TOPICSトピックス

樋口健二先生の特別講義を実施しました

(09 月 30 日更新)

今回の特別講義には、今年度2度目のご登場となる本校の副校長で写真家の樋口健二先生に
ご登場頂きました。
1度目はⅠ部(昼間部)の学生を対象に、今回はⅡ部(夜間部)の学生を対象に講義をして
頂きました。
DSC_4854b.jpg
樋口先生は原発や日本の公害などを中心に取材され、そのなかでも38年間、
原発の被曝労働者に焦点をあて、活動を続けているフォトジャーナリストです。
樋口先生が長年訴え続けてきた原発の危険性や問題が、今まさに現実となり
日本に襲いかかっています。
樋口先生から語られる原発の問題と悲劇。
学生たちは自らの問題として向き合い、そして今、自分たちがこれから写真で何を表現していくのか、
個人としてどのような行動をとっていくのかを今一度考え、自らに問いかけていました。
樋口先生、講義をありがとうございました。

DSC_4729b.jpg
DSC_4853b.jpg
DSC_4771b.jpg
DSC_4798b.jpg
DSC_4838b.jpg
DSC_4871b.jpg
DSC_4888b.jpg
DSC_4983b.jpg

海外フィールドワーク帰国しました!

(09 月 18 日更新)

2011年度の海外フィールドワークも9月16日(金)、 無事に帰国しました。
最後は韓国・釜山から船で大阪港に入港。
110916_01.jpg

183日間の海外フィールドワークで、さすがに疲れもあったかと思いますが、みんなこんがりと黒く日焼けし、元気な姿で帰国しました。この183日間の海外フィールドワークで、多くの人に出会い、様々風景を目の当たりにし、言葉だけでは表現できない素晴らしい体験をしてきた事と思います。
110916_02.jpg

彼らが見た「アジア」をスライドショーというカタチで発表します。
当日は『学園祭』も実施しております。ぜひお気軽にご参加ください。

===詳細はこちら===

柳本尚規先生の特別講義を実施しました

(09 月 10 日更新)

3年制フォトフィールドワークゼミとフォトアートゼミの学生を対象とした
『学生の作品を著名な写真家や編集者から講評をして頂く特別講義』を
毎年数多く実施しています。

今年度の作品講評の特別講義【第3回目】は
柳本尚規先生(写真家)をお招きし実施致しました。
DSC_0124b.jpg

柳本尚規先生は、写真同人誌「PROVOKE」の制作担当を経て、作品制作、
写真批評活動をされている写真家です。
学生ひとりひとりの作品を丁寧にみて頂き、そこから学生たちが何を表現したいのかを
読み取り、学生たちと真剣にお話をして頂きました。
柳本先生からアドバイスを頂いた彼らの今後の作品がますます楽しみになりました。

柳本先生、講義をありがとうございました。

DSC_0159b.jpg
DSC_0138b.jpg
DSC_0172b.jpg
DSC_0197b.jpg
DSC_0205b.jpg
DSC_0125b.jpg

『スタジオエムジー』で講義を実施しました

(09 月 08 日更新)

夏期集中授業の講義『リアルな現場を知ろう デザイン業界講座StudioMG』を
株式会社スタジオエムジーにて、カメラマンやレタッチャー、デザイナーの
仕事現場で実践に即した講義をして頂きました。
IMG_0150c.jpg
実際の仕事で活用している撮影セットを組み、カメラマンの仕事の説明、
そして、その撮影されたデータのレタッチ作業も合わせて見せて頂きました。
実際の仕事の流れを見学し、カメラマンやレタッチャーの仕事を理解することができました。
その他にもスタジオエムジーさんが手掛けている仕事の見学、
さらに、日野会長や日野社長から会社が求める人材や営業の話などもして頂きました。
それぞれのプロフェッショナルから詳しく説明をして頂いたことで、将来カメラマンや
レタッチャーを目指している学生たちにとって、大変貴重な講義となりました。
株式会社スタジオエムジーの皆さん、講義をありがとうございました。

夏期集中授業の様子は、スタッフのブログ『スタ★フォト』にてご覧頂けます。
写真もたくさんアップしているので、ぜひこちらをクリックしてみてください。
『スタ★フォト』はこちら!

夏期集中授業の専用ページで講義の先生方のプロフィールや作品、授業の概要を見ることができます
夏期集中授業の専用ページはこちら!
株式会社スタジオエムジーのHPはこちら!
IMG_0146b.jpg
IMG_0161b.jpg
IMG_0172c.jpg
IMG_0205b.jpg

『ZEIT-FOTO SALON』で講義を実施しました

(09 月 05 日更新)

夏期集中授業の講義『リアルな現場を知ろう ギャラリー業界講座ZEIT FOTO SALON』を
京橋にあるギャラリー「ZEIT FOTO SALON」でオーナーの石原悦郎さんにギャラリー運営の
実際について講義をして頂きました。
IMG_0139b.jpg
石原さんがギャラリー運営をはじめるまでの学生時代の話から、
たくさんの写真家との出会い、実際のギャラリー運営、国内外での活動などを
学生たちと対話をしながらお話して頂きました。
石原さんのお話に出てくる写真家は、森山大道さん、荒木経惟さんといった
日本を代表する写真家から、リチャード・アベドン、ロバート・フランク、
ヘルムート・ニュートン、ロバート・メイプルソープなど、世界的に有名な写真家との
エピソードばかりで、学生たちは驚くとともに目を輝かせていました。
写真家として生き、国内外で活動の場を広げてくために必要なことや今やるべきことを
お話頂き、学生たちはまだまだ努力の足りなさや難しさを実感しました。
そして今回の石原さんの授業を糧にして、写真家としての道を切り開き、
いつか「ZEIT FOTO SALON」のようなギャラリーで展示ができる写真家になってくれる
ことを願っています。

石原さん、「ZEIT FOTO SALON」の皆さん、講義をありがとうございました。

夏期集中授業の様子は、スタッフのブログ『スタ★フォト』にてご覧頂けます。
写真もたくさんアップしているので、ぜひこちらをクリックしてみてください。
『スタ★フォト』はこちら!

夏期集中授業の専用ページで講義の先生方のプロフィールや作品、授業の概要を見ることができます
夏期集中授業の専用ページはこちら!
ZEIT FOTO SALONのHPはこちら!
IMG_0129b.jpg
IMG_0141b.jpg
IMG_0151b.jpg
IMG_0135b.jpg
IMG_0178b.jpg
IMG_0163b.jpg
休憩時間には学生たちアイスをにご用意して下さいました。ごちそうさまでした。
IMG_0165b.jpg
IMG_0172b.jpg

金村修先生のスライド&トークショーを実施しました

(09 月 04 日更新)

夏期集中授業のスライド&トークショーに写真家の金村修先生をお招き致しました。
IMG_9423b.jpg
金村先生の作品は国内だけだはなく海外でも高い評価を受け、精力的に国内外の個展開催や
グループ展に参加している日本の現代写真を代表する写真家です。
これまでの作品をスライドショーで見せて頂きながら、
写真家金村修が何を考え、何を見、何が写っているのか1枚1枚解説して頂きました。
学生たちは現代を代表する写真家を深く知る貴重な時間を過ごし、これまでの概念に捕われず
もっとたくさんシャッターを切り、作品を発表することの大切さを学びました。
金村先生、講義をありがとうございました。

夏期集中授業の様子は、スタッフのブログ『スタ★フォト』にてご覧頂けます。
写真もたくさんアップしているので、ぜひこちらをクリックしてみてください。
『スタ★フォト』はこちら!

夏期集中授業の専用ページで講義の先生方のプロフィールや作品、授業の概要を見ることができます
夏期集中授業の専用ページはこちら!
金村先生のHPはこちら!
IMG_9473b.jpg
IMG_9452b.jpg
IMG_9434b.jpg

2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |