TOPICSトピックス

フォトフィールドワークゼミが『海外フィールドワーク』が出発しました!

(03 月 22 日更新)

2012年3月16日
I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミの学生が、『海外フィールドワーク』に大阪港より出国いたしました。
同級生や友だち、講師・教職員に見送られ、すばらしい旅立ちの日となりました。
20120316_fw_1.jpg

20120316_fw_2.jpg
出発した彼らは韓国・釜山に入国、本格的に取材活動を開始します。
今後の彼らの活躍に期待です。
彼らのフィールドワークの様子はフィールドワークブログよりご覧いただけます。
皆さんもぜひ学生に応援のメッセージをお願いいたします。

NPI卒業作品展アワードを開催しました!!

(03 月 16 日更新)

■『NPI 卒業作品展アワード』とは?
NPI 卒業作品展アワードは日本写真芸術専門学校の卒業作品展の出展作品を対象に写真家や写真ディレクター、写真研究者などの有識者によって構成された選考員によって選出されたノミネート作品をもとに、最優秀作品・優秀作品を表彰するものです。
下記学生の作品がノミネートされ、公開審査と講評会を経て、最優秀作品・優秀作品が選ばれました。
■「市場の色」I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミ 小林 実希 さん
■「Children’s home ~光と陰~」I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミ 原 いつほ さん
■「ちゃく全開」I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミ 森上 悠 さん/優秀作品(広川 泰士 選)
■「XU XU」I 部(昼間部)2年制写真科ファッションポートレートゼミ 韓 吉令 さん
■「1985-1991」I 部(昼間部)2年制写真科ドキュメンタリーフォトゼミ 田口 尚代 さん
■「100年」II 部(夜間部)2年制写真科ドキュメンタリーフォトゼミ 児玉 安見 さん/優秀作品(増田 玲 選)
■「ALTER EGO」II 部(夜間部)2年制写真科ファッションポートレートゼミ 藤原 パウラ さん/優秀作品(菅沼 比呂志 選)・学生賞のW受賞
■「ゲシュタルトの祈り」II 部(夜間部)2年制写真科フォトクリエイティブゼミ 右山 剛 さん/優秀作品(津田 直 選)
■「京葉」II 部(夜間部)写真科ドキュメンタリーフォトゼミ 笠 茉莉香 さん/最優秀作品
npiaward01.jpg
選考員:左から増田 玲さん・津田 直さん・菅沼 比呂志さん・広川 泰士さん・司会進行の鳥原 学先生
npiaward02.JPG
会場には多くの方にご参加いただきました。
npiaward03.JPG
ノミネートされた学生は一人ずつプレゼン。選考員からも色々な質問が・・・・
npiaward04.JPG
最優秀賞に輝いた笠 茉莉香 さん。
npiaward05.JPG
最後に記念撮影。
最優秀作品に輝いた笠さん、本当におめでとうございます!!!
また、優秀作品に選ばれたみなさん、おめでとうございます。
ノミネートされたみなさん、お疲れさまでした。
今回選ばれなかった卒業生も今後の活躍に期待しています。
当日は18:00からでしたが、多くの方々にお集り頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。
最後に!3月15日(木)から21日(水)まで、神田・小川町のオリンパスギャラリーにて2011年度最後の卒業作品展を開催致します。
アジアを約180日間かけて巡り、取材をしてきたフォトフィールドワークゼミの卒業作品展になります。是非ご覧下さい。

フォトフィールドワークゼミ 結団式を行いました!

(03 月 14 日更新)

3月16日(金)いよいよフォトフィールドワーク7期生が、アジア180日の海外フィールドワークに出かけます。
本日、結団式を実施いたしました。
協賛をいただいているオリンパス株式会社 松崎様
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社 島田様
にもご来校いただき、本年度もありがたくご協賛品を頂戴しました。

 【オリンパス株式会社】 デジタルカメラ(SH SH-21)
 【富士フイルムイメージングシステムズ株式会社】(フォトペーパー)
 【ピクトリコ株式会社】(フォトペーパー)

20120303_pfw_6.jpg
20120303_pfw_7.jpg
本日の結団式でご協賛企業の皆様、
本校講師陣より出発する学生達にメッセージをいただきました。

■写真(富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)島田 知明様
「自分たちの目で、肌でアジアを感じてきていただきたい。」
20120303_pfw_1.jpg
■写真(オリンパス株式会社)松崎 稔様
「実際の目で確かめる。その場に行くという経験そのものが次に繋がっていくのだと
思います。とても大切な財産になることと思います。」
20120303_pfw_2.jpg
■樋口副校長
この2年で写真の基礎力はしっかり身につけたと思います。
外から日本を見る。きっとそこから大切なもの見つけることができると思います。9月の帰国
を楽しみにしています。いってらっしゃい!(樋口)」
20120303_pfw_3.jpg
■鈴木先生
海外に行きそこに立つ。あらゆるものを全身で感じてきて欲しい。本気を出して撮影をしてきてください。
スクーリングを楽しみにしています。(鈴木)
20120303_pfw_4.jpg
■飯塚先生
素直に受け取る柔軟な感性を大切にしてくださいね。外国の人たちは、皆さんを学生としてではなく
一人の若者として皆さんに接すると思います。写真はもちろん、人としての力量も高めてきて欲しいと
思います。
20120303_pfw_5.jpg

学生達も出発を目前に迎え、高い意識で出発に備えています。

◎池田 篤彦さん
実際の現場に立って自分の作品づくりをしていきたいと思います。
テーマは「常ならざるもの」。
アジアの植民地を中心に産業で栄えた街の現状を撮影してきたいと思います。
◎井関 ほの香さん
いろんな人に出会ってきたいと思います。
感性を大切に知らない世界を沢山みてきたいと思います。
楽しんできます。
◎長山 萌さん
日本でサポートしてくれている皆さんへの感謝の気持ちを忘れずにこのフィールドワークに行ってきます。
人、風景、たくさん撮影してきます。
◎谷瀬 鈴加さん
具体的な撮影テーマは設定していませんが、設定していないだけに多くの撮影が必要になります。
撮影をメインに動きまくって、健康に気をつけて、無事帰ってきます。

20120303_pfw_8.jpg
出発した彼らは韓国・釜山に入国、本格的に取材活動を開始します。
今後の彼らの活躍に期待です。
I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミの学生が、
『海外フィールドワーク』に3月16日 大阪港より出国いたします。
10カ国を巡る海外フィールドワーク。
彼らのフィールドワークの様子はフィールドワークブログよりご覧いただけます。
皆さんもぜひ学生に応援のメッセージをお願いいたします。

SHATOが「shibuya1000」という企画に参加しています!!

(03 月 02 日更新)

shibuya1000.jpeg
*shibuya1000って??
渋谷駅の構内に1000人のポートレートを展示し、渋谷に住んでいる人や訪れた人たちに再認識してもらうことで、その人たちにまちづくりに関係していける機会を生み出そうという企画です。
主に都市開発を学ぶ大学生や渋谷近郊のクリエイティブな作品制作にはげむ専門学校生たちが参加しています。
その他、詳しい概要についてはホームページをご覧ください。
http://www.shibuya1000.jp/
SHATOでは、「渋谷のカップル・夫婦」「渋谷を形成する各都道府県出身者」という2つに着目して撮影を進めてきました。
SHATOが展示をしているのは、東急田園都市線13番出口付近です。
※明治通り沿いの宮下公園辺りにあるPRONTOがあるところにあるところなります。
その他にも様々な展示が行われていますので、ご覧になってみてください。
ーーーーー【shibuya1000】 ーーーーーー
期間:2012年3月3日(土)~3月11日(日)
場所:渋谷駅地下コンコース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CDジャケットを本校卒業生が撮影しました

(更新)

2010年3月 II 部(夜間部)報道・写真芸術科を卒業したFUMI.IMAIさんがCDジャケットの撮影を行いました。

FUMI.IMAI.jpeg

ーーーーージャケット情報ーーーーーー
“TOKYO RULES”
T2K a.k.a. Mr.Tee
発売日: 2012年2月8日
レーベル:D.OFFICE
品番: TEE-001
価格: 1,800円(税込)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今すぐチェック!!

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |