TOPICSトピックス

若手作家18名によるグループ展 「いま生きているということ」

(02 月 11 日更新)

総合写真研究ゼミ2年生によるグループ展「いま生きているということ」が、2月12日(水)より目黒区美術館区民ギャラリーで開催します。

本展は日本、中国、台湾、ベトナムの20代の若い作家18名による展覧会です。会期は2月16日(日)まで、ぜひ会場に足をお運びください。

▼出展作家(50音順)
殷悦 、薄葉亮人、香川永地、金木風弥、グェントアン、澤田颯麻、下平雄也、杉山麗奈、鈴木颯太郎、高見彩花、チョウサク、林藍莉、檜山彩音、フタクキ、福田敦弘、箕輪大雅、李卓文、梁天

 

「いま生きているということ」

会 期:2020年2月12日(水)-2月16日(日)
会 場:目黒区美術館区民ギャラリー
時 間:10:00~18:00
料 金:入場無料(入館は閉館30分前まで/最終日は15:00まで)

【ゲスト写真家と講師による作品講評会】
作者の作品解説に加えて、ゲストと本校講師による作品講評会を開催します。

日 時:2月15日(土)午後3時から
ゲスト:有元伸也(写真家) 本校講師:菅沼比呂志(キュレーター)、山崎弘義(写真家)

*参加費、申込不要、当日会場にお越しください。