Future Light Project

東日本大震災復興支援写真展vol.4 「ここにあるもの」 展示のご案内

(12 月 26 日更新)

みなさんこんにちは!
気仙沼の取材の様子をお届けしている途中ですが、
ここで「東日本大震災復興支援写真展」の詳細についてお知らせです。

14FLP写真展dm_outline_ページ_2.jpg
東日本大震災復興支援写真展vol.4
「ここにあるもの」
会期:2015年1月22日(木)〜26日(月)
時間:10:00〜18:00(※最終日は10:00〜16:00)
   会期中は無休
会場: 渋谷区文化総合センター大和田2階 ギャラリー大和田
アクセス方法

写真展開催に向けてメンバーそれぞれ日々準備中です!
気仙沼に初めて訪れたメンバーや、そうではないメンバーとそれぞれでしたが
気仙沼の今としっかり向き合いつつも、一人一人が感じた魅力を収めた選りすぐりの写真を展示します。
是非一度足をお運びください。

        

ー2014年気仙沼取材ー取材C班 1日目

(12 月 05 日更新)

みなさんこんにちは!
FLP1年の松枝です。
今回はC班の撮影1日目の様子をお伝えします!
まずはC班のメンバーをご紹介します。
FLPリーダーの松坂超さん、1年生の小崎美佳さん、そして松枝音寧の3人です。
C班の一日目は、主に風景の撮影を行いました。
早朝気仙沼到着後、私たちは岩井崎へと向かいました。
岩井崎では朝の光の中で気仙沼湾を撮影をしました。
海の透き通る青さや広い海の上でボートに乗って作業をする漁師さんの姿が
とても印象的でした。
岩井崎には、他に津波の被害を受けながらも
松の一部がまるで天へ上ろうとしている龍のような形に残った「龍の松」
DSC_5206.JPG
以前と変わらず海を眺め続けている「横綱秀ノ山雷五郎像」
DSC_5211.JPG
があります。

続いて私たちは菖蒲沢で撮影を行いました。
この場所は移動している最中に、森に囲まれた美しい沢の景色が目に飛び込んできて
思わず立ち寄ったところです。
こちらがその景色です。
DSC_5288.JPG
紅葉が始まっている木々に囲まれ、水面に反射している様子がとてもきれいでした。

次に向かった場所は岩倉神社です。
この場所は背の高い木々の中心に鳥居が1基建っていてとても神秘的な場所に感じました。
不思議な空間を是非収めたいと思い、光を意識して撮影をしました。
DSC_5321.JPG
鳥居の奥へ進んでいくとたくさんの木に囲まれている険しい道が続き
まるでどんどん森の奥へ入っていっているようで楽しかったです!

このような場所に行き私たちC班は1日目を過ごしました。
様々な場所を訪れて感じたことも場所ごとに違い、それぞれの気持ちを素直に収めてきました。
2日目もまた様々な場所を訪れましたがその様子は次回お届けします!

ー2014気仙沼取材ー取材A班 一日目

(12 月 04 日更新)

フィールドワークゼミ1年生の久保です。

今回はA班取材一日目の内容をお伝えします。
A班は、藤林彩名、北村華子、久保勇人の三人で取材を行いました。

気仙沼市に到着し、初めに気仙沼市魚市場へ向かいました。

_MG_5051.jpg

到着した時間が遅かったこともあり、魚の水揚げは残念ながら見ることが出来ませんでした。
どなたか魚市場についてお話を伺えないかと思い事務所を訪ねると、
勤務中の小野寺輝行さんからお話を聞くことができました。
震災当時の状況、復興についてなど様々な事を教えていただき、とても充実した時間を過ごせました。
小野寺さん、ありがとうございました。

_MG_5046.jpg

次に気仙沼復興支援の宿、ホテル望洋にご協力いただき、
屋上からパノラマ撮影をさせていただきました。

_MG_0216.jpg

初めてのパノラマ撮影ということもあり四苦八苦した部分もありましたが、
メンバー全員の協力もあり無事撮影を終えることができました。
午後は、ホテル観洋さんにご協力いただき、屋上からパノラマ撮影をさせていただきました。

_MG_5094.jpg

屋上からは、海や南気仙沼などが一望でき、とても素晴らしい景色が広がっていました。
陽が沈んでしまいそうな中、迅速に撮影することができました。

夕方にはFLPの先輩方が、気仙沼市議会議員の村上佳市さんとお会いするということで
その場に同行させていただきました。
市議会議員の方とお会いするという事で緊張していたのですが、
村上さんの明るく親しみやすい人柄のおかげで体の固さが取れ、
その場になじむことができました。
世間話から震災の話まで幅広くお聞きすることができ、
とても貴重な時間を過ごせました。
村上さん、ありがとうございました。
また、このような機会を設けてくださったFLPの先輩方にも感謝しています。

以上、A班一日目取材内容でした。

―2014年気仙沼取材― 取材B班 1日目 前半

(12 月 02 日更新)

皆さん、初めまして! 昼間部1年の星です。
FLPは4度目となる「東日本大震災復興支援写真展」を行うために
11月21日から24日にかけて宮城県気仙沼市へ行ってきました。
今年は短い期間でいろいろな場所に行きたかったので、
3つのチームにわかれました。
各自、撮影する地域を決め、気仙沼の今の魅力を伝えるというコンセプトで撮影に挑みました。
今回は、僕が参加したB班の様子をお伝えします。
それではまず、メンバーを紹介します。
2年生の西丸智奈美さん、1年生の涌井駿くん、そして同じく1年の星 亘の三人です。
一日目は主に気仙沼市内と新浜町周辺へ取材撮影をし、
二日目には気仙沼市内からフェリーに乗って30分ほどにある大島という島へ行きました。
取材初日、気仙沼に早朝着いた時は凍える寒さでしたが、段々と日が出てきて暖かくなりました。
B班はまず気仙沼市新浜町にある鹿折復幸マートを訪れました。
鹿折復幸マートには、津波の被害にあった飲食店や物販店などが自ら立ち上がり、
仮設店舗として運営されています。
ここへ来れば大抵の日用品が揃い、実物を手にとって安心して買い物ができます。

1軒目に取材をさせていただいたのは「青果ヨシダ」で働かれている吉田久子さん。
僕たちにとっては初めての取材だったのですが、とても気さくで親しみやすい方だったので
逆に緊張を解いていただきました。
DSC_6413のコピー.jpg
具体的にどの場所でどういった被害が起きたのか。地図を使って詳しく教えていただきました。
IMG_8737.2.jpg
遠くからでも通ってくれる昔からの常連さんや新しくこの周辺に移ってこられた方が
お話をしに来てくれるのでなるべくお店を休みしたくない。
そして、それが今の原動力になっているからと、楽しそうに話してくれました。
IMG_8729.2.jpg
IMG_8732のコピー.jpg
IMG_8717のコピー.jpg

2件目も同じく鹿折復興マートにある、「斉新米店」の斉藤悦子さん。
DSC_6430のコピー.jpg
気仙沼でお米を売り続けて60年。
なんといっても宮城のお米といったら、ひとめぼれ!
IMG_8751のコピー.jpg
お仕事の傍ら手芸をされている斉藤さん。
突然お邪魔したのも関わらず、
日々趣味で作られているものを沢山いただきました。
IMG_8744のコピー.jpg
DSC_6436のコピー.jpg

そして、3件目は気仙沼物産・生花を販売している「やおりき」の加藤敬一さん。
IMG_8793.jpg
加藤さんからは現場にいなければ聞けないような震災の被害や
知り合いの方の体験談だけでなく、気仙沼の現状や今後どうなっていってほしいかなど、
色々なお話を聞かせていただきました。
なんと驚くことに加藤さんの娘さんは日本写真芸術専門学校の卒業生だったそうです!
IMG_8783.jpg
忘れずに震災の出来事を発信していきたい。そう強く語っていらしたのが印象的でした。
IMG_8782.2.jpg
IMG_8778.jpg
この復幸マート、10月にオープンしたばかりですがこの地区の地盤の嵩上げが
二年後に予定されているので期限付きの営業になるそうです。
もし鹿折に訪れることがあれば、是非立ち寄ってみてください。

次回は1日目 後半へ!