STAFFスタ★フォト

高尾山ネイチャー撮影&ハイキング

(10 月 11 日更新)

みなさん、お久しぶりです。
教務課の東山です。

いまさらながら…高尾山ネイチャー撮影&ハイキングの様子を
お伝えしたいと思います!!!

一度延期となったこの撮影会ですが
土曜日の開催となったにも関わらず多くの学生が参加してくれました!!
(って言っても必修なんだけどね…笑)

せっかく登るんだから大人数で登りたいですよね!

さて、この日も朝少し怪しい天候でしたが
みんなの願いが通じたのか…

くもり!!くもりです!!

くもりが一番良いんですよ、ハイキングって!

絶好の登山日和です!!!

そして、引率の山田先生から諸注意を受け、
011A2000_1.jpg

いざ頂上を目指します!
011A1990_2.jpg

011A2004_10.jpg

山登りの経験が少ない学生が多い中、
重い機材を持って、というのはなかなか大変そうです。

しかし三脚まで立て、真剣に撮影している姿から
学生とは思えない気迫を感じます!!

_M6A6578_4.jpg

あ、でも橋をみんなで楽しそうに渡る一面も見られましたが♪
_M6A6644_5.jpg

決して楽とは言えない道を登ってきた学生たちにとって
頂上についた時の気持ちもひとしおだったようです!

_M6A6624_3.jpg

高尾山で撮影した作品はコンペティションによって
学内展示されます!!

そちらもみなさんお楽しみに!!!

教務課 東山でした!!!

シャタる〜舞台撮影〜

(06 月 06 日更新)

みなさん、こんにちは!教務課の東山です。

ライブステージフォトゼミの学生さんが
ゼミ講師大西先生のご紹介で舞台撮影をさせていただきましたので
その様子をシャタるでお届けしたいと思います。

今回、撮影させて頂いたのは
コンドルズさんの場当たり稽古※です。
※本番と同じような状況で確認する稽古

コンドルズ」というのは、
男性のみで構成され、学ラン姿でダンス、生演奏、人形劇、映像、コントを展開する集団で、
主宰の近藤良平さんは櫻井翔主演映画「ヤッターマン」の振り付けを担当されたり、
役者としても数々のテレビドラマに出演、映像媒体だけでなく雑誌「AERA」の表紙を飾るなど
多方面で活躍されている方です。(HP抜粋)

さて、場当たり稽古を撮影させて頂いたのは
彩の国さいたま芸術劇場で行われた「ひまわり」という講演。

ダンスだけでなく、コントや人形劇もあるようなので
色々なカットが撮れそうですね(^o^)/

live1.jpg
live2.jpg
live3.jpg
live4.jpg
live5.jpg
live8.jpg
live6.jpg
live7.jpg

演者さん一人ひとりのカットもかっこいいですが、
全員揃った光景はまた圧巻です!!

DSC_9994.jpg

普段はライブ撮影が多いという白岩さん(写真右)

ダンスなど劇を撮影するのは初めてで緊張したけど
とても新鮮でおもしろかった、

兼清さん(写真左)も
場当たりは初めてですが、とても貴重な体験ができました!
と話してくれました(^o^)/

スタジオ撮影とちがって、その場の瞬間の空気が味わえる舞台撮影は
緊張感もありますが、学生たちに良い刺激になったようです。

貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!!

ちなみに…今回撮影させていただいた「ひまわり」という公演はもう終わってしまったのですが、
夏の公演がありますので、気になった方はぜひお立ち寄り下さい。

—————夏の公演情報—————

タイトル:コンドルズ日本縦断大進撃ツアー2014 GiGANT ギガント 
 
場  所:世田谷パブリックシアター
日  程:7月24日(木)25日(金)26日(土)27日(日)
H  P:コンドルズHP
詳細はHPをご覧ください〜φ(。。)

コンドルズの皆さん、大西先生、ありがとうございました!!

白岩さん、兼清さんもお疲れ様でした(^_^)v

J Y O!「CPⅠ」

(05 月 22 日更新)

お久しぶりです!教務課の東山です!!

今年はしっかりブログ更新していきたいと意気込んでいたのにも関わらず…
今月から!今日から!更新していきたいと思います(^o^)/頑張ります。

さて、今回お届けしますのは、
J(授業の)Y(様子を)O(お伝えしよう)!!
少し懐かしく、少し恥ずかしい、このタイトル。みなさんは覚えていますでしょうか?
忘れている方も、よろしくお願いします。

今日撮影させて頂いたのは
「CPⅠ」という1年生の必修授業です。

3組のCPⅠを担当されるのは小池良幸先生。
0520CPⅠ_02.jpg

在校生でない方も、
体験授業のペットを撮影しようでお会いしているのではないでしょうか〜(*^▽^*)?

さてさて、本校ではパソコンの授業が必修授業となっており、
コンピュータの基本的な動作から、デジタル加工などの応用まで学びます。
0520CPⅠ_05.jpg
0520CPⅠ_03.jpg

今日は基礎的なパソコンの使い方、フォルダ操作とファイル管理について
勉強しているようです。

入学前からパソコンを使っていた学生にとっては簡単に思えるような作業も
「あ、これってこんな使い方もあるのか〜」と
新たな発見がたくさんあったようです。

0520CPⅠ_06.jpg
0520CPⅠ_001.jpg
0520CPⅠ_01.jpg

写真を扱うにはパソコンスキルは必ずと言って良いほど
必要になるものです。

初歩から学べる空間を大事にしてほしいな、と思います。

ところで。
今回お邪魔したクラスは本校3年制クラス(フィールドワークとフォトアート)の1年生。
真面目そうに見える反面、休み時間になると…

0520CPⅠ_04.jpg
みんなで仲良くお菓子タイム(笑)

原動力となるお菓子は必要不可欠というわけですな〜

さて、次回も一年生の必修授業の様子をお伝えできればと思いますφ(。。)
ではでは。

シャタる〜陳くん写真展〜

(04 月 18 日更新)

みなさん!
お久しぶりです。

教務課の東山です。

シャタる、、、約半年ぶりの更新となってしまいました。
今年度の目標は月1更新、、いや月2更新です。
頑張ります。

さて、今回はⅠ部2年ドキュメンタリーフォトゼミの陳朴くんが
コニカミノルタの公募展で受賞し、
展示を行っておりますので見に行って参りました。

今回受賞した作品は「MOMENT in TOKYO」
留学生の陳くんが見た東京の町をモノクロームで撮影したもので
力強くもあり、どこか寂しい印象、東京ってこんな街だったかな〜?と
心に残るものばかりです。

DSC_0007_1.jpg
DSC_0193_1.jpg

陳君はいつもカメラを持ち歩いて
気になった場所があるとそのままシャッターをきるそうです。
「撮らないで!」と怒られたりすることはないの?と聞くと
お辞儀するから大丈夫と笑っていました。
お辞儀は国境を越えるんだな〜と実感!!

学校ではもの静かで淡々と過ごしている陳くんでしたが
やっぱりこうしてたくさんの方に見てもらう写真展は
緊張するみたいです。
恥ずかしいよ〜と連呼していました(^_^)

そんな陳くんの写真展は
下記日程で行われております。

■日 程:2014年4月15日(火)〜4月24日(木)
■場 所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB
     〒160-0022 
     東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
■時 間:10:00〜19:00(最終日は15:00迄)

ぜひぜひご来場ください!!

DSC_0204_1.jpg

最後に陳くんとぱしゃり。 

シャタる!〜1年、有志の講評会 part2〜

(10 月 19 日更新)

みなさん、こんにちは。

教務課の東山です。

先日再び1年生有志の講評会が行われましたので
私東山が密着して参りました!!シャタシャタる〜

前回同様、今回も学生のみ!先生なし!の講評会です
1nenphoto1.jpg
1nenphoto3.jpg
1nenphoto5.jpg

未完成の写真から、次回先生方に見てもらおうとしている写真まで見せ合う中、
学生同士だから言える意見が飛び交います。

1nenpgoto4.jpg
1nenphoto2.jpg
1nenphoto6.jpg

「なんでこれを撮ったの?」「場所はどこ?」「紙は何を使ってるの?」と、
普段あまり会話したことない者同士でも
写真のことだと会話が弾む様子

こうして輪が広がっていくのだと一人しみじみ感じるこの頃。

前回は数人しか集まらなかったこのイベント。

今回はなんと倍以上の学生が参加しました。
企画発案者の学生の呼び掛けが功を奏しましたね!良かった〜

次回は10月31日(木)1限から403教室で行われるようです。
お暇な学生はぜひ。
写真がなくても参加はできますからね(^_^)v

シャタる!〜1年、有志の講評会〜

(09 月 25 日更新)

みなさん、こんにちは。
教務課の東山です。

前期の授業が終わり、学生のみなさんは秋休み満喫されているでしょうか?
写真は撮っていますでしょうか?・・・はい、大丈夫そうでなによりです(^o^)/

先日、学生同士の講評会が行われましたので、教務課を代表しまして、
私東山が撮影して参りました。(久しぶりのシャタるですよフフフ)

1年生の有志での集まりでして、
今年は例年以上に写真に対するモチベーションの高い学生が多く見られます!!

kouhyou1.jpg

自分が最近撮っている未完成の写真から、撮影時のアドバイスなど
授業ではなかなか話す機会がないことを中心に熱く議論する学生たち

kouhyou4.jpg

専門学校に来る学生は年齢層もばらばら
それぞれの年代の意見が聞けるのは大きなメリットですよね(^_^)v

kouhyou2.jpg
kouhyou3.jpg

1年生も入学してから半年が経ち、各々何が自分に足りないのか、
何を身につければ良いのか、実感してきているように感じます。

私も写真を見る目を養うためにたくさん写真展見に行かねばなぁφ(。。)

学生の皆さん、お疲れ様でした(^_^)v

DTP講座(夏期集中授業)

(09 月 12 日更新)

今回の授業は㈱グラフィックさんにご協力していただいた、DTP講座です。
13_kaki_110.jpg

「DTP」とは「Desk Top Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略語で、
直訳すると机上出版という意味です。
簡単に説明すると、コンピューターを使って原稿作成やレイアウトなどの作業をし、
印刷物をつくるということです。

この授業では、自分たちのオリジナル名刺を作ります。

名刺を作る前に、まずは印刷の仕組みを知ることから始めます。
普段なかなか見ることができない印刷現場の映像なども流していただきました。

13_kaki_111.jpg

印刷するといっても紙の種類は非常に多く、
実際にサンプルを触りながらそれぞれの特徴を教わります。
13_kaki_112.jpg

13_kaki_113.jpg

一見同じように見える紙ですが、実際に触ってみるとそれぞれ違いがわかります。
名刺やDMなどを作る際は、必ず実際に紙を触って自分のイメージに合う紙を選ぶことが大切です。

大まかに印刷の流れが理解できたところで、いよいよ名刺制作スタートです。

13_kaki_115.jpg

13_kaki_114.jpg

Illustratorという印刷物制作ソフトを使用してデザインを考えます。
写真の配置や文字のフォントなど、それぞれ思い思いに作っていきます。

13_kaki_116.jpg

一通りの作業を教えていただき、続きは家に持ち帰り時間をかけて完成させます。
完成したら、教えていただいた通りデータの扱い方に注意しつつ、
各自データを入稿し、出来上がりを待ちます。

今回は100枚の名刺を印刷できるので、満足のいくデザインを考えてもらいたいですね。

13_kaki_118.jpg

DTPの仕組みが分かり、タダで名刺が100枚もらえるなんて、
もしかしたら一番お得な授業かもしれません。

㈱グラフィックさん、どうもありがとうございました。

写真科学(夏期集中授業)

(09 月 10 日更新)

今回の夏期集中授業はⅡ部(夜間部)1年生を対象とした、写真科学です。
13_kaki_100.jpg
担当していただくのは、本校講師 船生望先生です。
船生先生は、Ⅰ部(昼間部)で写真科学の授業を担当していただいています。

授業は先生に準備していただいたテキストとスライドで進んでいきます。
13_kaki_101.jpg
13_kaki_102.jpg

科学的な観点から撮影やプリントの「原理」を学ぶというこの授業は、
普段、「表現」や「技術」を中心に学んでいる学生さんたちにとって新鮮な内容だったようです。
13_kaki_103.jpg 
13_kaki_105.jpg

科学というと難しく感じられるこの授業ですが、様々なサンプルなどを用意していただき、実際に手に取ることで、具体的に理解することができたようです。
13_kaki_106.jpg
13_kaki_107.jpg
13_kaki_108.jpg

授業は先生の人柄もあり、なごやかに進んでいきました。
13_kaki_109.jpg

船生先生、ありがとうございました。

フォトプレゼンテーションの現在

(09 月 05 日更新)

夏期集中授業の特別講義として、
フォトギャラリー「Roonee247photography」を運営している
篠原俊之先生にお越しいただきました。

13_kaki_090.jpg
篠原先生

「フォトプレゼンテーションの現在」と題しまして、
国内外の様々な写真家の展示に携わってこられた篠原先生に、
写真の展示方法やポートフォリオ制作のお話、作品のプレゼン方法など、
様々なアプローチ法をお話いただきます。

13_kaki_093.jpg

13_kaki_092.jpg

13_kaki_094.jpg

スライドショーで過去の展示の様子や、作家とのやりとり、誰もが知る大物作家の名前などが
あげられ、みんな興味津々で聞いていました。

そして議題は、”ポートフォリオ”にうつります。
ポートフォリオとは作家が自身の作品をまとめた作品集のことをいいます。
就職活動や、ギャラリーへの売り込みなど、作家活動には欠かせないアイテムです。

13_kaki_096.jpg

13_kaki_091.jpg

13_kaki_098.jpg

「ポートフォリオは自分を知ってもらう為の資料」

篠原さんのこの言葉に、今まで踏み出せなかったポートフォリオ作りに挑戦しよう!
と心に決めた学生がたくさんいるようでした。

これからどんどん写真をプリントして、ポートフォリオを増やし、
自分をプレゼンしていくための武器にしていってほしいですね。

今回篠原先生には、写真を見る側としての意見を沢山お聞きすることができ、
学生たちも普段の立ち位置とは違った視点から、自分自身を見つめ直すことができたようです。

篠原先生、貴重なお話をありがとうございました。

13_kaki_099.jpg

篠原先生主催のギャラリーHPはコチラ→Roonee247photography

KYO(学生作品レビュー編)

(更新)

続きまして今回のKYO(何の略かはもうご存知ですよね!)は、
「学生作品レビュー」のレポートです。

学生作品レビューでは、写真家、写真評論家、写真研究者の方など
様々な分野でご活躍されている先生をお招きして、学生の作品を講評していただきます。

今回お越しいただいたのは、写真家の大西みつぐ先生と林隆喜先生です。
お二人とも写真展、写真集の出版など現役でご活躍されている写真家です。

13_kaki_088.jpg

大西先生

13_kaki_087.jpg

林先生

自分の作品を並べ、撮影意図などを先生方に伝え、講評スタートです。

13_kaki_080.jpg

13_kaki_083.jpg

何を撮っているのか、何を伝えたいのか、何が写っているのか、
先生方は丁寧に学生たちの話を聞きながら、作品を紐解いていきます。
そして、技術的な問題点や、今後の方向性などひとりひとりにアドバイスをしていただきました。

13_kaki_085.jpg

13_kaki_086.jpg

講評を受ける学生たちは、普段の授業とはまた違う緊張感のなか、
現在取り組んでいる作品について、たどたどしくも懸命に語っていました。

13_kaki_082.jpg

13_kaki_084.jpg

自分で発案し取り組んできた作品を人に見せたときに、その意図が
伝わる表現ができているのか、何が必要なのか、それぞれに課題が見えた
有意義な時間だったのではないかと思います。

13_kaki_089.jpg

大西先生、林先生、ありがとうございました。

2年生、3年生の作品をちゃんと目にしたのは初めてでしたが、
ひとりひとりに独自の視点がありとても面白かったです。
今年度もあと半分!
今回学んだことを生かして、さらにクオリティのあがった作品を期待しています^^

2 / 2112345...1020...最後 »