鷹野先生のプリント制作は本校の暗室で!

2012年1月17日から「Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku」にて
鷹野隆大先生の写真展『 ” Photo Graph ” 』が開催されます。
今回の展示作品はバライタ紙で、畳一畳ほどの大きなモノクロプリントです。
そのプリントを本校の暗室を使ってプリントしています。

     
ベセラーの引伸し機。
ppIMG_0291.jpg
写真の画面サイズを決めるイーゼルを暗室の床にセッティングをしている鷹野先生。
ppIMG_0324.jpg
露光した印画紙を現像中。
大きな印画紙をくるくる巻きながら薬品を浸透させます。
ppIMG_0332.jpg
現像液→停止液→定着液を通過したプリントを最後に水洗します。
これももちろん、くるくるゆっくり巻いていきます。
ppIMG_0336.jpg
ppIMG_0337.jpg
プリントをチェックする鷹野先生。
IMG_0343pp.jpg
水洗が終わったプリントをつるして乾燥します。
ppIMG_0311.jpg
手伝いにきていた学生と比べてもこの大きさです。     
ppIMG_0309.jpg
こんなに大きなモノクロプリントの写真展を見逃すことはできません。
みなさんもぜひギャラリーにて、鷹野先生の作品をみてください。

鷹野先生の写真展『 ” Photo Graph ” 』の詳細は本校ホームページの「写真展情報」をご覧下さい。
写真展情報はこちら!

ふたり展に行ってきました!

こんにちは。いっちーです。
師走に入り何かと慌ただしい毎日を送っております。
そして、急に寒くなりました...みなさんは体調を崩してないでしょうか?
先週、卒業生のフジモリメグミさんが開催している「ふたり展」を観に、中野に行ってきました。
【写真展情報】
http://www.npi.ac.jp/blog/information/photo/2011/11/post_212.html
フジモリさんと湯浅万貴子さん。
111129_fujimori01.jpg
111129_fujimori02.jpg
111129_fujimori03.jpg
大きい写真は1m以上あったでしょうか。
震災をテーマに撮影されたようでしたが、最初は全然気付きませんでした。
この後は、台湾で写真展だそうです。(もう始まっていますね^^;;)
フジモリさん、これからも頑張って下さい!!

カンボジア研修の説明会を実施しました。

いよいよ来週16日(金)にカンボジア研修へ出発いたします。
研修日程は、12月16日(金)~21日(水)の6日間。
このカンボジア研修は前校長の藤井秀樹先生の発案のもと実施し、
今年で10周年を迎え、毎年たくさんの学生が参加する人気の
研修です。
この研修は、日本写真芸術専門学校と姉妹校の日本デザイナー学院の
学生や卒業生も参加出来る研修です。
昨日、出発前最後の説明会を実施し、学生たちにしおりの配布や
支援物資などにつて説明を行いました。
今回の支援物資は、アンコール小児病院、孤児院、日本語学校などに
医療用ガーゼ、車椅子、お米、紙芝居、辞書、文房具 、井戸、そして、
現地でお菓子・果物を手土産に買っていく予定です。
また、今回訪問する日本語学校が新校舎になり、その新しい教室に
日本の花の名前をつけているそうです。
(朝顔、菊、蓮、さくらんぼ、梅、コスモス)
その花の写真を教室の入り口に飾りたいという現地からの
リクエストに答えるためにA3にプリントした写真を用意します。
写真は、卒業生でカンボジア研修に参加した松本立夫さんに
ご協力いただき、花の写真のデータを提供してもらいました。
松本さん、ありがとうございます。
現地で手配する物資もありますが、医療用ガーゼや辞書等は、
参加学生が分担して荷物と一緒に現地まで運びます。
いよいよ、カンボジアに向けて出発します。
111206カンボジア.jpg

▲ページの先頭へ戻る