TOPICSトピックス

【3年制 フォトアートゼミ2・3年合同写真展を目黒区美術館区民ギャラリーで開催します!】

(11 月 22 日更新)

この度、フォトアートゼミ2・3年合同写真展を目黒区美術館区民ギャラリーで開催致します。

本展「未来回記」は写真や自分自身と真剣に向き合い、シャッターを切り続けた3年間の成果を披露する3年生と、1年次より広く深く学び、向上心あふれる2年生による展示です。

将来写真家を目指すフォトアートゼミ生による第一歩です。

どなたでも参加できますので、是非お越しください。
お待ちしております。

【未来回記】
日時:2017年12月12日(火)〜17日(日)
10:00〜18:00(初日は15:00から、最終日は16:30まで)
場所:東京都目黒区目黒2-4-36
目黒区美術館区民ギャラリー
出展:張鈺 平賀正城 松尾野乃 宮﨑一樹
大須賀馨 越野遥 小森康智 外角胤
千葉奨大 築山礁太 野口彩香 藤丸香織

 

本校卒業生  佑木 瞬さんの写真展が開催されています!

(11 月 20 日更新)

本校卒業生 佑木 瞬さん(2008年3月I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミ卒業)の写真展「ファインダープロジェクト」が開催されています。

 

この展示は、佑木 瞬さんの故郷である北海道函館市にて5カ所同時開催され、各会場では写真集も販売されます。

開催にあたり、作者である佑木 瞬さんからコメントをいただきました!

 

「写真家になるきっかけを与え、後押しをしてくれた北海道 函館に感謝の意を込めて、故郷と共に歩んでいきたいという思いから、このプロジェクトを始めました。展示内容は、高校時代から現在のものまでの5作品を、会場ごとにテーマを持って再構築したものです。写真を学んでいる後輩達にもぜひ見てもらえたらと思います。」

佑木 瞬さんは、若い世代のクリエイティブな人材育成にも積極的で、5カ所同時開催の写真展の内1カ所は、母校である遺愛女子高等学校の写真部とのグループ展となっています。

 

みなさん、ぜひご覧ください!

 


【ファインダープロジェクト】開催日程

氏 名:佑木 瞬 さん
部・科:2008年3月I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミ卒業

 

 

「ヴィルドゥナガルは微笑んでいた 」

会 期:2017年11月14日(火)-11月26日(日)
会 場:金森赤レンガ倉庫 Bay gallery
http://www.hakodate-kanemori.com/gallery/
住 所:〒040-0053 北海道函館市末広町14-12 金森赤レンガ倉庫BAY函館内
時 間:9:30~19:00 (期間中無休)・入場無料

 

 

「ファインダーのむこう 」

佑木 瞬 × 遺愛女子高等学校写真部
会 期:2017年11月14日(火)-11月26日(日)
会 場:金森赤レンガ倉庫 洋物館ギャラリー
http://www.hakodate-kanemori.com/gallery/
住 所:〒040-0053 北海道函館市末広町14-12 金森赤レンガ倉庫洋物館内
時 間:9:30~19:00 (期間中無休)・入場無料

 

 

「泪は透明な血」

会 期:2017年11月11日(土)-11月25日(土)
会 場:函館市地域交流まちづくりセンター
http://hakomachi.com/
住 所:〒040-0053 北海道函館市末広町4-19
時 間:9:00~21:00 (期間中無休)・入場無料

 

 

「願わくは、終わりに花を 」

会 期:2017年11月8日(水)-12月10日(日)
会 場:ギャラリー三日月
https://twitter.com/mikadukikoubou
http://www.mikadukikoubou.com/
住 所:〒040-0056 北海道函館市末広町23-1
時 間:11:00~17:00  木曜定休 11/9は営業・入場無料
11/23-11/27は臨時休業

 

 

「ナビス/navis 」

会 期:2017年11月11日(土)-12月5日(火)
会 場:SUQ+
http://suq.cocolog-nifty.com/
住 所:〒040-0043 北海道函館市宝来町27-13
時 間:13:00~18:00  水・木・金 定休/入場無料

鈴木 親 先生の特別ワークショップを開催しました

(11 月 18 日更新)

本日は講義型の特別ワークショップを行い、写真家の鈴木親先生にお越しいただきました。

 

事前に学生たちへ”好きなフォトグラファー/写真家”のアンケートをとり、それを元に講義が進んでいきました。

みんながすきな写真家はこの写真家に影響を受けている、さらにその写真家はこの写真家に…と様々な写真のルーツを探る作業はとても新鮮でした。2時間20分の講義で森山大道や奈良原一高、ウィリアム・エグルストン、ライアン・マッギンレーなど、総勢45名の写真家の名前がでてくる講義はこれまでになかったと思います。

 

教室の後ろに置かれた20冊以上の写真集は、必ず押さえておく必要があると鈴木先生が仰ったものです。普段あまり手に取るようなことがない写真集も、先生から話を聞いた後は学生たちが食い入るように見ており、知ることの大切さや面白さを感じているようでした。

 

写真家には技術だけでなく、コミュニケーションなど大切なものがたくさんあると語る鈴木先生が、最後に仰っていた「生まれ持ったものは変えられない。足りないものは違うもので補えば良いだけ」という話しは、学生たちの心にしっかり届いたと思います。

 

今回は業界の第一線で活躍する鈴木親先生だからこそお話しできることをたくさん伺えた講義になったと思います!
鈴木親先生、ありがとうございました。

本校講師 植本 一子先生の新刊発売記念写真展が開催されています!

(11 月 07 日更新)

本校講師である植本 一子先生の新刊「降伏の記録」が河出書房新社より発売されます。

その発売を記念した写真展が青山ブックセンター 本店にて開催されています!

詳しくはコチラ(青山ブックセンターHP掲載記事)

———————————————————————————————————————-

植本一子写真展「降伏の記録」

日時:2017年11月1日(水)〜2017年11月14(火)

時間:10:00〜22:00(店舗営業時間)

料金:無料

場所:青山ブックセンター本店 ギャラリースペース

———————————————————————————————————————-

書籍に収録されている作品のプリント意外にも、この展示でしか見ることのできない作品が50点もあるようです。

みなさん、ぜひご覧ください!

【海外フィールドワーク写真展2006~2017】

(11 月 04 日更新)

大分県別府市にある立命館アジア太平洋大学(APU)でフォトフィールドワークゼミの写真展を開催いたしました!

 

初日は、同ゼミ12期生の作品発表とAPUの学生さんとの交流会を実施しました。

この交流会に合わせて姉妹校である専門学校日本デザイナー学院 九州校のみなさんが博多から駆けつけてくれました!

 

交流会では写真や旅の話で盛り上がり、学生たちはお互いにFacebookなど連絡先を交換していました。

この場で出会った学生たちがいつの日にか世界の現場で再会することもあるかもしれませんね!

 

 

そして先日は、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様にご協力いただき、写真展会場にて最新プリンター

imagePROGRAF PRO-1000を使ったプリント体験会を実施しました!

 

学生たちも自分たちの作品をプリントさせていただきました。

尚、今回の写真展のプリントは全てキヤノン最新大判プリンターimagePROGRAF PRO-4000で印刷されています!

 

ご来場いただいたみなさま、APUのみなさん、九州校のみなさんありがとうございました!

2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |