TOPICS

日本写真芸術専門学校がマレーシア語学留学特待生を募集!!

(06 月 30 日更新)

malaysia.jpg
日本写真芸術専門学校が行っているマレーシアの語学留学特待生とは、アジアで最も人気のあるマレーシアの首都クアラルンプールのベットタウン”ペタリンジャヤ”にあるゲストハウスに居住しながら近隣の語学学校に通学するという制度です。
ゲストハウスは専用個室やインターネット接続、NHKも受信可能な衛星放送..そして、写真制作に欠かせない専用暗室などなど。国際的なアーティストを目指す方には最適な居住空間です。
また、留学期間が1年から1年半なので、英語習得もバッチリ!!
日本写真芸術専門学校を卒業したら、あなたも語学留学に行きませんか?日本写真芸術専門学校が全面的にバックアップいたします。
お問い合わせはこちらから

留学生交流会『はるのお茶会』を実施しました

(04 月 23 日更新)

080419_ocya.jpg
春うららかな先週の土曜日。
日本写真芸術専門学校と、姉妹校:日本デザイナー学院の留学生や日本人学生が集まり、交流会を行いました。
今年は12の国と地域より来日された留学生が、新しく日本写真芸術専門学校・日本デザイナー学院の学生となりました。
日本写真芸術専門学校と日本デザイナー学院は、留学生を応援しています。

研究科 築地ゼミ卒業作品展で特別講評会が行われました

(03 月 31 日更新)

川崎市市民ミュージアムにて、研究科 築地ゼミの卒業作品展が、30日(日)まで開催されました。
最終日は、川崎市民ミュージアム学芸員の深川雅文さんの講評会が行われ、学生一人一人の作品について丁寧に講評して頂きました。
080331_kawasaki.jpg
また今後も学生たちの作品を見ていて頂けるとのこと、これから写真家として作品を撮り続けていく彼らにとって励みとなり、次回の写真展が楽しみです。

アントキの猪木さん、撮影会!!

(03 月 13 日更新)

3月3日、アントニオ猪木さんのものまねで大ブレイク中のアントキの猪木さんが来校されました。
アントキの猪木さんをキャラクターにした缶コーヒーを発売するにあたり、その撮影に当校の学生をご指名いただきました。(アントキの猪木さん、ありがとうございます!)
当校の学生たちの撮影サークル、SHATO(写人)の有志3名が撮影に臨みました。
アントキの猪木さんの必殺の決めポーズやかけ声で現場は一気にヒートアップ。
和やかなムードの中、大いに盛り上がりながら楽しい撮影会となりました。
antokinoinoki.jpg
antokinoinoki_face.jpg
(C)SHATO
バックの色を何度も変えて、様々なポーズで撮影。
アントキの猪木さんや撮影に同席した関係者の方々からは「学生とは思えない技術、現場へのご配慮など、驚かせられる場面が多々ありました。」とお褒めのお言葉を頂戴しました。
この缶コーヒーは4月末頃(予定)、高速道路のサービスエリアを中心に発売されます。
見かけたら即Get!!してください。
アントキの猪木さんのホームページはこちら

【結団式】を行いました

(03 月 11 日更新)

080307_ketudanshiki.jpg
I 部3年制写真科フォトフィールドワークコースの学生たちが『海外フィールドワーク』に出発するにあたり、【結団式】を行いました。
結団式では、藤井校長や各講師からフィールドワーク中の心得や、協賛企業を代表して、オリンパス株式会社の松崎様より励ましのお言葉を頂きました。またオリンパスイメージング株式会社様からは協賛カメラ「オリンパスμ850SW」のご提供がありました。
いよいよ3月20日、学生たちは大きな期待を胸に、大阪港から最初の目的地である沖縄を船で目指します!!
学生たちはこの『海外フィールドワーク』から、どのような出会いや体験をし、どのような写真を撮影してくるのでしょうか。
フォトフィールドワークコースの学生たちは、ブログを通して現地の様子を発信します。 是非、ご覧下さい。
c_banner08.gif

第2回 ケータイフォトフィールドワークコンテスト 結果発表!!

(02 月 28 日更新)

多数のご応募を頂き、誠にありがとうございました。大変お待たせしました。
日本写真芸術専門学校 第2回 ケータイフォトフィールドワークコンテストの結果発表を行います。

前回に引き続き『旅』をテーマに集まった作品は610点。藤井校長をはじめ、本校講師陣による審査をおこない『ユニーク賞』を追加し、5作品が選ばれました。受賞した皆さん、おめでとうございます。

■グランプリ■
0302.jpg
「飛ぶ虫」 土屋 綾子 さん

■準グランプリ■
0479.jpg
「僕の旅」 服部 弥生 さん

■優秀賞■
0504.jpg
「トンボと友達」 松崎 りか さん

■特別賞■
0422.jpg
「Objet」 椋目 哲也 さん

■ユニーク賞■
0202.jpg
「平成写楽遊戯」カワイフヅキ さん

惜しくも入賞されなかった方、また今回の応募に間に合わなかった方、第3回目のフォトコンテストを企画中です。
皆様のご参加をお待ちしております。

長野重一先生による特別講義(ワークショップ形式)を行いました

(02 月 13 日更新)

080209_nagano.jpg
2007年度最後の3年制フォトアートコースやフォトフィールドワークコース対象の特別講義(ワークショップ形式)に長野重一先生をお招きして実施しました。
長野先生は昨年夏にも特別講義を担当して頂いております。学生たちの作品制作の進捗状況をチェックしながら、的確なアドバイスを送っていました。
もうすぐ卒業する3年生や研究生、来年度に向けてますます作品制作に意欲を燃やす2年生と、とても活気ある特別講義でした。

「Xmas Party with 留学生の集い」を開催しました

(12 月 27 日更新)

071221_xmas.jpg
街がクリスマスムード一色の12月21日(金)、学校の9F教室にて「Xmas Party with 留学生の集い」を開催しました!
今年の「みんなでケーキづくり!」ではシャンメリーで乾杯した時点からケーキづくりが始まるという 非常にクリエイティブな試みに、学生たちはおしゃべりしながら和気あいあいとホイップクリームやイチゴを飾り付けていました。
「プレゼント争奪イス取りゲーム」などでは写真校学生・デザイン校学生・講師入り交じっての 壮絶なプレゼント争奪戦が行われ、踊るクリスマスツリー人形(!!)などのとても愉快なプレゼントが贈呈されました。

セバスチャン・サルガド先生のスペシャルイベント報告!

(12 月 07 日更新)

071207salgado.jpg
世界的なドキュメンタリー写真家であるセバスチャン・サルガド先生が、12月3日(月)から12月7日(金)にご夫妻で来校され、ワークショップや対話集会などのスベシャルイベントが開催されました。
■ワークショップ
今回の取材テーマは「東京 過去・現在・未来」。
このワークショップを受講したのは、3年制写真科フォトフィールドワーク1年生、同2年生、同3年生の学生達。
彼らは3年生をリーダーとする「過去・現在・未来」の3チームを編成、本校講師の写真家:鈴木邦弘先生、飯塚明夫先生、五十嵐太二先生、長坂大輔先生のご指導のもと、約1ヶ月前から「東京」各地で取材撮影を進めていました。
実際のワークショップは12月3日(月)からスタート。セバスチャン・サルガド先生が熱心にご指導される中、同行取材や作品講評が何回も繰り返されました。
そして12月7日(金)ワークショップ最終日は、サルガド先生の奥様でありデザイナーであるレリア・サルガド夫人のご指導によって、写真集のための編集作業で最後の「まとめ」となりました。
■ワークショップ報告会と対話集会
12月7日(金)15:00から、ワークショップの作品をまとめたスライド上映会が催されました。
また、上映会の直後には「一方的に話して終わる講演ではなく、写真を学ぶ若者達とダイレクトに語り合いたい」というサルガド先生の強いご希望によって、写真について語り合う対話集会が催されました。
対話集会では、一般の方々も加わり、ワークショップのスライド上映会の感想はもちろんのこと、世界の人々とのコミュニケーションの在り方などにまで話が及び、熱気溢れる会場となりました。
■懇親パーティ
12月7日(金)18:00から、セバスチャン・サルガド先生とレリア・サルガド夫人をお招きし、学生達や一般の方々が参加する和やかな懇親パーティが催されました。
世界中を駆け巡るご多忙なスケジュールのサルガド先生ご夫妻を多くの方々が暖かく囲み、想い出に残る貴重で楽しい一時を過ごしていました。

今年も行ってきました!カンボジアボランティア研修!

(11 月 26 日更新)

2007cambodia.jpg
今年で6回目を迎える我が藤井秀樹校長が率いる「カンボジアボランティア研修」を実施しました。
アンコール小児病院や孤児院、バライの村の小学校などへ、歯ブラシや、ノート、ペン、車いすなどを自らの手で運び、子供たちと一緒に交流をするボランティア研修をしてきました。
毎回訪問させていただいているアンコール小児病院で働く、日本人看護師・赤尾和美さん(以前TV番組 いのちの輝きスペシャル「小さな命を救いたい・・・、悲劇の大地で戦う日本人たち」に出演!)にも現地で直接本人にお会いでき、皆感動しておりました。
他にもアキラ地雷博物館や、キリングフィールドといった内戦時代の悲惨さを伝える場所や、世界遺産であるアンコールワット、アンコールトムも訪問し、カンボジアの奥深い歴史を学ぶ機会にも恵まれました。
「ボランティアはお金だけではなく、自らが足を運び共に汗を流すことが大切」という藤井校長の言葉に学生たちは、自分たちの表現方法で、現地の人やこどもたちとコミュニケーションをとり、交流を深め、それを写真におさめていました。
ボランティアで得た何かを写真に残す、、、
学生たちがどんな写真を撮ってきたか、とても楽しみです。

来年も実施する予定でいますので、ぜひ、皆さんも参加しませんか?

作品・TOPICS

NPIウェブギャラリー
写真展情報
写真展ルポ
受賞者情報
写真集情報
イベント情報
トピックス
SHATO
Futre lights Project
社会の声
夏期集中授業
卒業作品展

月別一覧

2018年7月 (7)
2018年6月 (4)
2018年5月 (6)
2018年4月 (1)
2018年3月 (4)
2018年2月 (2)
2018年1月 (4)
2017年12月 (3)
2017年11月 (5)
2017年10月 (9)
2017年9月 (4)
2017年8月 (3)
2017年7月 (1)
2017年6月 (4)
2017年4月 (6)
2017年3月 (6)
2017年2月 (2)
2017年1月 (4)
2016年11月 (4)
2016年10月 (8)
2016年9月 (4)
2016年8月 (1)
2016年7月 (5)
2016年6月 (10)
2016年5月 (3)
2016年4月 (6)
2016年3月 (6)
2016年2月 (4)
2016年1月 (1)
2015年12月 (4)
2015年11月 (10)
2015年10月 (8)
2015年9月 (3)
2015年8月 (2)
2015年7月 (6)
2015年6月 (5)
2015年4月 (2)
2015年3月 (3)
2015年2月 (1)
2015年1月 (2)
2014年12月 (2)
2014年11月 (1)
2014年10月 (2)
2014年9月 (2)
2014年7月 (1)
2014年6月 (3)
2014年5月 (2)
2014年3月 (1)
2014年2月 (1)
2014年1月 (1)
2013年12月 (1)
2013年11月 (1)
2013年10月 (1)
2013年9月 (2)
2013年8月 (1)
2013年5月 (4)
2013年4月 (1)
2013年3月 (3)
2013年1月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (2)
2012年10月 (2)
2012年9月 (2)
2012年7月 (1)
2012年5月 (3)
2012年4月 (2)
2012年3月 (5)
2012年1月 (5)
2011年12月 (6)
2011年11月 (6)
2011年10月 (3)
2011年9月 (6)
2011年8月 (6)
2011年7月 (6)
2011年6月 (4)
2011年5月 (2)
2011年4月 (1)
2011年3月 (5)
2011年2月 (2)
2011年1月 (3)
2010年12月 (5)
2010年11月 (5)
2010年10月 (2)
2010年9月 (5)
2010年8月 (6)
2010年7月 (5)
2010年6月 (2)
2010年5月 (3)
2010年3月 (1)
2010年2月 (1)
2010年1月 (1)
2009年12月 (1)
2009年11月 (1)
2009年10月 (6)
2009年9月 (3)
2009年8月 (2)
2009年7月 (2)
2009年6月 (1)
2009年5月 (2)
2009年4月 (3)
2009年3月 (2)
2009年2月 (1)
2008年12月 (4)
2008年11月 (1)
2008年10月 (2)
2008年9月 (3)
2008年6月 (1)
2008年4月 (1)
2008年3月 (3)
2008年2月 (2)
2007年12月 (2)
2007年11月 (4)
2007年10月 (1)
2007年9月 (1)
2007年8月 (3)
2007年7月 (1)
2007年6月 (1)
2007年5月 (2)
2007年4月 (1)
2007年3月 (3)
2007年1月 (2)
2006年12月 (1)
2006年10月 (1)
2006年9月 (4)
2006年8月 (1)
2006年6月 (2)
2006年5月 (2)
2006年3月 (1)
2006年1月 (3)
  • フォトフィールドワーク
  • イベント情報
  • キャリアセンター
姉妹校のご案内 学校法人呉学園 専門学校 日本デザイナー学院 学校法人九州呉学園 専門学校 日本デザイナー学院 九州校