TOPICSトピックス

公文 健太郎先生 写真展「地が紡ぐ」

(01 月 17 日更新)

本校講師の公文健太郎先生の個展「地が紡ぐ」が、エモン・フォトギャラリーで開催しています。

 

「地が紡ぐ」

会期:1/15(火) 〜2/13(水)

時間:平日/11:00-19:00、土曜/11:00-18:00

休廊日:日・祝祭日

会場:エモン・フォトギャラリー

https://www.emoninc.com/kentarokumonexhibition

————————————————————————————–——————————
・Plofile 
公文 健太郎(くもん けんたろう)
1981年生まれ。写真家 。ルポルタージュ、ポートレートを中心に雑誌、書籍、広告で
幅広く活動。同時に国内外で「人の営みがつくる風景」をテーマに作品を制作。
近年は日本全国の農風景を撮影。2012年日本写真協会新人賞。

 

作品集
『耕す人』(平凡社)
『世界のともだちーネパールー』(偕成社)
『ゴマの洋品店』ネパール・バネパの街から(偕成社)
『だいすきなもの』ネパール・チャウコット村の子どもたち(偕成社)
『BANEPA』ネパール邂逅の街(青弓社)
『大地の花』ネパール人々のくらしと祈り(東方出版)
 
展覧会
2017年7月写真展「英さんのバラ」ピクトリコショップ&ギャラリー
2017年1月写真展耕す人」アイデムフォトギャラリーシリウス
2016年11月-2017年3月写真展「耕す人」Photo Gallery blue hole
2016年8月-10月写真展「耕す人」キヤノンギャラリーS
2014年1月写真展「FÓOTKAT」ハッセルブラッドジャパンギャラリー
2012年12月写真展「March 2011, Rio de Janeiro」ブラジル大使館
2011年12月グループ展「PORTRAIT」EMON PHOTO GALLERY
2011年写真展「ゴマの洋品店」全国キヤノンギャラリー巡回
2011年1月写真展「BANEPA」EMON PHOTO GALLERY
2010年11月写真展「BANEPA」72GALLERY
2009年7月写真展「グラフィッチ」EMON PHOTO GALLERY
2006年11月写真展「大地の花」みなと町神戸メリケン画廊
————————————————————————————–——————————

柳本尚規先生による特別ワークショップを開催しました。

(12 月 30 日更新)

NPIでは、学生の作品を著名な写真家や編集者から講評をして頂く特別ワークショップを実施しています。
昨日は、写真家の柳本尚規先生をお招きし作品レビューを実施しました。

柳本先生は、日本の写真史の転換点と言われる伝説の同人誌「プロヴォーク」の編集に携わり
写真家としての活動のみならず写真評論の世界でもご活躍されてきた方で、長年に渡って
日本の写真界に大きな影響を与えてきた方です。

柳本先生からアドバイスを頂いた彼らの今後の作品がますます楽しみになりました。
柳本先生、ありがとうございました。

 

卒業生 半田安政さんの書籍『”ONE2″』が発売されました。

(12 月 07 日更新)
2004年3月Ⅰ部(昼間部)報道・写真芸術科(現:フォトクリエイティブゼミ)卒業生

半田安政さんの2作目の写真集「”ONE2″」が発売されています。
前作の写真集「ONE」が2013年に出版されてから5年。
2013年から2018年までの5年間総勢24バンドを撮影したライブ写真集です。
躍動感があり、アーティストやその場が持つ熱、音がたくさん感じられる写真です。

写真集はヴィレッジヴァンガード店頭やタワーレコード、showcase-prints.com オンラインショップなどで購入できます。

みなさま、是非、お手にとってご覧ください。

 

 

 

書籍情報

『”ONE2″』

著者:半田安政

発売日:2018年10月3日

販売価格:2,500円(+Tax)

販売数:1,111部(ナンバリングあり)

ページ数:168ページ

【掲載アーティスト】

back number

COUNTRY YARD

Dizzy Sunfist

DRADNATS

dustbox

GOOD4NOTHING

HAWAIIAN6

HEY-SMITH

HOTSQUALL

Ken Yokoyama

locofrank

NAMBA69

Northern19

OVER ARM THROW

RADIOTS

S.M.N.

SHANK

SiM

snatch

SPREAD

STOMPIN’BIRD

tricot

しけもくロッカーズ

松尾昭彦

※A to Z

表紙題字:菊池信也(OVER ARM THROW)

購入特典:MASTER 8 JAPAN 特製“ONE2”ピック封入

販売場所:Showcase Prints(通販)

GOOD4NOTHING通販サイト

ヴィレッジヴァンガード 5店舗
(仙台ロフト店下北沢店イオン上田店アメリカ村店なんばパークス店)

ディスクユニオン店頭・通販

タワーレコード店頭・通販

その他全国各地CDショップ

(店頭での在庫有無は各店舗にお問い合わせください)



卒業生 植本一子さんの書籍『フェルメール』が発売されました。

(更新)

2006年3月Ⅰ部(昼間部)写真科フォトアートコース(現:総合写真研究ゼミ)卒業生 

写真家 植本一子さんの1年ぶりの新作『フェルメール』が発売されました。

 

 

光の魔術師といわれる17世紀オランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの現存する全35作品を取材撮影した鑑賞記『フェルメール』

 

詩集・写真集を手がけるナナロク社と、展覧会企画や図録の出版を行うブルーシープから共同刊行された本誌は、

7ヵ国14都市、17の美術館を巡り、絵画と街、そこに集う人々を写真と文章で記録した「全点踏破」の旅を体験する、新しい美術書です。

 

斜めや正面からのクローズアップで撮り下ろしたフェルメールの写真に加えて、フェルメール作品の展示方法や、来場者の様子、

フェルメール作品を所蔵する美術館の外観を捉えた写真も収録されています。

 

お近くの書店などで、ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 


書籍情報

『フェルメール』

2018年9月25日(火)発売
著者:植本一子
価格:2,160円(税込)
発行:ナナロク社、ブルーシープ

 

 

植本一子

2006年3月Ⅰ部(昼間部)写真科フォトアートコース(現:総合写真研究ゼミ)卒業

1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。

広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中。13年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。

著書に『働けECD わたしの育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』、共著に『ホームシック 生活(2〜3人分)』(ECDとの共著)がある。

卒業生 阿部祐己さんの写真展が『第2回 epSITE Exhibition Award』に選出されました!

(11 月 28 日更新)

卒業生の阿部祐己さんが2018年4月から9月までにエプソンイメージングギャラリー エプサイトで

開催された全6回の公募展から、最も優れた展覧会として阿部祐己写真展「Trace of Mountain」を

選出され、『第2回 epSITE Exhibition Award(エプサイト エキシビション アワード)』として

表彰されました。

 

阿部さん、おめでとうございます!

詳細はこちらから!
https://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/gallery2/eEA/02/comment/

写真集が好評発売中です!
http://abebooks.yu-kiabe.com/products/detail/3

 

 

 

 

 

卒業生 中井菜央さん 写真展「繡」at Roonee 247 fine arts

(11 月 27 日更新)

卒業生で写真家の中井菜央さんが写真展「中井菜央写真展 繡」を日本橋小伝馬町のギャラリー

「Roonee 247 fine arts」にて開催いたします。同名写真集が赤々舎より出版されます。

 

中井菜央 写真展「繡」(しゅう)
 

会期:2018年12月3日(月)~12月9日(日)  

時間:12:0019:00 (最終日は18:00まで) 

会場:Roonee 247 fine arts Room1+2

東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビルB館4F

http://www.akaaka.com/blog/-at-roonee-247-fine-arts.html

村越としや先生 写真展「あめふりから濡れた地面はやがて水たまりに変わるまで」

(更新)

卒業生であり、本校講師の村越としや先生の個展「あめふりから濡れた地面はやがて水たまりに変わるまで」が、

CASE TOKYOで開催されます。

2006年より故郷である福島を撮り続けたシリーズです。

 

「あめふりから濡れた地面はやがて水たまりに変わるまで」

会期:11/24(土) 〜12/8(土)

時間:火〜土/11:00-19:00

休廊日:月・日・祝祭日

会場:CASE TOKYO

http://case-publishing.jp/jp/exhibitions/tokyo

 

 

————————————————————————————–—————————
・Plofile 
村越 としや(むらこし としや)
1980年福島県須賀川市生まれ。2003年に日本写真芸術専門学校を卒業。東京に拠点を
おきながら、2006年以降故郷を被写体に選び、静謐でありながら力強い風景の中に、
そこで過ごした自身の記憶をなぞるように継続的に撮影を行っている。2009年、東京
清澄白河に自主ギャラリー「TAP」を設立。主な個展として、「timelessness」コニカ
ミノルタプラザ(東京、2008年)、「uncertain」新宿ニコンサロン(東京、2009年)
「草をふむ音」福島空港(福島、2012年)、「火の粉は風に舞い上がる」武蔵野市立
吉祥寺美術館(東京、2014年)など。主な受賞歴に、日本写真協会賞新人賞(2011年)
さがみはら写真新人奨励賞(2015年)。東京国立近代美術館、サンフランシスコ近代
美術館に作品が収蔵されている。
————————————————————————————–—————————

卒業生の田凱さんが第19回写真「1_WALL」のグランプリに輝きました!

(10 月 26 日更新)

卒業生の田凱さんが第19回写真「1_WALL」のグランプリに輝きました!!

「1_WALL」展会期中に公開で行う最終審査で、ポートフォリオ、展示、

プレゼンテーションを基にした議論を経てグランプリが決まりました。

田さん、おめでとうございます!

第19回写真「1_WALL」展
会期:9/26(水)~10/19(金)
時間:11:00~19:00(日曜・祝日休館)
会場:ガーディアン・ガーデン
H  P:http://rcc.recruit.co.jp/gg/

2020年春、NPIが生まれ変わります!現在リニューアル進行中!

(01 月 23 日更新)

2020年春の完成にむけて、日本写真芸術専門学校は段階的に学内リニューアル工事を行います。

 

■より学びやすく、より過ごしやすい。制作に没頭できる環境が待っています。

各教室と廊下の仕切りはガラスパーテーションを採用。明るく開放感のある環境になります。

スタジオを全面リニューアル、ライティング環境がさらに整います。また、これからのクリエイティブ環境に対応したPCやタブレット切替可能のアクティブラーニング室も新設します。

 

校舎内の電源環境を整備します。

思ったときに制作出来るスポットが増えます。

 

2階の学生ロビーはライブラリーを併設した落ち着いた雰囲気に。

一人でもお友達とでも、過ごしやすい空間になります。

 

学びやすく、過ごしやすい。学生のみなさんが制作にとことん取り組める環境づくりを目指します。

 

 

■100年に1度の大開発が進行中の渋谷、私たちも生まれ変わります。

渋谷の街は今、100年に一度といわれる再開発が進行中です。

渋谷にある私たち日本写真芸術専門学校も、街の進化とともに生まれ変わります。

工事期間中はご不便をおかけします。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

■リニューアル工事期間(予定)

・2019年1月23日~5月初旬/2019年7月~8月/2020年2月~4月

 

これからも本校へのご支援、ご厚意を賜りますようお願い申しあげます。

 

日本写真芸術専門学校

本校にいらっしゃる皆様へ

(01 月 19 日更新)

現在、日本写真芸術専門学校周辺では各所で工事が行われています。

はじめて本校にいらっしゃる方は驚かれるかもしれません。

本校までの線路沿いの道路は、歩行者用として利用可能ですので、ご安心ください。

しばらく歩くと本校の看板が見えてきます。

本校到着です!

 

さて、この工事ですが、渋谷地区再開発事業のために行われているものです。

 

 

■SHIBUYA +FUN PROJECT
https://shibuyaplusfun.com/

■渋谷再開発・渋谷駅桜丘口地区
https://www.tokyu-land.co.jp/company/challenge/note/note-sakuragaoka.html

上記リンク先では、街の完成予想図が閲覧できますので、ぜひご覧ください!

 

渋谷の街は今、100年に一度といわれる再開発が進行中です!

本校がある桜丘地区は、グローバル対応の生活支援施設やベンチャー育成を図る起業支援施設など、住・働・遊を兼ね備えた施設群が完成予定。

ハードとソフトの両面から渋谷の国際競争力が強化されるそうです。

本校周辺の渋谷区再開発事業期間中は、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

日本写真芸術専門学校 在学生・卒業生・講師 写真展情報【1、2月】

(01 月 18 日更新)

「青写真」
氏 名:フォトフィールドワークゼミ15期生
部・科:I部写真科3年制フォトフィールドワークゼミ1年生
会 期:2019年01月24日(木)-01月29日(火)
会 場:Space Jing  http://spacejing.com/
住 所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-45-5中澤ビルB-1
時 間:12:00~20:00 (最終日15:00まで)
    会期中無休・入場無料

========================================================================

「 濁流のあと」
氏 名:堀川 渉さん 
部・科:I部写真科3年制フォトフィールドワークゼミ3年生
会 期:2019年1月30日(水)-2月3日(日)
    2月2日 (土) 18:00〜20:00 レセプションパーティー (参加無料)
会 場:ピクトリコショップ&ギャラリー表参道  https://www.pictorico.jp/press-release/detail/224/
住 所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F
時 間:11:00-19:00 (日曜日のみ17:00まで) 
料 金:無料 

========================================================================

「 花と海岸を巡る-三浦半島Part2 」
氏 名:松本 立夫 さん 
部 科:2009年3月 I部(昼間部)写真芸術科<現:フォトクリエイティブゼミ>卒業
会 期:2019年1月5日(土)-2月11日(月)
会 場:ギャラリー北鎌倉物語  http://kitakamakura-monogatari.com/
住 所:〒247-0061 神奈川県鎌倉市山ノ内1149-1
時 間:10:00~17:00  定休日 月・火曜日但し 1/14 , 2/11(祝・月)は営業、1/16(水)は代休

========================================================================

「2019 space2*3/TK GALLERY取扱作家小品展」
氏 名:高見 彩花 さん
部・科:I部写真科3年制総合写真研究ゼミ1年生
会 期:2019年01月5日(土)-01月20日(土)
会 場:space2*3  
住 所:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-7-9 西村ビル1F/2F
時 間:12:00~19:00 (最終日17:00まで) 月曜休廊・入場無料

========================================================================

「うつりにけりな」
氏 名:雨宮 美来 さん
部・科:2018年3月 II部(夜間部) コマーシャルフォトゼミ 卒業

東 京
会 期:2019年02月07日(木)-02月13日(水)
会 場:CANON GALLERY 銀座  https://cweb.canon.jp/gallery/schedule/ginza.html
住 所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-9-7
時 間:10:30~18:30 (最終日15:00まで) 日・祝休館・入場無料

名古屋
会 期:2019年02月21日(木)-02月27日(水)
会 場:CANON GALLERY 名古屋  https://cweb.canon.jp/gallery/schedule/nagoya.html
住 所:〒460-8532 愛知県名古屋市中区錦 1-11-11 名古屋インターシティ 1F
時 間:10:00~18:00 (最終日15:00まで) 日・祝休館・入場無料

========================================================================

「 What is Music? 」
氏 名:萩原 光 さん 
部・科:I部写真科3年制総合写真研究ゼミ2年生
会 期:2019年2月26日(火)-3月3日(日)
会 場:studio coote galliry  http://yocto.webcrow.jp
住 所:〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-5-18
時 間:12:00-17:00 
料 金:無料 

========================================================================

「 視線を結ぶ 」
氏 名:神田 開主 さん 
部 科:2010年3月 I部(昼間部) フォトアートゼミ卒業
会 期:2019年2月15日(金)-2月28日(木)
会 場:ギャラリー「epSITE」  https://www.epson.jp/katsuyou/photo/taiken/epsite/event/gallery2/18/
住 所:〒163-0401 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
時 間:10:30~18:00 (最終日14:00まで) 定休日 日曜日

========================================================================

「 Σ-枯れない街III- 」
氏 名:喜多 研一 さん 
部 科:2015年3月 II部(夜間部) ドキュメンタリーフォトゼミ 卒業 
会 期:2019年2月9日(土)-2月15日(金)
会 場:ギャラリーヨクト  http://yocto.webcrow.jp
住 所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-10 ユニヴェールビル102
時 間:13:00-19:00 (最終日15:00まで)
料 金:無料 

========================================================================

「 山中湖・忍野・浅春の旅 」
氏 名:松本 立夫 さん 
部 科:2009年3月 I部(昼間部)写真芸術科<現:フォトクリエイティブゼミ>卒業
会 期:2019年2月14日(木)-3月17日(日)
会 場:ギャラリー北鎌倉物語  http://kitakamakura-monogatari.com/
住 所:〒247-0061 神奈川県鎌倉市山ノ内1149-1
時 間:10:00~17:00  定休日 月・火曜日

========================================================================

「    」
氏 名:総合写真研究ゼミ1年生
部・科:I部写真科3年制総合写真研究ゼミ1年生
会 期:第 I期 2019年02月08日(金)-02月13日(水)
    第II期 2019年02月14日(木)-02月19日(火)
会 場:Space Jing  http://spacejing.com/
住 所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-45-5中澤ビルB-1
時 間:12:00~20:00 (最終日15:00まで)
    会期中無休・入場無料

========================================================================

「 Bhutan 」
氏 名:鈴木 理恵子 さん 
部 科:2004年3月I部(昼間部) 報道写真科(ドキュメンタリーフォト)ゼミ 卒業 
会 期:2019年2月9日(土)-2月15日(金)
会 場:ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道 GALLERY1 
     https://www.pictorico.jp/press-release/detail/411/
住 所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F
時 間:11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
料 金:無料 

========================================================================

「 第一回集団展示 黄色の箱庭 」
氏 名:鈴木 柚子 さん
部・科:I部写真科1年生
会 期:2019年02月08日(金)-02月11日(月)
会 場:四谷三丁目 ランプ坂ギャラリー
住 所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-20 CCAAアートプラザ

時 間:2/ 8 14:00~18:00
    2/ 9 10:00~18:00
    2/10 10:00~18:00
    2/11 10:00~16:00
       入場無料

========================================================================

「 Around LAKE TOWN 4 」
氏 名:山崎 博義 先生 (本校講師)
会 期:2019年2月20日(水)-2月28日(木)
会 場:ギャラリーヨクト  http://yocto.webcrow.jp
住 所:〒160-0004 東京都新宿区四谷4-10 ユニヴェールビル102
時 間:13:00-19:00 会期中休みなし(28日は17:00まで)
料 金:無料 

 

【キャリアイベント】株式会社ラブグラフのフォトグラファー登録会を実施しました。

(01 月 15 日更新)

ラブグラフは、カップルや家族だけでは残せない想い出を写真で残す、出張フォト撮影サービス。

今回、学内にてフォトグラファー登録会を実施しました。

 

ラブグラフの特徴と捉えがちな

「キラキラしていて、温かみのある写真が撮れないとダメ」ということではなく、

依頼主であるゲストが求めているものを写真で表現することを大切にされていることや、

フォトグラファーとして参加するにあたって、共有認識としているラブグラフのモットーや

目指すものを分かりやすい例えでご説明をいただきました。

説明会後には、学生が持参した写真を元にヒアリングを実施し、

詳細な選考ステップのご説明を個別にいただきました。

参加した学生からは、

「私も写真で感動させたいと思いました」

「とても共感できるポイントが多かったので参加できて良かったです」

「会社のビジョンや指針が分かりやすかったです」

といった声が寄せられました。

株式会社ラブグラフ、秋岡様ありがとうございました!

 

日本写真芸術専門学校のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路やポートフォリオと向き合う時間となるよう

よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/support.html

2019年1月7日(月)より、本校までのアクセスが一部変更になりました。

(01 月 09 日更新)

2019年1月7日(月)より、渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業に伴い、渋谷駅から本校までの一部道路が通行止めとなりました。
https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kankyo/douro_kasen/sakuragaoka_2018.html

本校までの線路沿いの道路は歩行者用として利用可能です。

 

本校周辺の渋谷区再開発事業期間中は、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

また工事の進行状況により随時通路が変更になる可能性がございます。

詳細はこちらよりご確認ください。

あけましておめでとうございます!

(01 月 04 日更新)

新年あけましておめでとうございます!

(本校フォトフィールドワークゼミ 3年生の作品)

 

2019年が始まりました。

今年は平成が終わり、新しい元号へと変わりますね。

日本写真芸術専門学校にとっても、さまざまな変化を迎える年となることでしょう。

 

本校では2019年も数多くの企画・イベントを通じ、教育方針『Real Education.』を実践していきます。

皆さんはどんな1年にしたいですか?

今年も素敵な年になりますよう、応援しています!

【キャリアイベント】日本ビジネスアート株式会社によるワークショップを行いました。

(12 月 27 日更新)

日本写真芸術専門学校では、キャリアに関するフォローアップ講座を定期的に実施しています。

今回は日本ビジネスアート株式会社の中西様と杉村様にお越しいただき、
『10年後の自分のビジョン』をテーマに講義とワークショップを行いました。

日本ビジネスアート株式会社は、クライアントを大手企業に特化し、
企業活動すべてに関わる“コミュニケーション領域”を支援している企業です。

日本ビジネスアート株式会社HP:https://www.jbakk.co.jp/

日本ビジネスアート株式会社所属のフォトグラファー中西様から、学校卒業から現在にいたるまでの経験を惜しみなくお話いただきました。

「今は好きなことでしか仕事をしていない」と中西様。

その仕事の進め方、考え方について、お話をいただきました。

後半はワークショップ形式で進行しました。

『写真を撮るモチベーションってなんだろう』
という問いから、10年後の自分の具体的なイメージをどんどん膨らませていきます。

・写真で関わっていく問題点とは
・写真とテクノロジーはどんな進化をするか
・企業がどのような課題解決しているのか

そのような観点からもワークを進めていきました。

 

自分にしかできないことって何でしょうか。
仕事は何のためにやるのでしょうか。

そんな仕事の本質を探るようなワークショップでした。

「お客様の世界観を表現できるフォトグラファーがもっと増えたらいい」
という中西様の言葉が印象的でした。

学生からは
「中西先生の熱がすごかった!もっと早く紹介してほしかった」
「過去・現在・未来ほぼ全ての時間をヒントにし、これからの人生について考えさせられる時間だった」
といった声があがりました。

日本ビジネスアート株式会社の中西様と杉村様、
貴重なお話をありがとうございました!

 

日本写真芸術専門学校のキャリア教育は自身を考えるきっかけの場をつくります

本校のキャリア教育では学生と企業が出会うきっかけ作りを行っています。

そのきっかけの中で、進路やポートフォリオと向き合う時間となるよう

よりよいキャリア支援を今後も継続的に行います。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/support.html

年末年始休館期間のお知らせ

(12 月 26 日更新)

下記の期間、休館期間とさせて頂きます。

 

【年末年始休館日】

2018年12月29日(土)~2018年1月3日(木)

○下記日程は開校時間を9:00~17:30とさせていただきます。

2018年12月28日(金)

 

【資料請求・お問い合わせについて】

資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。

ただし、2018年12月28日(金)13:00以降の資料請求・インターネットでのお問い合わせにつきましては、2019年1月4日(金)以降に順次対応させていただきます。

 

【お電話での受付について】

休館期間中は事務局が不在となります。

お電話での受付もお休みとさせていただきますのご注意ください。

 

2019年も日本写真芸術専門学校をよろしくお願い申し上げます。

1 / 4712345...102030...最後 »
2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |