金村修先生のスライド&トークショー

 
 
夏期集中授業最後のスライド&トークショーは
写真家の金村修先生にご登場頂きました。
 
 
kaki075.JPG
 
 
金村先生は、92年にロッテルダム写真ビエンナーレに招かれて以来、国内外で多数の個展や
グループ展を通じて作品を発表されている写真家です。
受賞歴には日本写真協会新人賞や土門拳賞などがあります。
 
 
この講義では、金村先生が撮影された写真を1枚1枚スライドでご紹介いただき、
写真についての解説や先生の写真に対する考え方をお話いただきました。
 
kaki074.JPG
 
kaki076.JPG
 
kaki078.JPG
 
 
 
これまで東京を中心とした都市の風景を撮影されてきた金村先生。
「飽きてからどうするかが面白い」「失敗した写真も発表していく」
といったように、金村先生独自の写真に対する考え方をお話いただき、
学生たちにはとても大きな刺激となったようです。
 
 
最後には学生の質問にも沢山お答えいただきました。
 
 
kaki081.JPG
 
 
kaki077.JPG
 
 
kaki079.JPG
 
 
先生のお話を聞いたことで、写真に対して前向きになれた学生も多くいたようです。
 
金村先生ありがとうございました。
 

レンタルスタジオ講座 モデル撮影

kaki_gear_002.JPG
この授業はプロのカメラマンが使用するスタジオで、モデル撮影の基礎を学んでいきます。
今年もスタジオギアさんにご協力いただきました。
kaki_gear_005.JPG
教えていただくのは、小島由起夫先生です。
kaki_gear_003.JPG
kaki_gear_001.jpg
kaki_gear_006.JPG
撮影のセットを準備して、テスト撮影。
二年生が率先して一年生に教えていきます。
kaki_gear_008.JPG
kaki_gear_009.JPG
kaki_gear_007.JPG
二年生がお手本を見せます。
kaki_gear_011.JPG
kaki_gear_010.JPG
一年生は初めてのモデル撮影、カメラの設定をお互いにチェックしていました。
kaki_gear_013.JPG
kaki_gear_012.JPG
プロのモデルさんを前に、緊張しながらも一生懸命撮影していました。
kaki_gear_014.JPG

モニターキャリブレーション講座

kaki039.JPG
この講座では、ハードウェア・キャリブレーションに対応したモニターを使用し、
モニターのキャリブレーション方法とカラーマネージメントについて学んでいきます。
kaki036.JPG
kaki037.JPG
キャリブレーションに必要な機材やガンマ値、環境光などの説明を受けます。
その後、実際に「i1」などの測定器を使ってプロファイルを作成していきます。
kaki038.JPG
自分のラップトップをキャリブレーションする学生もいます。
kaki037_1.jpg
デジタルプリント出力講座で学んだ事と合わせて、作品づくりに活かしてほしいですね。

撮影講座/クリップオンストロボ

この講座ではストロボを使った撮影の方法を学びます。
教えてくれるのは五十嵐太二先生です。

DSC_4482.JPG
DSC_4489.JPG

陰が強調されやすい白い胸像をモデルにして、
人物撮影時のストロボの使い方を教えていただきます。

DSC_2949.JPG
DSC_3409.JPG

室内での撮影でストロボの光を柔らかくきれいにするために
使うバウンス撮影や、日中背景が明るい中で逆光になった人物を
背景とともに明るく映し出す日中シンクロと呼ばれるテクニックを習いました。

DSC_4476.JPG
DSC_3400.JPG
DSC_4457.JPG

初めて習うテクニックに驚いた学生も多いようです。
今回習ったことを完璧にマスターして、今まで難しかった屋内や逆光での
撮影にトライしてみてください!

料理撮影講座 ホットプレート

この講座では、スタジオでの料理撮影を学びます。
教えて下さるのは木津康夫先生です。
DSC_3305.JPG
今回撮影するのは、こちらのピザです。
IMG_0014.JPG
食品撮影用のライティングセットにピザをスタンバイさせ、
段階ごとに撮影をしていきます。
DSC_3015.JPG
DSC_3005.JPG
DSC_3019.JPG
DSC_3338.JPG
木津先生がその場で野菜などを盛りつけ、
バーナーや、網付きソケットにアルミホイルを巻いたランプを使い、
ピザを焼いていきます。
IMG_0018.JPG
DSC_3376.JPG
DSC_3367.JPG
いい焼き色をつけ、チーズを溶かしたところで撮影。
料理写真は時間との勝負です。
DSC_3449.JPG
DSC_3453.JPG
DSC_3331.JPG
そして完成した写真がこちら。
IMG_0062.JPG
とても美味しそうです。
プロのカメラマンが実際の撮影で使う技術を存分にみることが出来ました。

イラストレーション講座/ポスター制作

この講座では、Illustratorを使って、
ポスター制作の行程を学びます。

教えていただくのは、栗林武先生です。
DSC_3048.JPG

DSC_3414.JPG
DSC_3420.JPG

自分の写真を素材にして、コンセプトを決め、
キャプションやタイトルをつけていきます。

DSC_3422.JPG
DSC_3044.JPG
DSC_3430.JPG

学生は様々な観点から作品を作っていました。

DSC_3045.JPG
DSC_3039.JPG

素敵なポスターが出来上がりましたね。
このスキルをどんどん自分の作品に活かしていってほしいです。

デザイン業界講座

この講座では、「リアルな現場を知ろう」をテーマに学校を飛び出し、
(株)STUDIO MG さんを訪問してきました。
mg1.JPG
mg2.JPG

STUDIO MG さんでは、商品の撮影からレタッチ・デザイン・制作までの
一連の作業を全て行っています。

mg3.JPG
mg4.JPG

とても大きな大判プリンターです。
mg5.JPG

広告写真から、お菓子やジュースなどのパッケージデザインまで、
幅広いお仕事をされています。
mg6.JPG
mg7.JPG

一連の作業をとても間近で見学させていただき、
細かいことまで親切に説明していただきました。

最後になりましたが、
学生たちにこのような貴重な経験をさせていただき、
会長の日野さんをはじめ、STUDIO MG の皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。

mg8.JPG

学生たちは実際のデザインスタジオの現場を経験することで、
これから踏み込んでいく写真の業界が、より身近になったのではないでしょうか。

写真集を出版しよう

kaki029.jpg
夏期集中授業「写真集を出版しよう」で赤々舎の姫野希美先生、写真家の澁谷征司さん、
写真家で本校卒業生の高橋宗正さんにご登場頂きました。
写真集の出版業界のお話や写真集を出版するまでの過程を3人にお話いただきました。
kaki032.jpg
kaki031.jpg
皆さんも本屋さんで赤々舎から出版された写真集を一度は目にし、
ご覧いただいたことがあるのではないでしょうか。
赤々舎では、木村伊兵衛写真賞を受賞した志賀理江子の『CANARY』、浅田政志の『浅田家』、
高木こずえの『MID』『GROUD』などの写真集を出版してきました。
kaki024.jpg
数多くの写真集の出版を手掛けている赤々舎代表の姫野希美先生
写真集の出版業界や写真集を出版することがどういうことであるのか、
また写真家との出会いについてなどを姫野さんからお話いただきました。
この時代に写真集を出版し続ける熱い思いを感じ取ることができました。
kaki026.jpg
『スカイフィッシュ』を出版した、写真家で本校卒業生の高橋宗正さん
姫野さんとの出会いから写真集の完成に至るまでのお話を高橋さんにお話いただきました。
写真集『スカイフィッシュ』の完成までを記録した写真を見ながら、
学生たちに分かりやすくお話をして頂きました。
写真集ができるまでに編集者の姫野さん、アートディレクター、写真家の3人で
写真を見ながらのディスカッションが何度何度も重ねられたことを知りました。
タイトルが100〜200の案の中から選ばれたこと、表紙のデザイン案も10種類ほどの中から選んでいったそうです。
kaki025.jpg
『BIRTH』と『DANCE』を出版した写真家の澁谷征司さん
カメラマンとしての仕事を始めて10年あまりたったころ、ご自身の写真を発表することに。
姫野さんと出会い『BIRTH』という写真集が生まれました。
10年間の写真を写真集という一つの形にし、実際にお客様に手に取って頂くことで知った深い感動、
アートディレクターの方と写真集を制作することで改めて知った、人が持つ写真に対する感情、鑑賞者が受け取ってくれる写真の深さなど、写真集を生み出した写真家としての思いをお話いただきました。
kaki027.jpg
kaki030.jpg
kaki033.jpg
kaki028.jpg
編集者、写真家、それぞれの仕事や考え方、深い思いが伝わってくる大変貴重な機会となりました。
姫野希美先生、写真家の澁谷征司さん、写真家で本校卒業生の高橋宗正さん、
本日は本当にありがとうございました。是非また講義をお願い致します。

土田ヒロミ先生のスライド&トークショー

夏期集中授業のスライド&トークショーに
写真家の土田ヒロミ先生にご登場頂きました!!
大好きな写真家のトークショーだけに、これまで発表された作品が
どのように生みだされてきたのか、土田先生が何を考え、どのように撮影をし
今に至るのかを聞くことができる貴重な機会です。
学生たちとともにメモを用意して真剣に先生の講義を待ちます。
土田先生はホワートボードを使い、作品ごとに丁寧に説明して頂きました。
DSC_3135b.jpg

DSC_3109b.jpg
これは『Ageing』という作品で、土田先生がご自身を毎日撮影したもので、
それは現在も続いています。
1986年からスタートしたそうなので、今年で25年目ということになります。
これは死ぬまで続けられるそうです。今まで撮影した写真をホームページで見ることができます。
ぜひこちらもチェックしてみて下さい。
土田先生のHPはこちらへ
『続・俗神』は8×10カメラで撮影し、その後パソコンに取り込み、人物だけを切り抜いて
完成させた作品だそうです。
被写体の威圧感もそうですが、大きなカメラで撮影していることもあり、迫力があります!
DSC_3252b.jpg
ベルリンの作品は10年前に撮影した場所に10年後にもう一度同じ場所に立ち撮影した
2枚の写真を比較して見せて頂きました。
そのスライドショーもただい1枚ずつ見せるのではなく、3列の帯になってヨコに流れるように見せて頂き、見せ方で写真の印象が変わることを改めて実感しました。

DSC_3229b.jpg
DSC_3118b.jpg
DSC_3145b.jpg
「写真を撮ることも、見せ方も、自由に、自分を信じてやちたいようにやればいい」
どれだけの学生が土田先生の言葉に勇気をもらい、励まされたことか!
彼らのこれからの作品制作が本当に楽しみです。
土田先生、ありがとうございました。

鈴木心先生のスライド&トークショー

夏期集中授業内で実施するスライド&トークショーに
写真家の鈴木心先生にご登場頂きました!
DSC_2885b.jpg

学生時代の課題制作のために日本を一周したことやアシスタント時代の作品制作など、
リアルな数字も隠さずにお話をして頂き、学生たちもメモを取りながら真剣に聞いていました。
DSC_2886b.jpg

DSC_2897b.jpg
大小、様々なポートフォリオを10冊以上持参して頂き、
学生たちには鈴木先生を見習って、たくさん写真を撮り、
たくさんポートフォリオを作成して欲しいです。
DSC_2874b.jpg

講義中には懐かしい映像も登場し、鈴木先生と同世代の私はテンションが上がってしまいました。
DSC_2871b.jpg

学校の図書室には、ジャンルを問わず、豊富に写真集を取り揃えています。
もちろん鈴木先生の写真集もありサインを頂きました。
かわいいイラスト付きです!
DSC_2910b.jpg
DSC_2932b.jpg

鈴木先生、ありがとうございました。
またぜひ、講義をお願いします。

▲ページの先頭へ戻る