TOPICSトピックス

クリス・スティール=パーキンス先生のスペシャル講演

(10 月 21 日更新)

世界を代表する写真家のクリス・スティール=パーキンス先生のスペシャル講演を
開催しました。
クリス先生は世界を代表する国際的な写真家のグループ、マグナム・フォト(Magnum Photos)
の元会長(現会員)であり、ロバート・キャパ賞を受賞するなど、世界的に活躍をしている
写真家です。
これまでに発表された世界各地の紛争地や社会情勢などの作品をスライドショーで見せて頂き、
1枚1枚の写真について撮影時の心情や世界とどう向き合っていくのかなど、詳しくお話して
頂きました。
講演の終盤には学生たちや一般聴講の方の質問に丁寧に答えて頂き、
その中の質問のひとつ「クリス先生にとっていい写真とは?」の問いに、
「忘れることなく、ずっと記憶に残るもの」という答えに学生たちは大変感銘を受け、
これから自分たちも人の記憶に残る作品作りをしていこうと決意していました。

DSC_5489b.jpg
IMG_0359b.jpg
DSC_5578b.jpg
IMG_0470b.jpg
講演終了後は、作品レビューとしてドキュメンタリー分野の写真家を目指している
学生10名の作品をクリス先生に講評して頂きました。
海外フィールドワークで撮影して来た作品をはじめ、東日本大震災の被災地や韓国、
モンゴルなどで撮影した作品などを学生とディスカッションをしながら、
その作品についてアドバイスをして頂きました。
IMG_0563b.jpg
IMG_0584b.jpg
IMG_0604b.jpg
IMG_0602b.jpg
IMG_0622b.jpg
作品レビュー後に開催されたフォトフィールドワークスライドショーにもご出席いただき、
フィールドワークゼミ3年生が半年間でアジアを一周し撮影してきた作品をご覧頂きました。
クリス・スティール=パーキンス先生、ご講演と作品レビューをありがとうございました。
また、今回の貴重な講演などはマグナム・フォト東京支社のご協力のもと実現することが
できました。マグナム・フォト東京支社の皆さん、ご協力ありがとうございました。
20111010c.jpg

************ プロフィール ************
Chris Steele-Perkins
1947年ビルマに生まれ、1949年イギリスに移住。
2つの大学で化学と心理学を学ぶ。在学中から学生新聞の写真家兼ピクチャーエディター
として働き、1971年ロンドンに移りフリーランスとして活動を開始する。1973年に
バングラディッシュを長期取材するが、活動の拠点をイギリスにおき、都市部に潜む貧困や
サブカルチャーなどをテーマに活動する。1979年に初めての写真集「The Teds」を出版。
イギリス美術協会が出版する写真集の編集も手掛ける。
1979年からマグナムに参加、
1983年より正会員。イギリス国内の他にアフリカ、中南米、レバノンなど世界各地の紛争地
や社会情勢などの取材を始め、1988年オスカー・バルナック賞と英国で最も優秀なフォト
ジャーナリストにおくられるトム・ホプキンソン賞を受賞、1989年には、北アイルランド
紛争の取材でロバート・キャパ賞を受賞する。
4年をかけてアフガニスタンを取材し、1992年に写真集「アフガニスタン」にまとめる。
日本人と結婚してからは日本を頻繁に訪れ「FUJI」(2000年Umbrage社)、 「TOKYO LOVE
HELLO」(2006年)など、日本の写真集を出版する。
その他の写真集に、2000年から2001
年にかけての心象風景を綴った「ECHOES」(2004年Trolley社)、イギリス、Durhamのカン
トリーライフを取材した「Northern Exposures」(2007年)、集大成の写真集「England,
My England」(2010年Northumbria University Press)などがある。
Magnum Photosのホーページはこちら!
マグナム・フォト東京支社のホーページはこちら!

中島古英先生のスライド&トークショーを実施しました

(10 月 12 日更新)

夏期集中授業のスライド&トークショーに写真家の中島古英先生をお招き致しました。
_MG_0506bb.jpg
中島先生は、ライトパブリシティに在籍しているフォトグラファーで
企業広告やテレビコマ−シャルを数多く手掛けている方です。
大学在学中から写真新世紀やひとつぼ展に入選し、2004年から毎年のように個展や
グループ展で作品を発表し続けています。
学生時代に撮りためていた作品が仕事に繋がったことや有名なアートディレクターたちとの
仕事についてなど、学生たちにとって大変参考になるお話をしていただきました。
講義の後半には、学生たちが今抱えている不安や将来についての質問にひとつひとつ丁寧に
答えていただきました。
中島先生、講義をありがとうございました。

夏期集中授業の様子は、スタッフのブログ『スタ★フォト』にてご覧頂けます。
写真もたくさんアップしているので、ぜひこちらをクリックしてみてください。
『スタ★フォト』はこちら!

夏期集中授業の専用ページで講義の先生方のプロフィールや作品、授業の概要を見ることができます
夏期集中授業の専用ページはこちら!
_MG_0495b.jpg
_MG_0516b.jpg
_MG_0586b.jpg
_MG_0605b.jpg
_MG_0608b.jpg
_MG_0554b.jpg
_MG_0594b.jpg

【学園祭】たまごエボリューション無事終了しました!

(10 月 11 日更新)

10/9(日)、10(祝) 学園祭「たまごエボリューション」
大盛況で終了致しました!

20111011_tamago_31.JPG
20111011_tamago_29.JPG
「たまごエボリューション」開催です!

20111011_tamago_30.JPG
20111011_tamago_28.JPG
20111011_tamago_27.JPG
今年はラヂオ焼、焼そば、クレープ屋さんもご出展いただきました!
連日大盛況!どれもとても美味しかったですよ!

20111011_tamago_8.JPG
20111011_tamago_9.JPG
在校生・卒業生のお仕事紹介コーナー!

20111011_tamago_10.JPG
20111011_tamago_11.JPG
在校生の中間審査作品の展示も行いました!

20111011_tamago_12.JPG
20111011_tamago_13.JPG
20111011_tamago_14.JPG
20111011_tamago_16.JPG
20111011_tamago_17.JPG
20111011_tamago_18.JPG
ライブペイントや作品販売、コスプレ喫茶など盛りだくさん!

20111011_tamago_15.JPG
留学生も母国のオリジナルペイントを披露!

20111011_tamago_25.JPG
20111011_tamago_26.JPG
2Fでは大日本印刷様とコラボレーションしたPhotoBookの展示!
パソコンから簡単に作成できるPhotoBook!様々な作品がありました!

20111011_tamago_19.JPG
20111011_tamago_20.JPG
20111011_tamago_21.JPG
20111011_tamago_22.JPG
写真校の復興支援作品展。
在校生が気仙沼まで向かい取材撮影した作品は胸に響くものがありました。

20111011_tamago_23.JPG
20111011_tamago_24.JPG
デザイン校学生と写真校学生がコラボレーションした大正写真館!
衣装をまとい撮影してもらえます!

【—– 特別イベント —–】
20111011_tamago_1.JPG
20111011_tamago_3.JPG
20111011_tamago_5.JPG
高校生マンガイラストグランプリ風景。
本校名誉顧問 里中 満智子先生の公演や授賞式、懇親会を行いました。
本年度も400作品を超える応募!
とてもレベルの高い作品が多くみられました。

20111011_tamago_36.JPG
日本写真芸術専門学校 フォトフィールドワークゼミの帰国報告会。
半年間かけてアジアを周り続けて学生達の作品は心に響くものがありますね!

20111011_tamago_32.JPG
20111011_tamago_33.JPG
20111011_tamago_34.JPG
別会場で開催した
信藤 三雄 先生 × 木村 豊 先生のトークライブショー!
とても興味深いお話しを聞かせていただきました!

日本写真芸術専門学校、専門学校 日本デザイナー学院の合同学園祭「たまごエボリューション」は、会期中、
穏やかな晴天の中、在学生はじめ学園関係者あげてのお祭りとして盛大に開催し
大盛況のうちに終了することができました。
ご来場のみなさまには厚く御礼申し上げます。
また、学園祭の開催に際し、ご協力いただきました地域のみなさま、企業、店舗のみなさま、諸先生方
には多大なご協力、ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
来年も両校ならではの学園祭を開催したく存じます。
ぜひともお楽しみにしていただけましたら幸いです。
学校法人呉学園
日本写真芸術専門学校・専門学校日本デザイナー学院

2018年12月 | 2018年11月 | 2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |