TOPICSトピックス

卒業生の田凱さんが第19回写真「1_WALL」のグランプリに輝きました!

(10 月 26 日更新)

卒業生の田凱さんが第19回写真「1_WALL」のグランプリに輝きました!!

「1_WALL」展会期中に公開で行う最終審査で、ポートフォリオ、展示、

プレゼンテーションを基にした議論を経てグランプリが決まりました。

田さん、おめでとうございます!

第19回写真「1_WALL」展
会期:9/26(水)~10/19(金)
時間:11:00~19:00(日曜・祝日休館)
会場:ガーディアン・ガーデン
H  P:http://rcc.recruit.co.jp/gg/

「ピクトリコ フォトコンテスト 2018-2019」受賞情報

(05 月 12 日更新)
本校在学生が応募した作品が「ピクトリコ フォトコンテスト 2018-2019」(主催:株式会社ピクトリコ)において学生部門グランプリ・準グランプリを受賞しました。
入選も1名おり、計3名の学生が賞をいただきました。
 
同賞は、多くの写真家から支持をされている写真用インクジェット用紙をリリースしているピクトリコが、インクジェットプリンターでプリントされた作品を対象にしたフォトコンテスト。
 
 グランプリ
 
鈴木 竣也  「TOKYO 2020-1964」
Ⅰ部(昼間部)写真科フォトフィールドワークゼミ2年生
(Middleton Grange School Senior College出身)
 
 
 
 準グランプリ
 
萩原 光  「わたがし」
Ⅰ部(昼間部)写真科総合写真研究ゼミ3年生
(神奈川県立橋本高等学校出身)
 
 
 入選
 
ソ ミンジョン  「生きている」
Ⅰ部(昼間部)写真科フォトクリエイティブゼミ2年生
(韓国出身)
 
尚、受賞作品展にて展示されますのでぜひお立ち寄りくださいませ。
—————————————————————————————–
ピクトリコフォトコンテスト2018-2019受賞作品展
 

会期:2019年5月31日(金)〜6月2日(日)(受賞作品の全点を3日間展示)

時間:11:00~19:00(最終日は17:00まで)

場所:3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田3331)
〒101-0021東京都千代田区外神田6丁目11-14

—————————————————————————————–

【キャリアイベント】フォローアップ講座を行いました。

(05 月 10 日更新)

日本写真芸術専門学校では卒業年度生に対して、自分のキャリアを考えるための「フォローアップ講座」を実施しています。

 

本日の授業は3部構成。

 

まずは、「 就職レディネス・チェック(RCC)」を行いました。

RCCとは学生の皆さんの就職活動状況を理解するためのツール。

学生が、自分の就職活動への取り組み状況(準備度)を客観的に点検でき、5つのポイントから自分の現状を見つめなおすことができます。

今を数値化することで、モチベーションアップにつながったり、具体的な行動計画をたてたりと、学生のみなさんの今後の活動につながります。

 

次に業界研究です。

業界研究をおろそかにしていると、志望理由や自己PRでとまってしまうことが多いもの。

業種や職種の違いからはじまり、業界研究の仕方などを学びました。

 

最後は履歴書講座です。

 

 

これから応募書類を制作するにあたり、基本かつ重要なポイントをわかりやすく説明いただきました。

効果的な話し方や文章構成のコツとして、PREP法についてもワークで学びました。

 

学生からは

「真剣に考える機会になった」

「就職活動していく上で基本を知ることはとても大切だし、いろいろな方のお話を聞くことが自分の力になっていくと思いました」

「業界研究の話が今の自分にとって一番必要な情報だったので、これをもとにこれからいろいろと調べていきます」

といった声があがりました。

 

東京新卒応援ハローワークの加藤様、ゲスト講師ありがとうございました!

 

日本写真芸術専門学校のキャリア支援は学生と企業をつなぐ「架け橋」となる役割を目指しています。

本校では学生のためによりよいキャリア支援を目指しています。

その一つとして、企業と学生が出会える機会や支援の機会を設けています。

キャリア支援の詳しい取り組みはこちらをご覧ください。

https://npi.ac.jp/employment/support.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5/12(日)は、校舎リニューアル後はじめての体験授業!

(05 月 07 日更新)

5/12(日)は日本写真芸術専門学校のオープンキャンパス。

日本写真芸術専門学校は、今年のGW明けに校舎が一部リニューアルしたばかりです!

 

ガラス張りの開放感あふれる教室や、長時間座っても疲れないイスなど、最先端のキレイな設備が充実。

 

 

新しくなったばかりの校舎で、オープンキャンパスに参加してみませんか?

ご予約はこちらから↓

https://www.npi.ac.jp/opencampus/

 

次回参加できないという方も、オープンキャンパスは毎月数回開催しています。

もちろん、今後のオープンキャンパスでも新しい教室を使用するので

ぜひ見に来てくださいね!

GW休館期間のお知らせ

(04 月 30 日更新)

 

下記の期間、休館とさせて頂きます。 

 

【休館日】 201951()201956(月祝

 

学校見学・個別相談に関して

学校見学・個別相談に関しましては上記の期間中はご対応ができなくなってしまいますので予めご了承ください。

 

体験入学のお申し込み・資料請求・お問い合わせについて 

体験入学のお申し込み・資料請求・インターネットでのお問い合わせは随時受け付けております。

ただし、上記期間中のお問い合わせにつきましては、

201957()以降に順次対応させていただきます。 

 

電話対応について 

休館期間中は事務局が不在となりますので、電話対応をお休みとさせていただきます。 

【新聞掲載】卒業生・藤居敏子さん

(04 月 26 日更新)

認知症の母を撮り続ける写真家として、夜間部写真科卒業生・藤居敏子さんが朝日新聞埼玉版にて紹介されました。

藤居さんは、2014年に本校夜間部フォトクリエイティブゼミを卒業。同じ時期に、お母様がアルツハイマー型認知症と診断されます。

認知症が進行するにつれて変わってしまう母親。現実を受け入れられない藤居さんでしたが、「今撮っておかないと後悔する」と、お母様を撮り続けるうち、気持ちが少しずつ落ち着いていったとのことです。

藤居さんの作品はこちら。
http://toshikofujii.strikingly.com/

お母様の日常を記録した作品「春の月」は、若手写真家に発表の場を提供するアイデムフォトギャラリー「シリウス」にて、2019年3月14日〜20日まで展示されました。

掲載記事はこちら。ぜひご覧下さい。

 

日本写真芸術専門学校 在学生・卒業生・講師 写真展情報【5月】

(更新)

「 Post urban 」

氏 名: 藤林 彩名 さん 
部 科:2017年3月I部(昼間部) 3年制フォトフィールドワークゼミ 卒業 
会 期:2019年5月14日(火)-5月26日(日)
会 場:TAP Gallery  http://tapgallery.jp
住 所:〒135-0022 東京都江東区三好3-2-8
時 間:12:00~19:00 月曜休館
料 金:入場無料 

—-

「 GELATIN SILVER SESSION FUJIFILM ACROS × 39 Photographers」

氏 名:村越 としや:本校講師
    田尾 沙織 さん 2002年3月  I部(昼間部) 写真芸術科 卒業
    広川 智基 さん 2001年3月 II部(夜間部)広告・肖像写真科 卒業
会 期:2019年4月26日(金)-5月9日(木)
会 場:富士フイルムフォトサロン 東京 https://www.fujifilm.co.jp/photosalon/
住 所:〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番地3号
時 間:10:00~19:00 (入館は18:50まで) 無休
料 金:入館無料 

同時開催

「 The 10th Gelatin Silver Session 2019 」

氏 名:村越 としや:本校講師
    田尾 沙織 さん 2002年3月  I部(昼間部) 写真芸術科 卒業
    広川 智基 さん 2001年3月 II部(夜間部)広告・肖像写真科 卒業
会 期:2019年4月26日(金)-5月6日(月祝)
会 場:AXIS Gallery  https://www.axisinc.co.jp/building/shop/axisgallery
住 所:〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
時 間:11:00~19:00 会期中無休
料 金:入場料 300円(学生無料) 
備 考:イベントなどについては下記URLをご覧ください。
    http://gss-film.com/exhibition/2019

—-

「 半径4.5km 視線・視点 」

氏 名:鈴木 理恵子 さん 
部 科:2004年3月I部(昼間部) 報道写真科(ドキュメンタリーフォト)ゼミ 卒業 
会 期:2019年4月28日(日)-5月12日(日)
会 場:古書の店 言事堂(展示会場は2階になります) http://www.books-cotocoto.com
住 所:〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-21-1
時 間:平日11:00~18:00 土日祝日11:00〜19:00(最終日 12日18:00まで)
    展示期間中のみ火曜日・水曜日が定休日となります。
料 金:入場無料 

—-

「 東京の里山II 」

氏 名:広瀬 敦司 さん  
部 科:1993年3月 I 部(昼間部)報道写真芸術科 写真芸術専攻 卒業 
会 期:2019年4月26日(金)-5月15日(水)
    休館:4月27日(土)〜5月6日(月祝)・5月9日(木)
会 場:オリンパスギャラリー東京 https://fotopus.com/event_campaign/
住 所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-24-1 
時 間:11:00-19:00 (最終日は15時まで)
    木曜休館・入場無料
     

—-

「 eight years after 」

氏 名:冨永 晋 
部・科:2002年3月 I 部(昼間部) 報道・写真芸術科 卒業 
会 期:2019年5月7日(火)-5月12日(日) 
会 場:キチジョウジ ギャラリー  http://kichijojigallery.com
住 所:東京都三鷹市井の頭3-32-16-105 
時 間:12:00-19:00(最終日は18:00まで) 
料 金:入場無料 
電 話:0422-48-3112

—-

「 Wonderful-素敵に生きよう- 」
氏 名:中澤 久和 校友会 会長 
部 科:1969年 卒業2期生
会 期:2019年5月8日(水)-5月12日(日)
会 場:ピクトリコ ショップ&ギャラリー表参道 GALLERY1 
     https://www.pictorico.jp/shop/
住 所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-14-5 Cabina表参道1F
時 間:11:00〜19:00(日曜日のみ17:00まで)
料 金:入場無料 

—-

「 風と土と 」
氏 名:加川 京 さん 
部 科:2011年3月  I 部(昼間部) 3年制 フォトアートゼミ 卒業 

東京会場
会 期:2019年5月29日(水)-6月11日(火)
会 場:銀座ニコンサロン https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/
住 所:〒104-0061東京都中央区銀座7-14-5 STRADA GINZA 1F ニコンプラザ銀座内
時 間:10:30〜18:30(日曜休館/最終日のみ15:00まで)
料 金:入場無料 

大阪会場
会 期:2019年6月20日(木)-7月3日(水)
会 場:大阪ニコンサロン https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/
住 所:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-2-2 
    ヒルトンプラザウエスト・オフィスタワー13階 ニコンプラザ大阪内
時 間:10:30〜18:30(日曜休館/最終日のみ15:00まで)
料 金:入場無料 

—-

「 ひそませて 」
氏 名:片野 智浩 さん
部 科:2010年3月 II 部(夜間部)写真科 フォトクリエイティブゼミ 卒業 
会 期:2019年6月1日(土)-6月9日(日)
会 場:Gallery201 https://gallery201.jimdo.com/
住 所:〒141-0001 品川区北品川6-2-10島津山ペアシティ201号室 
時 間:12:00〜20:00 
料 金:入場無料 
イベント:6月6日 19:00-21:00 / ギャラリートーク GUEST 写真家 菱沼勇夫

—-

 

「 showcase #8 」
氏 名:岡田 将 さん 
部 科:2006年3月I部(昼間部) 3年制フォトフィールドワークゼミ 卒業 
    2007年3月研究科終了
会 期:2019年4月12日(金)-5月12日(日)
会 場:eN-arts  http://en-arts.com/
住 所:〒605-0073 京都市東山区祇園町北側627円山公園内八坂神社北側
時 間:開廊は期間中の金・土・日 12:00~18:00
料 金:入場無料 

 

卒業生・梁丞佑さんがテレビ番組にご出演されます。

(04 月 23 日更新)

本校I部専門課程写真科を卒業された梁丞佑さんが、テレビ朝日の番組「テレメンタリー」にご出演されます。

梁丞佑さんはフリーランスの写真家。国内外で展示を行ったり、雑誌で作品を掲載したりと活躍されています。

梁丞佑さんHP
https://photoyang.jimdo.com/

 

歌舞伎町を15年に渡って撮影した作品「新宿迷子」は、国内でも有数の権威ある写真賞である「土門拳賞」を受賞。

【受賞情報】卒業生 梁丞佑さんが土門拳賞を受賞されました!

「テレメンタリー」では、歌舞伎町の人々を追うカメラマンとしてご出演されます。

 

「平成サヨナラ歌舞伎町」
梁丞佑さん
平成の歌舞伎町に魅了された、韓国人カメラマン・梁丞佑。街から熱気が消えゆく中、“人間の匂い”を追い求め、シャッターを切り続ける。義理を重んじるあまり、引退を余儀なくされた元ヤクザ。ネオンで寂しさを紛らわせていた“詩人ホームレス”は、居場所すら失った。時代の変化に戸惑いながらも、夢を見続けるホストやダンサーたち。これは、歌舞伎町にこだわり続ける人たちの、哀しくも愛おしい“狂詩曲”であります。
番組公式HPより引用)

 

 

放送日は、2019年4月28日 朝4:30〜。ぜひご覧下さい。

スターティングワークショップ最終日!

(04 月 22 日更新)

スターティングワークショップも最終日!

 

最終日は、上野動物園に「屋外撮影実習」へ行きました。

心配されていた天気も夏を思わせるかのような快晴!

とても暑く、半袖を着ている学生もいました。

 

奥先生から今日の流れと機材貸し出しについての説明。

 

園内では各々気になったものを撮影していきます。

 フラミンゴは格子状の網がかかっており、映り込まないように気をつけながら撮影に挑んでいました。    

実際の撮影したものはこんな感じ!

みんな入学したばかりなのにとても上手です。 

 

撮影したものを先生に見てもらっている様子も園内で見られました。

 

撮影自体が心配。。。

と言っていた学生は、講師の先生と一緒に園内を散策

 

中には、望遠レンズを使って撮影にチャレンジしている学生もいました。

日本写真芸術専門学校では、このような望遠レンズもレンタルすることができるんです。撮影したものが楽しみだなぁ〜。

 

「どう撮影うまくいってる〜?」と聞くと

「バッチリ〜!」「3枚以上提出したい!」

なんて元気な声を聞きました。

閉園前までたくさん歩いて撮影したのにみんな元気です。

 

今回撮影した写真は、3点プリントして提出です。

優秀作品は、校内に展示されます!

どんな作品が出てくるか楽しみですね。

「やりたいことが絞れない」という方にもオススメ!3年制総合学科の魅力

(04 月 20 日更新)

次回、4/28(日)のオープンキャンパスは、2019年度最初の回です。
夏休みなどで参加者が増える前に、スタッフとじっくりお話ができるチャンス!
ぜひ、お悩みを聞かせてください。

オープンキャンパスページはこちら↓

https://www.npi.ac.jp/opencampus/

 

お悩みといえば、「将来は写真に携わる仕事がしたい!」という方から、こんな声を聞くことがあります。

・写真に関わる仕事がしたいけど、あまりイメージが思い浮かばない
・興味の幅が広すぎて決められない

 

「将来を決める時に、なりたい姿はなるべくハッキリさせた方が良い」とよく言わますが、なかなか難しいですよね。
「まだ写真を学ぼうかどうか迷っているのに、働く時のことなんて分からない…」という人もいるかもしれません。

だったら、働く時に仕事をいろいろ選べるようにしませんか?

どうすればいろいろ選べるようになるかというと、「写真」に関係することを一通り学んでおくことが大切です。

いま興味があったり、迷ったりしていることを一通り学んで、就職の時まで選択肢を残しておく、という方法です。

もう少し詳しく話を聞いて、自分の進路を考えたいという方は
ぜひオープンキャンパスにお越しください。
https://www.npi.ac.jp/opencampus/

写真について一通り学んでみたいと思った方は、3年制の総合学科がオススメです。

例えば、日本写真芸術専門学校には、こんな総合学科があります。

—————————–
【総合写真研究ゼミ】
自分だけの写真表現を見つけるだけでなく、企画、動画にも対応できるクリエイティブな能力を養います。自分の興味や目標に合った授業が選択できるので、就職も作家も目指せる学科です。

また、総合写真研究ゼミの他にも、特徴的な3年制学科があります。

【フォトフィールドワークゼミ】

撮りたいテーマに徹底的に向き合える環境で、技術と知識を習得できます。アジアを180日間巡る海外フィールドワークでは、写真家としての素養を磨き、国際感覚や多様な価値観を学ぶことができます。

【フォトソーシャルビジネスゼミ】

いま業界で必要とされているのは、写真だけでなく、デザインや企画力、ビジネス感覚などが総合的に身についた人材です。地方創生チャレンジとして100日間にわたる国内ソーシャル実地研修を体験することにより、実践的な学びが得られます。

—————————–

学科についてもっと詳しく知りたい!という方は、資料請求から本校パンフレットをお申込みください。

資料請求はこちらから↓
https://www.school-go.info/b0trk6/npi/form.php?fno=1&fsno=1

また、今回は1つの悩みを例に上げて学科をご紹介しましたが、人によって不安や疑問は様々だと思います。
ぜひスタッフに直接お話をお聞かせください。

オープンキャンパスページはこちら↓
https://www.npi.ac.jp/opencampus/

スターティングワークショップ4日目

(04 月 19 日更新)

スターティングワークショップも4日目!

本日は、「撮影基礎講座」をご紹介します。

 

屋外撮影実習を目前に、撮影場所である「動物園」での撮影のコツを中心にカメラの基本操作について学びます。 

 

最初に、世界中に存在する動物写真を解説いただきました。

 

 

 

 

動物の撮り方、光の捉え方、動物園撮影に有効な機材、柵や檻をどう処理するのか、入園者と動物の関係など撮影するときの注意点などをお話いただきました。

動きのあるものの撮影ってブレてしまったりと難しいですよね。設定やカメラの持ち方を変えたりしてその一瞬を捉えます。

 

 

隣の人同士撮影し合って、カメラの基本操作に慣れる練習。

 

 

いよいよ、次回は屋外撮影実習!

どうか晴れますように!

 

1 / 5012345...102030...最後 »
2019年5月 | 2019年4月 | 2019年3月 | 2019年2月 | 2019年1月 | 2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |