TOPICSトピックス

【体験授業】『写真作家によるスライド&トーク』写真家 公文健太郎先生

(08 月 21 日更新)

8/19(日)の体験授業は、「写真作家によるスライド&トーク」を開催しました。

今回は、本校講師 写真家 公文健太郎先生をお招きしました。

ーどんな人を〝写真家〟だと思う?

まず、公文先生が受講生に問いかけたのは、インスタグラマーやアマチュアカメラマンも存在する中で、そもそも写真家ってどんな人だろう?

受講生からは〝写真を撮っている人〟〝写真でお金をもらっている人〟〝個展を開いている人〟などの意見が出ました。

1年間の中で、約300日は撮影の為に、遠征している公文先生が考える〝写真家〟とは

 

『職業 写真家 として、写真で死ぬまで生きていける人になりたい』

 

そう答えて下さった公文先生の写真との出会いは学生時代

当時、留学生のネパール人の友人の実家へ1週間程滞在した際に立ち寄った森で、『この景色を撮りたい』と強く思い、シャッターを切った事がきっかけで、そこからは、大学の休みを利用して、ネパールのちいさな村へ足繁く通い、写真を撮り続けていたそう。

被写体は、文化や言葉を教えてくれるネパール・チャウコット村のこどもたち。

その写真は、写真絵本『だいすきなもの』として編集され、出版されている。

 

ー写真が好きなだけじゃ、〝職業 写真家〟にはなれない

師匠となる写真家の元で、仕事のノウハウや暗室の使い方などを学んだ公文先生。

国内外での作品制作をしながら、日本で広告や雑誌のお仕事をされています。

ホテルや結婚式場などの告知用ビジュアルなどのお仕事をする中では、ディレクションをする事も多く、クライアントのオーダーを元に、撮影イメージを膨らませていきます。

小道具などのセレクトや、オーダーに沿ったイメージを作る為のセット作りやライティングも重要。中にはブルドーザーを使うような大掛かりなものもあったそう。

職業 写真家として生きていくには、作品制作だけでなく、仕事としてクライアントの要望に答えていく事も大事。

 

ー『キレイだなぁ』と直感で撮影する事が多いです。

365日の内、300日は遠征して撮影に行っている公文先生ですが、車中から見える『キレイだなぁ』と思ったところで、車を停めて撮影する事が多い。

気になった人には、話しかけて写真を撮らせてもらう。

初めて降り立った土地では、被写体のヒントに道の駅に立ち寄る事も。

写真集『耕す人』の撮影期間中には、広告のお仕事の関係者が『実家が農家をやっててね』と紹介してもらえる事もあり、撮影地に関する情報などは、メディアなどの誰かの言葉に頼るより、そのような人とのつながりが多く、連載の作品も、『あの時の、あの人にお願いしよう。』と良きご縁はずっと続いている。

通常、田植えの作業は機械で行われるが、機械でも完璧には植えられずに空白ができてしまったり、倒れてしまう苗もある。そんな時に、隙間を埋める為に行っているのは『補植』という作業。

この作業を行っているのは、アジアを見渡しても、日本くらいで、黄金の稲穂が輝く素晴らしい風景が撮影できるのは、日本人によって作り上げられたもので、その作り上げる精神は、日本人らしい行動で、とてもキレイだと公文先生はおっしゃっていました。

 

 

 

ー好きな人を作っておくといいよ。

サントリーのウーロン茶、伊右衛門、無印良品などの広告でも知られる写真家 上田義彦さんを尊敬している先生がこの作品は夢が叶った!というお仕事が、生鮮食品をはじめる『無印良品』の広告のお仕事。無印良品の広告は、写真家 上田義彦さんとデザイナーの原 研哉さんとのタッグで制作されます。デザイナーの原 研哉さんが、公文先生の写真集『耕す人』を見てオファーを下さったそう。

それがきっかけ日本最大級の店舗面積『無印良品イオンモール境北花田店』の広告も担当し、公文先生の撮影された写真が使用された広告が、店舗を飾りました。

 

ー農業は変わっていく。

「この写真変なところない?」

スライドに映し出されたのは、農業で写真集を作ろう!と思い立って撮影した初めての写真

「元々は農家の方の住まいで、農業が立ち行かなくってしまい、建物だけがそこに残り、その家屋に覆い被さるように生きている山藤なの。」

 

写真1枚から、変わりゆく農家の暮らしや、環境問題がまざまざと見えてくる公文先生の作品。

「干し柿を年1回作る事で生計を立てていた集落に襲ってきた異常気象による年中続く霧。これじゃあ干し柿作れなくなっちゃうよね。」

「この写真は、耕作放置地って言って、農家を辞めちゃって雑草が生い茂ってる。一方、この緩やかな道の反対側は、農家を続けてる土地。」

 

 

講座終了後には、受講生の質問にも気軽に答えてくださった公文先生。

公文健太郎先生ありがとうございました。

【体験授業】東京のいろんな街を撮影しよう!『東京フィールドワーク・浅草編』

(08 月 19 日更新)

本日の体験授業では、夏のスペシャル講座!東京の街をめぐるツアー『東京フィールドワーク!』を開催しました。

 

今回は、夏だからこそ行きたい『浅草』

国内外から訪れる観光客で連日賑わう東京の下町・浅草を一眼レフカメラを片手に探索しました。

 

今回の講師は、写真家 フジモリメグミ先生

 

午前中は、一眼レフカメラの基本的な使い方のレクチャー

カメラを持っていなくても、学校の機材を貸出しします。

 

お手伝いの学生さんたちと一緒にランチ。

普段聞く事のできない学生生活を聞きながら、みんな仲良くご飯を食べていました。

 

お昼の後は、銀座線で、浅草に向かいます。

 

浅草で必ず撮影したい『雷門』

仲見世通りをどんどん進み、賑わいのある風景を撮影したり、普段足を踏み入れる事のない裏路地を散策。

 

各々、気になったところで撮影。

みなさん思い思いの場所で撮影していました。

撮影後は、撮影した写真を5枚セレクトし、フジモリ先生から講評を受けました。

 

撮影した写真は、後日、みなさんのご自宅にお届けします。

 

参加されたみなさんお疲れ様でした!


次回、東京フィールドワークは、8/26(日)

大人の街『銀座』を舞台に撮影の予定です。

ぜひご参加ください!

ご予約はこちら

 

 

【説明会】卒業生が語る!写真のお仕事説明会を開催いたしました。

(更新)

8/4(日)に、本校卒業生 フォトグラファー女鹿成二さんによる「卒業生が語る!写真のお仕事説明会」を開催しました。

今回は、フォトグラファーとしてのお仕事についてお伺いしました。
女鹿さんは、卒業後、スタジオ23に入社し、2014年に今城純氏に師事。2017年に独立し、現在は、フリーランスとして活躍されています。

 

 

スタジオでは、様々なカメラマンがスタジオを利用することで、そのカメラマンが作ったライティングや、モデルさんとのやりとりを学んでいたそう。スタジオアシスタント時代に出会った今城純氏の元でファッションの現場でのお仕事を学び、3年半後の2017年に独立された女鹿さん。

 

独立する準備として、ポートレートとランドスケープのポートフォリオを制作し、出版社や編集部を中心に1日2、3件を目安に営業し、現在ではファッション雑誌を中心にお仕事をされています。

お仕事の流れとしては、作品に興味を持ってくださった編集さんからお仕事の依頼を受け、記事のコンセプトなどを編集さんやライターさんと打ち合わせしてからいよいよ撮影。

 

一番大事にしている事は、モデルさんの【自然な表情を撮影する事】

そのために、女優さんやモデルさんと、良い撮影現場になるよう、撮影がスムーズにいくように段取りをしておく事が大事だと教えてくださいました。

海外ブランドのSNSや、発売されている雑誌などに刺激を受け、撮影の参考にされているようで、フリーとして働きながらも、毎日が勉強とおっしゃっていました。

 

 

 

 

当日は、実際に撮影された作品集と、撮影された写真が掲載されているファッション雑誌を受講された皆さんに見ていただきました。

 

講座終了後には、受講生の質問にも気軽に答えてくださった女鹿さん

 

女鹿成二さんありがとうございました。

 

【インタビュー】「diffusion」高橋優也さん

(更新)

2018年6月23日(土)- 7月1日(日)

6/23〜7/1、渋谷 ES Galleryにて、

写真展「diffusion」が開催されました。

 

この展示は、多方面に渡って活躍するモデル・明日花キララさん、

ロックバンド「ミオヤマザキ」のボーカル・mioさん、

そして本校の卒業生である写真家・高橋優也さんによるコラボ展示です。

 

高橋優也さんは新進気鋭の若手写真家。ファッションや広告など

幅広いジャンルで活躍されています。

 

高橋さんは、様々なアーティストやタレントとのコラボ展示でも話題に。

昨年開催されたSILENT SIRENのボーカル・すぅさんとのコラボ写真展

「SIRENT NOISE」では、本校のインタビューに答えて頂きました。

 

前回の展示についてはこちら▼

写真展にエンターテイメントを。「SILENT NOISE」高橋優也 × SILENT SIRENすぅ

 

 

今回の写真展についても、お話を伺わせて頂きました。

写真展にエンターテイメントを追求する高橋さんの、新たな試みとは。

今回のインタビューも必見です!

 

(c)高橋優也

 

—展示のきっかけは何ですか。

元々mioさんとは知り合いで、彼女のPVを撮影したんです。

その時に出演してくださったのが明日花さんでした。

僕の作風をすごく気に入ってくれて、

2人を撮った展示をしてくれないかと明日花さんからお願いされたのがきっかけです。

 

—写真展においてエンターテイメントを大切にされている高橋さん。前回の「SIRENT NOISE」に引き続き、どういった反響がありましたか。

高校生や大学生といった、若い世代がたくさん来てくれます。

従来の写真展より楽しく、足を運びやすい展示にすることを目指しました。

写真だけでなく、空間そのものを楽しんでもらう感じですね。

たとえば、会場のアロマやBGMなどは明日花さんに選んでもらいました。

—前回の展示と大きく変わった所はどこですか。

前回とは違い、展示作品を買うことができるんです。

日本ってあんまり、写真を買って部屋に飾る習慣が無いですよね。

そういう習慣が、もっと広がって欲しいなーって。

高価な一点物じゃなくて、例えば服を買うみたいに、

気軽に写真を買えるようになったらいいですよね。

この展示作品も、複製したものを売っています。

僕の作品が売れれば売れるほど嬉しいです!笑

 

 

高橋優也というアイコン

例えば広告写真の撮影をする時に、

決められたルールの中で撮ることに不自由さを感じていて…。

自分にしか撮れない写真を撮りたいと思っています。

僕自身がアイコンになって、「高橋優也にしか撮れない写真」を発信していきたいです。

世の中に上手い写真家はいくらでもいます。

だったら自分はコンテンツで勝負していきたい。

だから僕は、あんまり自分のことを写真家だと思っていないです。

高橋さんは、インタビューの中で繰り返し

「写真が無くなってほしくない」とおっしゃっていました。

写真が衰退しないために、時代の流れに合わせた

写真の在り方を追求する、それが高橋さんのスタイルです。

 

年に4回は展示をやりたいと語る高橋さん。

今後の展示も、とても楽しみですね!

————————————————————————————–
●Plofile 
高橋 優也(たかはし ゆうや)
instagram:@yuyatakahashi.monster
twitter   :@YUYA_STER
facebook:https://www.facebook.com/yuya.takahashi.1865
日本写真芸術専門学校 2014年度卒。
写真家のレスリー・キー氏に師事し、
その後フリーランスとして幅広いジャンルで活躍。
現在は雑誌や広告の仕事のほか、
同世代のアーティストや俳優との作品作りに取り組んでいる。
————————————————————————————–

【受賞情報】写真新世紀2018年度(第41回公募)にて、卒業生が受賞!

(07 月 31 日更新)

「写真新世紀2018年度(第41回公募)」の優秀賞選出審査会がキヤノン株式会社下丸子本社にて行われ、卒業生の岡田将さんが優秀賞を受賞いたしました!

 

写真新世紀 受賞情報ページ:

https://global.canon/ja/newcosmos/news/topics/20180730-winners/

 

 

【優秀賞(サンドラ・フィリップス 選)】

岡田 将

画像専門課程Ⅰ部写真科 2006年3月卒業

画像専門課程Ⅰ部写真研究科 2007年3月卒業

 

 

「写真新世紀」は、写真表現の新たな可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的としたキヤノンの文化支援プロジェクトです。

1991年のスタート以来、テーマや作品形態、点数、国籍、年齢などを問わない公募形式によるコンテストを実施しており、1,992名の応募の中からの受賞となりました。

 

岡田さん、おめでとうございます!

 

 

なお、受賞作品は10月末から開催予定の「写真新世紀展 2018」にてグランプリ選出公開審査会が行われます。

ご興味のある方はぜひ足をお運びください!

 

 

【体験授業 – OPEN CAMPUS – 写真家であり本校卒業生の梁 丞佑さんのスライド&トーク】

(07 月 25 日更新)

7月29日(日)の体験授業 – OPEN CAMPUS -では、
写真家であり本校卒業生の梁 丞佑さん

(2000年3月 I部専門課程写真科 卒業)をお招きし、

「写真作家によるスライド&トーク」を開催します!

聞き手はインディペンデントキュレーターであり、本校

講師の菅沼比呂志先生です。

今回の講座内容は梁 丞佑さんの作品をスライドショーで

見ながら、写真を始められたきっかけから写真家になる

までと作品制作や作品そのものについてのお話を伺います。

写真は土門拳賞を授賞した『新宿迷子』です。

歌舞伎町を15年に渡って撮影された作品です。

非常に貴重な機会ですので、ぜひみなさまご参加ください!

【日 時】2018年7月29日(日) 13:50〜15:50
【ゲスト】梁 丞佑さん

 

 

 

【聞き手】菅沼比呂志先生
日本写真芸術専門学校オープンキャンパス
申込は03-3770-5585まで、お電話でお願いします!
在校生、卒業生で参加希望者の方は教務課まで電話もしく
は来校申込をお願いします。

 

【キャリアイベント】専門職学内合同企業説明会実施

(07 月 23 日更新)

7月13日(金)に専門職学内合同企業説明会を実施しました。

今回は6社の企業をお招きしての開催となりました。

参加企業

株式会社アークスタジオ

株式会社一蔵

株式会社ケーアールケープロデュース

株式会社ゴーシーズ

株式会社フォトクリエイト

株式会社ベネッセコーポレーション

(50音順)

各企業、さまざまな方法で

会社概要や業界や働く事についてご説明いただきました。

「参加できてよかった!」という声が多く、

学生たちにとって将来のために社会・業界を知る有意義な時間となりました!

今回ご参加いただきました各企業ご担当の皆様、誠にありがとうございました。

 

多様な進路を支援するNPIのキャリア支援

本校がキャリア支援で心がけていることは、学生たちの強みを引き出すこと、その強みにあった仕事とマッチングしていくことです。

作家希望の学生たちにとってもよりよいキャリア支援イベントを継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

http://www.npi.ac.jp/employment/support.html

【キャリアイベント】留学生向け就職セミナー開催

(更新)

7月12日(木)に日本写真芸術専門学校・日本デザイナー学院の留学生を対象に

就職セミナーを実施しました。受講した留学生は日本での就職を考えています。

今回は外部講師をお招きしての開催となりました。

留学生が日本にて就職活動する際の基本となるセミナーです。

日本独特の新卒就職活動や日本における正規就労についての諸制度や慣習についての理解を深めます。

就職活動までに準備することとは何か。

他にも就労可能な在留資格取得に関する入国管理法上の注意点を確認します。

今回講師の方のお言葉に

「マナーは相手への思いやり・気づかい」という言葉がありました。

日本の独特なマナーに慣れていない学生には心に残る言葉ではないでしょうか。

最後にみんなでお辞儀の練習をして終了しました。

受講者のなかには、「不安な気持ちが解消された」という声もあがりました。

キャリアセンターでは日本で就職を考える留学生を積極的に支援しています。

多様な進路を支援するNPIのキャリア支援

本校がキャリア支援で心がけていることは、学生たちの強みを引き出すこと、その強みにあった仕事とマッチングしていくことです。

作家希望の学生たちにとってもよりよいキャリア支援イベントを継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

http://www.npi.ac.jp/employment/support.html

【キャリアイベント】株式会社ライトアップ スタジオ見学会&説明会

(更新)

7月21日(土)株式会社ライトアップ(http://www.light-up.co.jp/)の

スタジオMag白金台にてスタジオ見学会&説明会を実施しました。

株式会社ライトアップは出版社の

株式会社マガジンハウス(http://magazineworld.jp/)のスタジオです。

まず各スタジオを見学しました。

撮影対象物や雑誌の雰囲気などにあわせて

撮影するスタジオが変わることから撮影現場のお仕事の話までお話しいただきました。

そのあとは、マネージャーの田中様より会社概要や仕事についてお話しいただきました。

また日本写真芸術専門学校卒業生も今回の見学会に参加してくれました!

そんな卒業生と交流できる時間があり、たくさん質問も飛び交いました。

学生の積極的な姿も見受けられました。

先輩たちから【在学中にしておくとよい事】としてアドバイスをいただきました!

・広く浅くいろいろ撮っておく(学んでおく)。

→入社してからの研修が充実しているから入社して更に学ぶ事ができる。

・自分の(個性のある)写真を撮る事。

→個性を出せると印象に残る・編集の人や業界の人の目に残る

 

 

最後はポートフォリオの講評会(希望者のみ)があり、

学生は自身の作品へのアドバイスや講評を真剣に聞いていました。

働く卒業生の姿やきれいなスタジオ、

そして挑戦してみたい仕事を目の前に

学生たちにとって刺激のある時間となりました。

 

 

多様な進路を支援するNPIのキャリア支援

本校がキャリア支援で心がけていることは、学生たちの強みを引き出すこと、その強みにあった仕事とマッチングしていくことです。

作家希望の学生たちにとってもよりよいキャリア支援イベントを継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

http://www.npi.ac.jp/employment/support.html

 

 

【キャリアイベント】「面接対策基礎講座」を実施

(更新)

日本写真芸術専門学校、専門学校日本デザイナー学院共同開催で

「面接基礎講座」を実施しました。

講師は、専門学校日本デザイナー学院・イラストーション科の「キャリア・デザイン」担当であり、

キャリアコンサルタント&研修講師として活躍している仁平幸子先生。

前半はセミナー、後半は実践として、学生一人ずつ入退室の一連の流れや

自己PRまで言うロールプレイングを実施しました。

また、今回は面接官側の視点を知るために待機している学生も面接官の後ろで観察することも体験しました。

「受験生の表情が意外にはっきり見える!」と、驚いていました。

ロールプレイングをした学生は、緊張しながらも、

真剣に取り組んでいる様子が印象的でした。

今回は少人数制の講座のため、一人ひとりにフィードバックを長めにしました。

「ひとりだと気づけなかったところを教えていただけた」

「少人数でゆっくり、ペースを合わせて練習できて良かった」

「練習を頑張りたい」といった前向きな言葉が寄せられました。

これからの就職活動にも自信を持って取り組めるように

キャリアセンターも引き続き、支援をしていきます!

—————

キャリアセンターでは学生と企業を結ぶイベント開催にとどまらず、

就職活動にむけての対策講座や進路に関するイベントを随時開催予定です。

詳しい情報はこちらより

http://www.npi.ac.jp/jps/

 

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |