ABOUT YOURSELF

about yourself
~写真を選んだ在学生・卒業生に話を聞きました~

カメラマンとして勤務しながら、「家族」をテーマに写真を撮り続けていきたい。

お客様の一生の思い出となるような写真を撮る。
自分の活動も精力的に!

甲斐 空海 Aqua Kai

Ⅰ部(昼間部)写真科 2年制
フォトクリエイティブゼミ 卒業
東京都立五日市高等学校 出身

私の大切なつながり

  • 自分の写真を見て、しっかり意見を言ってくれる仲間。
  • 写真についてアドバイスをくれた講師や友人たち。
  • 自分が悩んだとき、困ったときに助けてくれた学友たちは今でも大切な仲間。


編集について、それぞれの写真について仲間と日々語り続けた。

略歴

写真と音楽が大好きで、高校卒業後は写真の道に進むか、ヴォーカルスクールに入学するか悩んだ末、「きちんとカメラの基礎を学びたい」という気持ちで入学。2018年の卒業後はカメラマンとして株式会社ベネッセコーポレーションに入社した。

MESSAGE

撮りたいものが決まっていても、決まっていなくてもどんどん挑戦しましょう。

Q 写真の道を選んだきっかけは何ですか?
中学時代に持っていたガラケーで、空の写真を撮り、自分のブログにアップし始めたことがカメラに興味を持つようになったきっかけでした。毎日外に出ては、ひたすら空を撮っていました。私は歌を歌うことも大好きだったので、どちらの道に進むかかなり悩みましたが、まずはカメラの基礎を学びたいと思い、入学を決めました。
Q 学校では何を学びましたか?
学校で一番学べたことは、写真での伝え方や表現の仕方です。自分ひとりでは気づけないポイントを先生や他の生徒が気づいてくれたり、アドバイスをくれたりしたことで、自分の技術や知識につなげることができたと思っています。また海外研修では、普段自分が住んでいる場所とはまったく違う環境での撮影を経験できました。
Q 現在はどういった活動をしていますか?
学校外でもライブハウスのスタッフとしてアーティスト写真やライブ撮影を経験し、学校とはまた違った分野を学んでいます。2018年の春からは株式会社ベネッセコーポレーションでカメラマンとして働きます。お客様を笑顔にできるよう成長していきたい。また、自分の写真では「家族」をテーマにして写真を撮り続け、いつか写真集としてまとめるのが夢です。
Q 入学を考えている方にアドバイスをお願いします。
撮りたいものが決まっているなら、それを中心にとことん勉強するのもよいと思いますし、私のように決めていなかった場合は、いろいろな分野を学んで模索するのもよいと思います。とにかく自分の写真を人に見てもらい、どんどん意見を集めることをおすすめします。
  • 「2+5+3」
    © Aqua Kai

自主ギャラリー「TAPギャラリー」で作品を展示。海外での展示も目指す。

株式会社アマナのFLAT LABOにてディレクターとして働いています。

鈴木 隆朗 Takaaki Suzuki

Ⅰ部(昼間部)写真科3年制
フォトアートゼミ 卒業
日本大学 出身

私の大切なつながり

  • 作品について本気で意見交換ができる仲間たち。
  • 信頼できる先生方の、真摯なアドバイス。
  • 教務課で助手を務めたことが現在のキャリアにつながった。


友人との交流が自分の作品づくりによい影響を与えてくれた。

略歴

高校・大学時代にヨットに夢中になる中で、「自分で何かを作りたい」という気持ちから写真に興味を持つ。本校卒業後は、株式会社アマナのFLAT LABOにてディレクターを務めている。

MESSAGE

興味を持ったらとりあえずチャレンジ。その過程で大事なものが見えてきます。

Q 写真の道を選んだきっかけは何ですか?
僕は体を動かすことが好きで、ヨットをやっていました。その反動なのか「自分の手で何かを作りたい」と思い始め、そんなときに出会ったのが写真です。いろいろな展示を見に行くようになり、徐々に写真にのめり込んでいきました。はじめから写真にかかわりたいというよりは、作品づくりをしたくてフォトアートゼミを選びました。
Q 学校では何を学びましたか?
一言で言うと「自分を律すること」でしょうか。好きだった授業は作品講評で、一人ひとりが撮った作品を机に並べ、どうすればその作品がもっとよくなるのかを話し合っていきます。自分ひとりでは到底思いつかないような意見が飛び出でてきて、とても刺激的な時間でした。どの授業もたのしくて、大変だった、辛かったという思い出はないですね。
Q 現在はどういった活動をしていますか?
株式会社アマナでディレクターとして働いています。写真のプリントや額装をはじめ、写真のセレクト、展示空間の構成をお客様と一緒に考えていく写真展のディレクションも行っています。また、「TAPギャラリー」という自主ギャラリーのメンバーとして活動しており、年に数回定期的に自分の作品を発表しています。将来的には海外の展示会にも参加したいと考えています。
Q 入学を考えている方にアドバイスをお願いします。
もしも興味を持ったことがあれば、とりあえずどんどん挑戦してみること。結果は別として、その過程で自分にとって大切にしたいものや、自分の好きなものがおのずと見えてくると思います。とにかく飛び込んでみることをおすすめします。
  • 「Local Studies」
    © Takaaki Suzuki

たくさんの人に愛を与えて、写真で人を祝福できるカメラマンを目指しています。

学校で学んだことを活かして、スタジオでカメラマンとしての基礎をしっかり身につけたい。

楊 文君 Yang Wenjun

Ⅰ部(昼間部)写真科 2年制
ブライダルポートレートゼミ
中国国立華僑大学 日本語科 出身
お茶の水大学大学院 社会学修士課程 修了

私の大切なつながり

  • 協力して一緒にグループ展を開催した仲間たち。
  • 現在勤務しているスタジオにも学校の先輩が多数。
  • 卒業後も、先生や仲間たちとSNSを通じて交流を続けている。


一緒に学んだ仲間や先生とは、今でもSNSでつながっている。

略歴

中国出身。2013年に現地の大学を卒業後、日本へ留学。お茶の水女子大学大学院で学び、社会学修士課程を修了。その後、日本写真芸術専門学校に入学。2018年に卒業し、現在はスタジオアシスタントとして多忙な日々を送る。趣味で家族記念写真やイベント写真を積極的に撮影している。

MESSAGE

留学生は「言葉の壁」を恐れず、自分の思いや意見をどんどん伝えていきましょう。

Q 写真の道を選んだきっかけは何ですか?
大学院の研究で、論文の代わりに写真をツールとして直感的に自分の考えを伝えることに興味を持ち始めました。初めはただ「かっこいいから」という理由でしたが、自分が撮った写真が人に大切にされていること、一生に一度の記念になることを知り、とてもやりがいを感じるようになり、のめり込んでいきました。
Q 学校では何を学びましたか?
フリーランスのカメラマンとして活躍している友人に日本写真芸術専門学校の存在を教えてもらい、その歴史やカリキュラムの多様性に惹かれて入学しました。写真は自分の好きなスタイルにとどまらず、たくさんの作品を観ることで視野が広がりました。自身の作品を専門の先生たちに講評されることでレベルも向上したと感じています。
Q 現在はどういった活動をしていますか?
スタジオアシスタントは、スタジオに関わる全般について携わる仕事です。雑誌の専属カメラマンや編集者、モデルやスタイリストと関わって刺激がもらえるとても素敵な仕事です。現場ではミスが許されず、スピーディな対応が求められます。その他にも、東京国際キリスト教会で専属カメラマンを務めており、教会の結婚式や洗礼式などのイベントの撮影を担当しています。
Q 入学を考えている方にアドバイスをお願いします。
好きなことがあるなら、大変でも上達することができると信じています。先生はみんな優しい方々で、自分の意見をしっかり受け止めてくれます。特に言葉が壁になりがちな留学生は、恐れずにどんどん意見を伝えていくこと。「勉強させられている」ではなく「勉強したい」という思いや姿勢が大切だと思っています。
  • © Yang Wenjun
  • © Yang Wenjun
  • © Yang Wenjun

うさぎを専門に撮影する「うさぎフォトグラファー」。次の目標は写真集発刊!

大手企業を57歳で退社し、写真を生業にするため再出発。

青木 崇 Takashi Aoki

うさぎフォトグラファー
2015年3月 Ⅰ部(昼間部)写真科 2年制
フォトレタッチゼミ 卒業
学習院高等科
学習院大学 出身

私の大切なつながり

  • 繰り返し根気よく指導してくれた先生。今でも会うと意見交換。
  • 写真展を通じて今も交流する同期生や先輩。
  • 後輩の主催する自主勉強会にも参加。


年齢を問わず、様々な同期生と交流しました。

MESSAGE

頭で考えることには限界がある。一度の人生、“機会”に身を投じてみましょう。

Q 写真の道を選んだきっかけは何ですか?
私は小学生の頃から写真を撮っていて、会社員時代、うさぎを飼いはじめたことがきっかけで、うさぎを撮るようになりました。あるとき、うさぎのオーナーさん向けの撮影依頼が来るようになり、それ以外でも写真が売れるようになっていきました。「お金をいただく以上、きちんと勉強したい」という責任感もあり、会社を辞めて写真を学ぶことに決めました。
Q 学校では何を学びましたか?
私は長年写真を趣味にしていましたが、学校で学ぶことでより“光”を理解して見られるようになりました。今まで見ていたものを「1」とすると、2倍、3倍の情報として見えるように。また、写真をひと通り学んだおかげで、卒業後は写真を本業にしている方々との会話もスムーズになりました。そして若い人たちと同じ目線で意見交換ができたことは何よりも貴重な体験だったと思います。
Q 現在はどういった活動をしていますか?
ひとつは、お客様が飼っているペットの撮影。お客様が自分の作品に満足してくださるのは最大の喜びです。リピートしてくださったらさらに感激ですね。もうひとつは、野生のうさぎの撮影です。今まで欧州、北米、南米などで野うさぎを撮ってきました。必ず出会えるわけではないので大変な面もありますが、撮影できたときは嬉しさでいっぱいになります。
Q 入学を考えている方にアドバイスをお願いします。
悩んでいるのなら、まずはやってみること。年配の方の多くは、いろいろ考えた上で「何もしない」を選ぶことが多いですが、頭で考えることには限界があり、実行して始めてわかることがあります。1日でも早く「とりあえず始めてみる」ことが大切です。先生方、学生たち、それぞれ素晴らしいモノを発信しています。それを感じ取れるかどうかは自分次第です。
  • © Takashi Aoki
  • © Takashi Aoki
  • © Takashi Aoki
  • © Takashi Aoki