完成させます。
完成したら、教えていただいた通りデータの扱い方に注意しつつ、
各自データを入稿し、出来上がりを待ちます。

今回は100枚の名刺を印刷できるので、満足のいくデザインを考えてもらいたいですね。

13_kaki_118.jpg

DTPの仕組みが分かり、タダで名刺が100枚もらえるなんて、
もしかしたら一番お得な授業かもしれません。

㈱グラフィックさん、どうもありがとうございました。

▲ページの先頭へ戻る