STAFFスタ★フォト

【学生インタビュー】vol.1 高見 彩花

(05 月 22 日更新)

——NPIに入学したきっかけを教えてください。

 

写真の勉強は地元である福岡でもしていたのですが、継続して学びたいと思ったのがきっかけです。

東京はギャラリーの数も写真展の数も多く、勉強の機会に恵まれているので、上京して勉強しようと思いました。


展示のマットを切る髙見さん。総合写真研究ゼミは授業の一環として展示を行います。

 

 

——1番面白いと感じる授業はどの授業ですか?

 

そうですね・・・全ての授業が面白いので、これ!というのは無いですね。

授業を担当して頂いている先生方も尊敬できる方ばかりです。

強いて挙げるなら、現代写真論と写真表現演習ですね。

個人的に、写真は撮るより見る方が好きなので!

 

先生に写真を見せる準備中!髙見さんの作品は後ほど紹介します!

 

 

——入学して良かったことはありますか?

 

人脈が広がったこと、これにつきますね。

良いライバル、先生、先輩、卒業生の方、全ての出会いに感謝しております。

それから、実践中心の授業カリキュラムなので、だんだんとできることが増えて、力がついていくことを実感できるのも良かった点だと思います。

 

いつ授業を覗いても、必ずメモとペンを持っています!

 

 

——上京して約2か月ほどですが、毎日どのように過ごしていますか?

 

だいぶ踏み込んだ質問ですね。(笑)

平日は朝から学校にいて、授業の無い時間は自分の勉強の時間に使っています。

放課後はカフェでバイトですね。

私は寮暮らしなので、曜日ごとに洗濯、掃除、ゴミ出しなどを決めて、勉強や撮影の合間にそれをこなしています。

 

授業前に予習をしているそうです!

 

 

——お休みの日は何をしていますか?

 

土日はブライダル撮影のお仕事を頂いています。

もしくは、バイトしています。

1日何も無い日というのが、上京してからまだ無いので、そういう日があれば読書と写真展巡りに費やしたいです!

 

席はいつも前方をキープ!意識の高さが見て取れます!

 

 

——福岡から上京したということですが、不安はありませんでしたか?

 

無かったですね。(笑)

上京前も今も不安は無いです!

 

髙見さんの作品。福岡では個展を開いたこともあります。

 

 

——将来の進路を教えて下さい。

 

まだ明確には決まっていませんが、中間地点の目標は写真の先生、最終目標は写真評論家になることです。

今はとにかく実践と知識を積んで、行動したいと思っています。

知らなければ人に教えることはできないので。

また、個展を東京でもしてみたいという思いもありますね。