Future Light Project

2012.3 〜 2013.3

(03 月 26 日更新)

こんにちは、1年3組FWゼミの畑山です。
FLPには2012年度後期途中から参加し、
今回が初ブログ投稿です。
日本写真専門学校に入学しほぼ1年、
自分にとってまさに「怒涛の一年」でした。
私ごとですが、途中ながら参加しましたFLP活動と
共に一年間を振り返ろうかと思います。
2012年3月、私は大学を卒業し来る専門学校での
新生活に向け「期待」を胸に4月を待っていました。
大学の同期は新社会人として4月を控えていたので
少しの違和感を覚えていましたが、自分が決めた
自分の道を自分で歩む!と強く意識し4月を迎えました。
入学以降、高校卒業、自分と同じく大学卒業、
現役社会人など様々な経歴を持った仲間と出逢い、
共に新生活を過ごしてきました。
楽しかったことも多かったのですが、
今までやったことのないことに考えたことのない悩み、
戸惑いなど苦しかったことも多かったです。
周りに迷惑をかけていた申し訳なさ、
自分の実力不足、将来への不安。
入学以降ずっと考えています、もちろん今も考えます。
そんな時に友人が誘ってくれたFLP。
昨秋校内で行われたFLP展示会で知った社会貢献サークル、
活動面白そうだ!と思っていたのですが、
まさか誘ってくれるとは思いませんでした。
その友人は私に「今後の私へのキッカケ」を与えてくれたのです。
参加した活動を通じて社会に何ができるのか、
放課後の会議で仲間と話し合い企画化し実行、
次回に向けて反省会。充実しとても内容濃いものです。
社会のために、自分のためになる活動ばかりでした。
来年度でも昨年同様、苦しいことも多々あると思います。
けれどそれらは「今後の私へのキッカケ」だということを
昨年の経験から分かったので、
さらなる「期待」を胸に来る4月を待っています。

義援金の募金に行きました!

(03 月 18 日更新)

みなさん、こんにちは!
サブリーダーの菅原です!
だんだん暖かい日も増え、春めいて来ましたね!
花粉症の方は辛い季節ですが・・・。
学校が春休みに入っているため、FLPメンバーも実家に帰ったり
アルバイトに励んだり、作品撮りに力を注いだりと
それぞれの時間を過ごしています。
それでも3月下旬には新たな企画が始動しますので、乞うご期待!!
私は先日、「そして、今」写真展で集まった義援金を
目黒区役所に届けてきました!
学校からは2駅で行ける目黒区役所。
せっかくいいお天気だったので、歩いて行ってきました。
目黒区役所内にある地域振興課に、義援金の募金箱が設置してあります。
みなさまからお預かりした義援金はそこへ募金してきました。
この義援金がしっかりと東北復興支援に使用されますようにと祈りながら。。
DSCN0677_1.jpg

この日、目黒区役所内では、気仙沼の写真展が開催されていました。
震災前と震災後の気仙沼や、震災後すぐと現在の気仙沼、毎年目黒区で行われる
サンマ祭りの様子などが展示してありました。

写真を見ながら、どこの場所もすぐにわかる自分にちょっとびっくりしながらも
やはり、震災後すぐの写真にはため息が出ました。
震災後から現在にかけて瓦礫などすごくきれいになったのと同時に
海に近い場所は何もなくなってしまったのが、現実です。

震災から2年が経ち、これからどうなっていくのでしょうか。
私たちFLPの活動として、被災地を撮り続けていくということは
改めて重要なことなのかもしれないと、再認識しました。

東日本大震災 –あれから2年–

(03 月 11 日更新)

2011年3月11日14時46分

震災から2年が経ちました。

いまだに31万人を超える方々が避難生活を続けています。
2年という月日が経とうとも、あの日から震災はまだ続いているのです。

私たちはこの震災をきっかけに活動を始めました。

これまでたくさんの人と出会い、
かけがえのない経験をさせて頂きました。

なにに感謝をしていいのか
感謝という言葉を使っていいのか
わかりません。

ただ私たちはこれからも、
写真を通して、記録し伝えていく活動をしていきます。

1日も早い復興をお祈りするとともに
亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。

Future Lights Project メンバー一同