TOPICSトピックス

【サークル】SHATOのメンバーが「家族の絆展」に撮影スタッフとして参加しました。

(07 月 13 日更新)

サークルSHATOのメンバーが7月13日(土)に開催されました「家族の絆展」でのイベント「チャリティ撮影会」に撮影スタッフとして参加しました。

「家族の絆展」とは、多くの家族写真を撮影している写真館で働くプロのフォトグラファーたちによる家族の絆をテーマとした企画。
近年多く耳にする、嫌な事件や胸が痛む悲しいニュース。ほんのちょっとの家族愛や人間愛・人と人との絆があったらそんなに酷いことにまではならなかったのではという想いから、写真を通して何か社会や子供たちにできることはないかと、企画されました。

公式ホームページ→http://kanto-pgc.com/kizuna/pctop.html

 

 

 

今日は1年生2人が参加しました。

会場には、本校卒業生も参加しており、交流を深める事ができました。

 

緊張しているご家族の良い表情を引き出すため、

おもちゃや呼び掛けで撮影を盛り上げます。

お客様が良い表情になったところを

プロのフォトグラファーがシャッターをきっていきます。

 

 

学生たちもフォトグラファーとしてお客様の写真を撮影してきます。

 

 

チェックを受け、いいね!のひとことにほっとする学生たち

 

5分ほどの限られた時間で最高の1枚を撮影しないといけないというところが、学校の課題との違い。

 

この「チャリティ撮影会」は、7/15まで学生が撮影スタッフとして参加いたします。

ぜひ足をお運びください。

 

尚、同時開催にて富士フイルムの「50,000人の写真展」を開催しています。

http://photo-is.jp/

【上位賞はプロから講評がもらえる】高校生フォトグランプリに応募しよう!

(07 月 05 日更新)

現在、「高校生フォトグランプリ」の作品募集受付中です!

 

応募するとどんなメリットがあるのかを、全3回に渡って紹介する企画。

今回は、第2回目です。

 

前回の記事はこちら↓

【豪華副賞あり】高校生フォトグランプリに応募しよう!

 

●メリットその2

 

上位賞はプロからコメントがもらえる!

 

上位賞に入選した作品は、プロのカメラマンや写真家の先生から講評をもらえます。

たとえば、構図・テーマなどについて、あなたの作品をもっと魅力的にするためのアドバイスが盛りだくさん!

 

ふだん自分で写真を撮影する人でも、プロに作品を見てもらうことってなかなか無いですよね。

「もっと上手くなりたい」と思っている人こそ、今が応募のチャンスです!

 

「応募してみたい!」と思った人はリンク先にて詳細をご覧下さい。

https://npi.ac.jp/photograndprix/index.html

 

自分の作品を絶対講評してもらいたい!という人は

体験授業でも講評を行っています。

 

写真家から学ぶ!作品レビュー講 8/3(土)・9/8(日)
高校生・留学生フォトグランプリ対策講座 7/28(日)

詳しくは、リンク先でご確認ください。

https://www.npi.ac.jp/opencampus/

 

高校生フォトグランプリinstagramアカウント開設中!

過去作品を紹介していきます。

https://instagram.com/photo_gp06?igshid=1mjd5jhyc3kgc

!SNS賞募集中!————————————————

instagramで、SNS賞に応募しよう!

SNS賞にも豪華副賞をご用意します!続報をお楽しみに。

応募方法はこちら↓

View this post on Instagram

【SNS部門新設!】 第6回高校生フォトグランプリ Instagramでハッシュタグ「#第6回高校生フォトグランプリ応募作品」を付けて、あなたの写真を投稿しよう! ・テーマは自由です。 ・他コンテスト等での受賞作品は不可。 ・人物が写った写真の場合、写っている方(被写体の方)の肖像権は、撮影した方が確認をとってご応募下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【応募方法】 1:まずは本アカウントをフォローして下さい。 2:「#第6回高校生フォトグランプリ応募作品」と「作品タイトル」を付けて投稿! 3:メッセージで投稿した旨を本アカウントに送って下さい。※必ず作品タイトルを記載して下さい。 4:リグラムされるのをお待ち下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【応募締切】 2019年9月2日(月) 【受賞者発表】 2019年9月28日(土) 【受賞者特典】 ・豪華副賞あり! ・学園祭〈9月28日(土)9月29日(日)〉にて展示および学校ホームページにて発表 ・授賞式にて表彰 日時:2019年10月26日(土)予定 会場:日本写真芸術専門学校 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【お問い合わせ】 日本写真芸術専門学校 高校生フォトグランプリ事務局 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-16 TEL:03-3770-5585 Mail:npi.info@ndg.ac.jp URL:https://npi.ac.jp ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 皆さまのご応募、お待ちしております!

A post shared by 第6回高校生フォトグランプリ2019 (@photo_gp06) on

————————————————————————

次回も、高校生フォトグランプリに応募するメリットをご紹介していきます!

【キャリアイベント】3社スタジオ見学会を実施しました

(07 月 04 日更新)

日本写真芸術専門学校では卒業年度生に対して、

キャリアセンター主催によるキャリアガイダンス講座を実施しています。

同講座では、定期的に企業様をお招き、または会社見学・訪問を実施し、

会社紹介や業界動向などをうかがって企業研究をしています。

 

今回は、3社のスタジオに分かれてスタジオ見学会&会社説明会を実施しました。

 

・有限会社ギアハウス(スタジオギア

・光文社サービス株式会社(光文社写真スタジオ

・株式会社 リオクリエイティブ(集英社スタジオ

  

各スタジオの特徴・強み、働き方などお話いただくなか、実際に働いているスタッフからの説明や

当校卒業生との交流などもあり、学生は働くイメージを膨らませているようでした。

はじめは緊張していた学生も終盤にかけて積極的に質問する姿が見受けられました。

 

学生からは

「初めて会社訪問をしたが説明会よりためになるものがありました」

「スタジオや社員さんの雰囲気がとてもよく、受けることを視野に入れて頑張りたいと思いました」

「スタジオは想像では厳しく、張り詰めた空気だと思っていたけど、

 先輩方が緊張をほぐすコミュニケーションの取り方をされていて、

 円滑な人間関係を築いている良い会社なのだろうなと感じました」

といった声が寄せられました。

 

有限会社ギアハウスさま、光文社サービス株式会社さま、株式会社リオクリエイティブさま

ありがとうございました。

 

日本写真芸術専門学校キャリアセンターの取り組み

日本写真芸術専門学校のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる

役割を目指しています。本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、学生と企業が出会える機会などを設けています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/

【学内イベント】 ハービー・山口先生による特別ワークショップを開催しました。

(07 月 02 日更新)

写真科1年生に向けてハービー・山口先生による特別ワークショップを開催しました。

 

70年代イギリスのパンクロックやニュー・ウェーヴからBOOWY・桑田佳祐・福山雅治、エレファントカシマシなど日本のミュージシャンの一瞬を切り取り続けてきた写真家ハービー・山口先生。

写真に興味をもち、写真部へ入部した中学生の頃から23歳で渡英して写真家になるまでのお話をお伺いしました。1年生は、写真家からお話を聞く機会が初めての学生も多く、真剣に先生のお話に耳を傾けていました。

 

 

スライドショーで作品を見ながら、撮影エピソードを伺いました。中でも、偶然電車に乗り合わせたザ・クラッシュのジョー・ストラマーの写真を撮影された際のエピソードは深く心に残りました。

 

これから写真を仕事にしたいと考えている学生にとって、有意義な講座となりました。

講座終了後には、熱心な学生たちが先生を囲んで質問タイム。 

快く1人1人の質問に丁寧に答えてくださいました。

 

ハービー・山口先生ありがとうございました。

卒業生 田凱さん 写真展 “生きてそこにいて”がガーディアン・ガーデンで開催!

(06 月 30 日更新)

卒業生であり本校講師も務める 田凱さんの写真展 “生きてそこにいて”が、ガーディアン・ガーデンで

開催されます。昨年、田さんが受賞された「1_WALL」のグランプリは、受賞より一年後に

ガーディアン・ガーデンにて個展を開催する機会が与えられます。

受賞より一年、田さんの作品がどのように発表されるのか、今から楽しみです!

田凱さん写真展

生きてそこにいて 

会 期:2019年7月23日(火)-8月24日(土)

会 場:ガーディアン・ガーデン

住 所:東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F

時 間:11:00-19:00 

休 館:日曜、8月10日(土)〜8月18日(日)

http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/19ph_dengai/19ph_dengai.html

日本写真芸術専門学校 在学生・卒業生・講師 写真展情報【7月】

(06 月 29 日更新)


「 Good as Been to You Pt.1 」

氏 名:本校講師 田 凱 先生
会 期:2019年7月9日(火)-7月21日(日)
会 場:TOTEM POLE PHOTO GALLERY  http://tppg.jp
住 所:〒160-0004 東京都新宿区四谷四丁目22 第二富士川ビル1F
時 間:12:00~19:00 休廊日 月曜日 
料 金:入場無料 

——–


「 生きて そこにいて 」

氏 名:本校講師 田 凱 先生
会 期:2019年7月23日(火)-8月24日(土)
会 場:ガーディアンガーデン  http://rcc.recruit.co.jp/gg/
住 所:〒104-8227 東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
時 間:11:00~19:00
    日曜・祝日休館 8/10(土)〜8/18(日)は夏季休館になります。
料 金:入場無料 

トークイベント
「人はみな孤島であろう」沢山遼×田凱
2019年7月31日(水)  19:10~20:40

美術批評家の沢山遼さんとのトークイベントが行われます。
参加無料・要予約

予約は以下からお申し込みください。
http://rcc.recruit.co.jp/gg/related_post/event/20190510_35342.html

——–
 

「 視線を結ぶ<あめつち> 」

氏 名:神田 開主 さん
部 科:2010年3月 I部(昼間部) フォトアートゼミ卒業
会 期:2019年6月25日(火)-7月7日(日)
会 場:TAP Gallery  http://tapgallery.jp
住 所:〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8
時 間:12:00~19:00 月曜休館
料 金:入場無料 

——–

「 梅雨から盛夏へ、夏の花たちPart5〜箱根湿性花園〜 」

氏 名:松本 立夫 さん
部 科:2009年3月I部(昼間部) 2年制写真芸術科(現:クリエイティブフォトゼミ) 卒業 
会 期:2019年7月3日(水)-8月4日(日)
会 場:ギャラリー北鎌倉物語  http://kitakamakura-monogatari.com/
住 所:〒247-0061 神奈川県鎌倉市山ノ内1149-1
時 間:10:00~17:00 月・火曜日定休日 
    7/15(月・祝)は営業7/17(水)は代休となります。
電 話:0467-67-3316

カフェ営業をしています。

——–

「 第72回公募展 鉄道-四季景色 」

氏 名:伊藤 純一 さん
部 科:1992年3月I部(昼間部) 2年制肖像写真科(現:ファッションポートレートゼミ) 卒業 
会 期:2019年7月6日(土)-7月14日(日)
会 場:ぎゃらりー Knulp  http://gallery-knulp.biz/
住 所:〒113-0022 東京都文京区千駄木3-43-10トウトクビル2階
時 間:11:00~19:00 (最終日は17時まで)会期中無休
料 金:入場無料 

【キャリアイベント】「コマーシャル・フォトグラファーについて」、「ポートフォリオ講座」を実施しました。

(06 月 26 日更新)

今回のフォローアップ講座は「コマーシャル・フォトグラファーについて」と

「ポートフォリオ講座」の2本立て。

 

前半の講義は、コマーシャル・フォト編集部 編集長上松様よりご講義をいただきました。

コマーシャル・フォトは、1940年創刊以来、フォトグラファーや広告クリエイターを

始めとするプロ・アマチュアのフォトグラファーへ向けたクリエイティブ専門誌になります。

 

「コマーシャル・フォトグラファーの仕事」として、プロの写真家としての仕事やジャンルについて、

「人を撮る」「物を撮る」という切り口からコマーシャルフォトのジャンルを分けて、

内容や写真に求められることについてご説明いただきました。

 

また、撮影のジャンルや規模などによって様々なパターンがあるプロの現場を

雑誌、広告、ブツの撮影に分けてご説明いただきました。

その際に、撮影の具体的内容やフォトグラファーに求められることなど詳細に渡ってお話いただきながら、

プロとして活躍されているフォトグラファーの仕事のビジュアルを見せていただきました。

ビジュアルは圧倒されますし、イメージがつきやすく学生の理解も深まったと思います。

 

出てきたビジュアルの工夫やフォトグラファーのこだわりを

裏話としてお話いただけたのは名だたるフォトグラファーや

数々の現場を知っているコマーシャル・フォト編集部だからこそですね。

続いて、「コマーシャル・フォトグラファーへの道のり」として、

卒業後、プロになるまでの複数のパターンやこれからのフォトグラファーに

求められるもについてお話いただきました。

質疑応答では、写真の表現方法やポートフォリオのサイズについて質問が上がりました。

後半は株式会社コスモスインターナショナル 代表取締役 新山様にもご登壇いただき、

「写真を人に見せるポートフォリオブックを作ろう」をお話いただきました。

コスモスインターナショナル様は、ポートフォリオブックと厳選された写真用品を扱っている企業。

オーダーメイドのポートフォリオの制作も手掛けられていて、

プロの写真家やヘアメイク、スタイリスト、イラストレーターにも愛用されています。

 

「写真を人に見せる方法」や「ポートフォリオブックとは何か」では就活・営業のためのブック作り、

特徴を踏まえた上で、ポートフォリオブックのメリット、最近の傾向をお二人にお話いただきました。

ポートフォリオブックのサイズや材質についての細かい言及もありました。

フォトグラファーのポートフォリオもスライドでご紹介いただきました。

講義後にポートフォリオの見学、ならびに希望者のポートフォリオレビューをいただきました。

学生からの感想は、

「コマーシャル・フォトの読者としてお話が聞けてとても嬉しかったです」
「この写真はどのように撮っているかと聞かれたときに色々と考えながら講義を受けることができたので

非常に良かったです。自分の中でもアイディアが広がったと思います」
「ファッション系の仕事をしたいと思っているので詳しい話を聞けて良かったです。」 
 「生の現場の声が知れて非常に勉強になりました」
 「自分がどんな写真を撮っていきたいのか分かった気がしました」
 
 続いてのポートフォリオに関しても、
「作り方を迷っていたポートフォリオのことについて教えていただけてタメになりました」
「ポートフォリオについて迷っていたことがあったので具体的にどんなものが求められるか聞くことができて良かったです」
「ポートフォリオの作り方は色々あると知ったので挑戦してみたいです」
 といった声が寄せられました。

株式会社玄光社 コマーシャル・フォト編集部 編集長 上松様、

株式会社コスモスインターナショナル 代表取締役 新山様ありがとうございました!

 

日本写真芸術専門学校キャリアセンターの取り組み

日本写真芸術専門学校のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる

役割を目指しています。本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、学生と企業が出会える機会などを設けています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/

 

 

 

【キャリアイベント】株式会社博報堂プロダクツスタジオ見学会を実施しました。

(更新)

先日、説明会にお越しいただいた株式会社博報堂プロダクツへスタジオ見学を実施しました。

玄関近くの壁には現役フォトグラファーの展示がされています。

今月は、池田献児さん「Lock up Vitality」でした。

まず、機材室やスタジオならびにオフィス見学をさせていただきました。

たくさんの機材が並んでいます。

続いて、現役フォトグラファーのポートフォリオ見学。

所属されている23名のフォトグラファーのポートフォリオが一堂に会し、圧巻です!

こんなにたくさんのプロのポートフォリオを見る機会も多くないので、またとないチャンスですね。

また、先着でポートフォリオの講評もいただきました。

最後に現役フォトグラファー、アシスタントフォトグラファーに質疑応答のお時間をいただきました。

フォトグラファーの高橋様からは、

働く責任の重さ、広告写真という仕事の醍醐味などプロのフォトグラファーとして

仕事に対する想いについてお話いただき、広告写真のプロフェッショナルとしての心意気を感じました。

 

他にも、求められている人物像など具体的な質問の他に、

アシスタントフォトグラファーである吉野様、大前様への質問もあり、会場は盛り上がりました。

学生からは、

「仕事に対する思いなどを聞けて良かったです」

「プロのフォトグラファーの方のポートフォリオが見れてとても良かったです」

「このままではまずい!と思ったので、もっと写真を勉強します」

といった感想が寄せられました。

 

株式会社博報堂プロダクツ様、ありがとうございました!

 

日本写真芸術専門学校キャリアセンターの取り組み

日本写真芸術専門学校のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる

役割を目指しています。本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、学生と企業が出会える機会などを設けています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/

 

 

卒業生 植本一子さんの著書『台風一過』が発売されました。

(06 月 24 日更新)

2006年3月Ⅰ部(昼間部)写真科フォトアートコース(現:総合写真研究ゼミ)卒業 

写真家 植本一子さんの新作『台風一過』が発売されました。

お近くの書店などで、ぜひお手に取ってご覧ください。

書籍情報

『台風一過』

壮絶なる闘病生活の果に、夫にしてラッパーのECDが亡くなった。激変していく毎日の暮らしのなかで、今もなお家族のなかに生き続ける夫の姿とは? 気鋭の写真家が記録した、新しい家族の形。

自分自身として生きること、
自分たちの家族をつくること――。
気鋭の写真家が模索した鮮烈なるドキュメント。

 

 

 

 

 

植本一子

2006年3月Ⅰ部(昼間部)写真科フォトアートコース(現:総合写真研究ゼミ)卒業

1984年、広島県生まれ。2003年、キヤノン写真新世紀で荒木経惟氏より優秀賞を受賞し写真家としてのキャリアをスタートさせる。

広告、雑誌、CDジャケット、PV等幅広く活動中。13年より下北沢に自然光を使った写真館「天然スタジオ」を立ち上げ、一般家庭の記念撮影をライフワークとしている。

著書に『働けECD わたしの育児混沌記』『かなわない』『家族最後の日』、共著に『ホームシック 生活(2〜3人分)』(ECDとの共著)がある。

【豪華副賞あり】高校生フォトグランプリに応募しよう!

(06 月 21 日更新)

現在、「高校生フォトグランプリ」の作品募集受付中です!

 

応募するとどんなメリットがあるのかを紹介していきます。

 

●メリットその1

 

上位入賞者には豪華副賞あり!

 

副賞として、オリンパス社ミラーレス一眼カメラをご用意しています。

 

「応募してみたい!」と思った人はリンク先にて詳細をご覧下さい。

https://npi.ac.jp/photograndprix/index.html

 

高校生フォトグランプリinstagramアカウント開設中!

過去作品を紹介していきます。

https://instagram.com/photo_gp06?igshid=1mjd5jhyc3kgc

 

!SNS賞募集中!————————————————

instagramで、SNS賞に応募しよう!

SNS賞にも豪華副賞をご用意します!続報をお楽しみに。

応募方法はこちら↓

View this post on Instagram

【SNS部門新設!】 第6回高校生フォトグランプリ Instagramでハッシュタグ「#第6回高校生フォトグランプリ応募作品」を付けて、あなたの写真を投稿しよう! ・テーマは自由です。 ・他コンテスト等での受賞作品は不可。 ・人物が写った写真の場合、写っている方(被写体の方)の肖像権は、撮影した方が確認をとってご応募下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【応募方法】 1:まずは本アカウントをフォローして下さい。 2:「#第6回高校生フォトグランプリ応募作品」と「作品タイトル」を付けて投稿! 3:メッセージで投稿した旨を本アカウントに送って下さい。※必ず作品タイトルを記載して下さい。 4:リグラムされるのをお待ち下さい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【応募締切】 2019年9月2日(月) 【受賞者発表】 2019年9月28日(土) 【受賞者特典】 ・豪華副賞あり! ・学園祭〈9月28日(土)9月29日(日)〉にて展示および学校ホームページにて発表 ・授賞式にて表彰 日時:2019年10月26日(土)予定 会場:日本写真芸術専門学校 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【お問い合わせ】 日本写真芸術専門学校 高校生フォトグランプリ事務局 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町4-16 TEL:03-3770-5585 Mail:npi.info@ndg.ac.jp URL:https://npi.ac.jp ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 皆さまのご応募、お待ちしております!

A post shared by 第6回高校生フォトグランプリ2019 (@photo_gp06) on

————————————————————————

次回も、高校生フォトグランプリに応募するメリットをご紹介していきます!

1 / 5212345...102030...最後 »
2019年7月 | 2019年6月 | 2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |