TOPICSトピックス

長野 陽一 先生のスライド&トークショーを行いました!

(09 月 29 日更新)

9月27日の学園祭イベントにて、写真家 長野 陽一先生のスライド&トークショーを開催しました。

IMG_8087_1

IMG_8093_1

IMG_8111_1

本校講師の写真家 植本一子先生を聞き手に、トーク形式で進みます。IMG_8108_1

沢山の作品を見させて頂きながら、長野先生の写真家となるまでのお話や

仕事・作品に対しての考え方を聞かせて頂きました。

IMG_8113_1

写真家として仕事をするには、やはり人との繋がりが大切。

時には依頼人の要望に応えた作品を撮るのも大事な事だと話されました。

真剣に話を聞いていた学生達。

きっと、写真・仕事に対して様々な事を学んだかと思います。

 

長野 陽一先生、ありがとうございました!

第2回高校生フォトグランプリ受賞者発表!

(09 月 28 日更新)

【第2回高校生フォトグランプリ受賞者発表!!】
写真やカメラが生活と密接につながり、写真の取り巻く環境は近年益々盛り上がりをみせています。そのような状況のなか、高校生に表現する喜びや楽しさ、そして伝えることの重要性を感じてもらおうと、写真の専門学校で50年の実績をもつ本校が、「高校生フォトグランプリ」を実施しています。
第2回目の今回、本校副校長樋口健二先生、及び本校講師陣とオリンパス株式会社より特別審査員:Bruce Osborn(ブルース・オズボーン)氏を招聘し、選考会を開き、各賞が下記に決定しました!!


★グランプリ★

加森 春香 さん
(和歌山県立神島高等学校1年)

タイトル:『夏のきもち』

kamori01_1

kamori02_1

kamori03_1

kamori04_1

kamori05_1

「挑戦」という応募作品は、組写真の中には甲乙付けがたい作品が寄せられた。中でもグランプリに輝いた加森 春香さんの「夏のきもち」が、審査員全員一致で選出された。

来年のリオ、2020年の東京オリンピックを控えるだけに、若者が水泳に挑む姿を捉え、若々しい映像表現によって斬新な作品を生んだ。又、カラー写真が瑞々しさを一層引き立てている。

(審査員:樋口健二)

**グランプリ賞品**
olympus_em1.jpg
OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット

 


★準グランプリ(組写真部門)★


山本 紗代 さん
(和歌山県立神島高等学校3年)

タイトル:『野球部』

yamamoto01_1

yamamoto02_1

yamamoto03_1

yamamoto04_1

yamamoto05_1

高校生活の中、「野球部」というテーマを選ぶことは、オーソドックスな方法だと思います。

しかし、山本紗代さんの写真的視線の中で、野球部員の純粋さと、山本 紗代さんの生きることの思いと感覚のようなものがよくリンクしているようです。

特にフレーミング、遠近感、フォーカシング、クローズアップなどの表現と技法が確かで、その訴える力には絶妙なものがありました。

(審査員:築地仁)

**準グランプリ(組写真部門)賞品**
olympus_em10s.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 MARK2 14-150mm2レンズキット

 


★準グランプリ(単写真部門)★


堀口 翔太郎 さん
(東放学園高等専修学校2年)

タイトル:『夢へ翔』

horiguchi01_1

「感覚」で捉えたのではなく、想像力豊かな「感性」でとらえた写真。

うねりながら霧の彼方に消えてゆく山道。先が見えない山道を重ねたという。

しっかりした撮影意図を持って意識的に広角レンズ、縦位置で捉えているところに、この写真の強さがある。

(審査員:飯塚明夫)

**準グランプリ(単写真部門)賞品**
olympus_em10s.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5 MARK2 14-150mm2レンズキット

 


★ブルース・オズボーン賞★


東 美緒 さん
(和歌山県立神島高等学校3年)

タイトル:『日常』

higashi01_1

higashi02_1

higashi03_1

higashi04_1

higashi05_1

旅先での新鮮な出会いや美しい風景に巡り会うことは写真を撮る上で大いに刺激になるものですが、身近な人や出来事に目を向けてみると、旅先での驚きと同じように新しい発見がたくさんあるものです。東 美緒さんの作品は、身近な存在である妹さんの日常を愛情と好奇心の目で注視。いろいろな角度から彼女の魅力を切り取ったシリーズ作品として仕上げ、立体的な仕上がりとなったことが評価されて、今年のオズボーン賞に選ばれました。

私自身、人と人の繋がりの最小単位である「親子」というテーマに向き合って34年。「親子の日」というソーシャルな活動をスタートして13回目を迎える今でも、人として一番身近な「親子」という関係に対する魅力は褪せることなく続いています。東 美緒さんの今後の作品がどんなテーマに絞られていくのか大いに期待しています。

(審査員:ブルース・オズボーン)

**ブルース・オズボーン賞 賞品**
olympus_epl7.jpg
OLYMPUS Pen E-PL7 12-42mm EZレンズキット


★留学生賞★


パウラ ニコルッシ さん

(和歌山県立神島高等学校)

タイトル:『Child hood』

paula01_1

paura02_1

paura03_1

paura04_1

paura05_1

**留学生賞 賞品**
olympus_epl7.jpg
OLYMPUS Pen E-PL7 12-42mm EZレンズキット

 


 

★グループ賞(学校賞)★

和歌山県立神島高等学校

**グループ賞(学校賞)賞品**

stylus1s

OLYMPUS STYLUS-1S 2台

 


そして、惜しくも受賞までは至りませんでしたが、非常に力作揃いであった入選の方も発表いたします。
☆入選☆

東 弘一郎 さん

(国立筑波大学附属高等学校3年)

野口 典也 さん

(埼玉県立皆野高等学校2年)

武島 俊介 さん

(埼玉県立皆野高等学校2年)

深田 陽哉 さん

(埼玉県立皆野高等学校1年)

羽沢 舞 さん

(創価高等学校2年)

羽切 彩花 さん

(日本大学三島高等学校1年)

山田 萌瑚 さん

(鹿島学園高等学校 飯田橋連携キャンパス3年)

猿渡 小里 さん

(東京都立永山高等学校3年)

萩原 光 さん

(神奈川県立橋本高等学校2年)

八島 颯也 さん

(埼玉県立川越工業高等学校3年)

本田 一花 さん

(福島県立郡山北工業高等学校3年)

前田 利香 さん

(埼玉県立鴻巣女子高等学校3年)

平本 彩花 さん

(広島県立広島井口高等学校2年)

南 憂紀 さん

(和歌山県立神島高等学校3年)

二貝 葵 さん

(和歌山県立神島高等学校2年)

篠田 碧 さん

(玉川聖学院中等部・高等部2年)

岩田 悠子 さん

(岐阜県立岐阜総合学園高等学校3年)

高木 優衣 さん

(岐阜県立岐阜総合学園高等学校2年)

大平 育歩 さん

(岐阜県立岐阜総合学園高等学校2年)

森川 未稀 さん

(長野県伊那西高等学校3年)

南園 彩音 さん

(東京都立江戸川高等学校3年)

 


○審査風景○

PGP審査風景_1

—————–
受賞者の皆様、おめでとうございます!
また残念ながら、今回受賞を逃した皆様の中にも、素質を感じさせる作品が多々見受けられました。
高校生フォトグランプリ事務局一同、今後のご活躍に期待しております。
—————–
たくさんのご応募、ありがとうございました!

【就活情報】株式会社 講談社の会社見学会を実施しました。

(09 月 19 日更新)

雨が降りしきる中、文京区にある「株式会社 講談社」に会社見学会に行ってきました。

今回は、株式会社講談社より業務委託を受けている、講談社ビジネスパートナーズから求人を頂きましたので、希望者を募り、実際の就業場所となる株式会社講談社 編集総務局 写真部に行きました。

残念ながら写真撮影は不可でしたので、写真で様子をお伝え出来ませんが、スタジオや編集室、写真部事務所を拝見しながら、丁寧にご説明頂きました。

また、学生からの個別の質問にもお答え頂きました。

本校卒業生も頑張っており、嬉しかったです。

 

 

株式会社講談社 編集総務局 写真部の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |