TOPICSトピックス

ゼラチンシルバーセッション【広川泰士 暗室ワークショップ】開催

(06 月 23 日更新)

100612_gss02.jpg
ゼラチンシルバーセッションでは「暗室作業の面白さ、楽しさ、不思議さ、手先のみならず身体を使って創造する事を体験し、銀塩写真ならではの醍醐味を知っていただこう」と、ゼラチンシルバーセッション展参加写真家を講師に迎えてワークショップを開催されています。
先日6月12日(土)に『写真家 広川泰士による、暗室初心者、中級者向けのモノクロプリント・ワークショップ』を当校の暗室を使用し開催されました。
広川泰士さんは、暗室に入る前に受講者の方のネガの状態をチェックし、またご自身が焼いたプリントを持参され、モノクロプリントの諧調や表現について、丁寧に分かりやすく説明して下さいました。
暗室では、ひとりひとりが満足のいくプリントを仕上げるためのテクニック等を熱心に指導して頂き、焼いたプリントの作品講評もして頂きました。
最初から最後まで受講者の方は、写真の楽しさ、表現の広さなどを実感できる貴重な一日となりました。

本校は今後もゼラチンシルバーセッションの活動に協力をしていきます。
皆さんもゼラチンシルバーセッションの活動にぜひご注目下さい。

〜・ゼラチンシルバーセッション(GSS)とは・〜
銀塩写真でしか表現できない写真の楽しさ、面白さを広く知ってもらうことにより、次の世代のためにも銀塩写真技術や機材、フィルム、印画紙等を守っていく思いを繋げていくプロジェクトのことです。
ゼラチンシルバーセッション http://www.gs-s.info/
広川泰士さんのホームページ http://hirokawa810.com/
広川泰士さん撮影監督作品 映画「FLOWERS」のホームページ http://flowers-movie.jp/index.html

【PFW】フォトフィールドワーク5期生のシンガポール写真展が開催されました

(06 月 14 日更新)

写真科フォトフィールドワークゼミは「実体験」中心の大胆なカリキュラム。約6ヶ月間かけて、アジアを一周します。
現在、インドに滞在中のフォトフィールドワーク5期生ですが、インド入国前にシンガポールにて写真展を開催しました。
この写真展にはオリンパス・イメージング・シンガポール様をはじめ、会場を提供していただいたナショナル・ジオグラフィック・ストア様や写真展用紙を提供していただいた株式会社 ピクトリコ様など多数の協賛企業によって実施されました。
この場をおかりして御礼申し上げます。
学生たちはスクーリング施設のあるマレーシアで写真展の準備をし、会場設営やお客さんへの告知活動などを経験。スライドトークショーでは、大勢の皆さんの前で英語によるスピーチにて海外フィールドワークの説明やテーマ写真についてお話しました。
シンガポールの皆さんに日本の文化をご紹介する意味もこめて、学生は浴衣で参加。非常に興味を持っていただきました。
現地の写真や説明をレポートとして公開しています。ぜひご覧ください。

FW photo exhibition Singapore June 2010 (レポート)

■『フォトフィールドワークゼミ説明会&在学生写真展ツアー』を行います。

『フォトフィールドワークゼミ説明会&在学生写真展ツアー』

7月28日(水) 13:00〜16:00

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |