TOPICSトピックス

【就活情報】日本映像スタジオ協会 「合同就職説明会」

(07 月 20 日更新)

7月19日(土)本校で、日本映像スタジオ協会の合同会社説明会を実施しました。
レンタルスタジオで働く現状、スタジオでキャリアを積んだ後の話、各社の採用情報
や求める人材とは?など就職活動に向けてスタートする学生たちに
インタースタジオ 、代官山スタジオ 、スタジオD21、エビススタジオなど都内及び
近郊の有名スタジオの人事担当者の方々にお越しいただき、説明を受けました。
sutdio001.jpg
sutdio002.jpg
sutdio003.jpg
熱心に聴く学生たちの姿。
卒業年度生だけではなく、1年生の参加も多くありました。
stdio008.jpg
スタジオD21の中田様(日本映像スタジオ協会 会長)からは、スタジオアシスタント
の話から、カメラマンとしての将来的なビジョンに向かった話もあり、学生たちにとって
も大きな刺激になったことと思います。
stdio005.jpg
stdio006.jpg
夏休みがスタートしますが、卒業年度生はいよいよ就活本番になります。
希望者全員内定を目指して、キャリアセンターもバックアップいたします。
自分自身の将来、そして自己実現に向かって、頑張りましょう!

【就活情報】有賀廉尚先生の特別講義

(06 月 17 日更新)

写真館のコンサルティングをされている有賀廉尚先生をお招きして
特別講義を実施しました。
写真館の経営の話、写真館が求める人材の話。
普段なかなか聞けない情報を学生たちは知ることができました。
撮影をするテクニックだけではなく、その撮影する時間や空間など
写真館のカメラマンが意識しているプロとしての感覚を実践的に
学ぶ事ができたと思います。
DSC_1329.JPG
DSC_1346.JPG
有賀先生ありがとうございました。
また、株式会社ジョイフルまるやま(スタジオプリンセス)
のスタジオブロック長の山本京様にもお越しいただき、求人の情報もあわせて
いただきました。
山本様ありがとうございました。
DSC_1395.JPG
■学生の声
・また講演会を開いて欲しいです。就職の知識が増えました。(学生1年生・男子)
・普段聞けない内容の話でも、ちゃんと答えていただけて、嬉しかったです。
今後自分がどのように行動していけばいいか参考になったので、講義を聴くことが
できて良かったです。(1年生・男子)
・もっと長い時間お話を聞きたかったです。(2年・女子)

本校講師が春の叙勲を受賞!

(06 月 13 日更新)

本校講師、荻島 孝之先生が写真技能検定(国家検定/厚生労働省認可・中央職業能力開発協会)に対する長年の功労を認められ、平成26年度春の叙勲『瑞宝双光章』を受賞されました。

荻島先生、おめでとうございます。
■技能検定制度とは
1.技能検定の概要
技能検定は、「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。
 技能検定は昭和34年に実施されて以来、年々内容の充実を図り、平成25年4月現在114職種について実施されています。技能検定の合格者は平成23年度までに359万人を超え、確かな技能の証として各職場において高く評価されています。
2.技能検定の実施機関
技能検定は、国(厚生労働省)が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。また、各都道府県の業務のうち、受検申請書の受付、試験実施等の業務は各都道府県職業能力開発協会が行っています。

*本校は写真技能検定3級の試験会場に認定されております。

厚生労働省の報道発表ページ:http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000044874.html
勲章の種類及び授与対象:http://www8.cao.go.jp/shokun/shurui-juyotaisho-kunsho.html

【就活情報】「らかんスタジオ」会社説明会を実施。

(06 月 07 日更新)

今年も本校で、(株)らかんスタジオの会社説明会を実施しました。
毎年採用をしていただいている企業なだけに多くの参加がありました。
会社概要はもちろん、
「どういう人材に来て欲しいのか」
「卒業生はどのように活躍しているか」など
学内で実施する会社説明会ならではの情報を提供していただきました。
参加した学生は「写真館」と言っても会社によっての違いがあることを感じていたようです。
らかんスタジオ様、今年度もお越しいただきありがとうございました。
IMG_001.jpg
IMG_002.jpg
IMG_003.jpg

【就活情報】「今、写真業界で注目のビジネスモデル」特別講義を実施。

(05 月 10 日更新)

5月10日(土)「今、写真業界で注目のビジネスモデル」特別講義を実施しました。
写真業界の「今」と「これから」というテーマで、3社の代表にお越しいただき
事業内容の説明や、このビジネスをはじめるきっかけなどをお話いただきました。
001.jpg
002.jpg
それぞれの業界のマーケットのお話や、写真の可能性のお話。
普段学生たちが、なかなか聴くことのできない内容の話を2時間たっぷりと
お話していただきました。また、会社の事も知った上で、お三方の人間性を知る○×形式の
回答では、3人の出したプレートに学生たちからも笑い飛び出し、楽しい時間となりました。
003.jpg
最後には、3社とも「求人や登録」などのお話もあり、写真業界の明るい未来の話を
聴くことができた学生にとって大変有意義な時間になったことと思います。
古俣様、大江様、松崎様。お忙しい中誠にありがとうございました。
ピクスタのスタッフの皆様、ベネッセコーポレーションのご担当者様、
ビーモーション株式会社の飯野様、今回は学生向けの特別講義にも関わらず、
多数企業の皆様にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。
=====================================
【学生の声】
古俣さんのPIXTAのお話。色々と聴くことができ、ストックフォトがよく理解
できました。これから写真家を目指すためにストックフォトなどWeb上で
作品をつくりたいと思います。
———————————————————–
めっちゃいい話が聴いた感じします。たまひよの写真スタジオさんとても
いいです!好き!です。働いてみたいとおもいました。
———————————————————–
私は、作家志望なので、正直あまり興味はなかったのですが、お話を聴いて
みて、少し考えが変わりました。特にフォトバンクさんの節目写真館の
お話は、興味深かったです。将来の選択肢が増えた気がします。
今日はありがとうございました。
———————————————————–
規模の大小に関わらず、経営者の人的魅力を感じられる講義であった。
写真BIZのアマチュア化の流れが加速する現在においてもそれらの
注目企業が写真を勉強する者を求めているという事自体が、我々の
行くべき道の可能性を表しているように思いました。
ありがとうございました。
===================================
komatasama.jpg
ピクスタ株式会社 代表取締役古俣大介様
(事業内容)
写真・イラスト・動画の国内最大のマイクロストックフォトサイト「PIXTA」の運営。昨年11月にシンガポール現地法人を設立し、英語版・中国語版サイトを立ち上げた。クリエイター会員数は12万人、購入者アカウント数は15万人以上。プロ・アマチュア問わず、クオリティの高い写真を撮影できるクリエイターの「売りたい」気持ちと、イメージ画像を必要とするデザイナーなど購入者の「欲しい」を叶えるクリエイティブ・プラットフォームとして、アジアNo.1を目指している。
《ピクスタ株式会社HPはこちら》

ooesama.jpg
株式会社フォトバンク 代表取締役 大江 知行様
(事業内容)
写真スキャニングサービス業界最大手「節目写真館」を運営。昔の写真をデータ化するだけでなく、色あせた写真を綺麗にする補正サービスも行なうなど、写真関連のインターネットサービスを幅広く展開。今年3月24日、日本橋三越本店に「節目写真館」を出店。「写真を撮る楽しみと、カタチにのこす楽しみを提案する」をコンセプトに、新品・中古のカメラ販売や、写真のデジタル化サービスを展開。フォトアルバムフォトグッズなどデジタル化後の楽しみ方も提案。
《株式会社フォトバンクHPはこちら》

matsuzakisama.jpg
株式会社ベネッセコーポレ-ション 
たまひよ事業部 事業開発課 課長 
たまひよの写真スタジオ 豊洲店 店長  
松崎哲也様
(事業内容)
ベネッセコーポレーションが昨年12月に開始した雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」の創刊20周年を記念事業・子ども写真専用のハウススタジオ。自然光を取り込み演出された非日常の空間で、「たまひよ」だからこそ表現できる写真を撮影・提供する。撮影した写真は、撮影データだけでなく、特製のフォトブックも作成可能。家族の要望を聞きながら雑誌社ならではの編集ノウハウを活かした世界に1つのフォトブックを手にすることが出来る。
《たまひよの写真スタジオHPはこちら》

 

GW休館期間のお知らせ

(05 月 02 日更新)

日本写真芸術専門学校
下記の期間、休館とさせて頂きます。

【休館日】
2014年5月3日(土祝)~2014年5月6日(火祝)


■資料請求・お問い合わせについて
資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。
ただし、5月2日(金)14:00以降の資料請求・インターネットでのお問い合わせにつきましては、2014年5月7日(水)以降に順次対応させていただきます。

■電話対応について
休館期間中は事務局が不在となりますので、電話対応をお休みとさせていただきます。

FWゼミ第9期生 出発!!

(03 月 18 日更新)

2014年3月18日。
I 部(昼間部)3年制写真科フォトフィールドワークゼミの学生たち7名が、大きな期待を胸に『海外フィールドワーク』に出発しました!
学生たちは今日から半年間、アジア10カ国を旅しながら、それぞれのテーマに沿って撮影してきます。

フォトフィールドワークゼミの学生たちは、フィールドワーク中の体験談や自分たちの作品について、ブログを通して生の声を発信していきます。学生たちが奮起する姿を是非お見守りください!!
海外フィールドワーク Weblog 「Lines of Sight〜それぞれのアジアへの視線〜」

14fw_narita007.jpg

※重要なお知らせ※再進学支援金制度 募集締め切りについて

(02 月 19 日更新)

日本写真芸術専門学校
2014年度生 再進学支援金制度の出願受付は募集定員に達しましたので
2014年2月19日(水)をもちまして締め切らせていただきました。
多くの皆様にご出願いただきましたことを厚く御礼申し上げます。
*推薦入学(学校推薦・自己推薦)および一般入学については現在も募集を行っております*

【キャリアセンターイベント】留学生のための就職相談会&交流会を実施しました

(01 月 15 日更新)

日本写真芸術専門学校の留学生や姉妹校である日本デザイナー学院の留学生、日本人の有志学生が集まり、「留学生のための就職相談会&交流会」を実施しました。
第1部として、2013年卒業した金 成郁くんに就職活動経験や現在の仕事内容などお話し頂き、学生からの質問にも答えて頂きました。
第2部は茶話会とゲーム大会!違う学科や学年同士、また、久しぶりの母国語で...楽しく歓談したあとは、社会マナーを交えたゲームで盛り上がりました。
これからも、学校生活を頑張って下さい。
140114_02.jpg
2013年3月に卒業し、現在写真館に勤務する金 成郁くんと、人事部の大貫さん
140114_04.jpg
金くんが撮影したポートフォリオを真剣に見ています。
140114_05.jpg
キャリアセンターの留学生担当からもアドバイス
140114_07.jpg
相談会の後は交流会!楽しく歓談しています。
140114_08.jpg
交流会後半はクイズ大会!
140114_09.jpg
名刺交換の仕方や、お茶の出し方などビジネス問題も。
140114_10.jpg
140114_11.jpg
優勝したBチーム。おめでとうございます。
140114_12.jpg
最後は皆さんで記念撮影。お疲れさまでした。
140114_13.jpg

年末年始休館期間及び年末開校時間のお知らせ

(12 月 24 日更新)

日本写真芸術専門学校
下記の期間、年末年始のため休館とさせて頂きます。

【年末年始休館日】
2013年12月29日(日)〜2014年1月5日(日)

また、下記日程は開校時間を9:00~17:30とさせていただきます。
2013年12月24日(火)~2013年12月28日(土)

■資料請求・お問い合わせについて
資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。
ただし、12月28日(土)14:00以降の資料請求・インターネットでのお問い合わせにつきましては、2014年1月6日(月)以降に順次対応させていただきます。

■電話対応について
休館期間中は事務局が不在となりますので、電話対応をお休みとさせていただきます。

2014年も日本写真芸術専門学校をよろしくお願い申し上げます。

2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |