TOPICSトピックス

スターティングワークショップがはじまりました!

(04 月 11 日更新)

今年も日本写真芸術専門学校恒例、『スターティングワークショップ』がスタートしました。

スターティングワークショップは新入生のための本校独自のプログラムです。

新入生のみなさんは入学してからおよそ2週間の期間、このプログラムを受講します。

プログラムの目的はずばり「カメラとクリエイティブを楽しむこと」!

カメラ未経験の方でも安心して専門知識を学ぶ授業に突入できるよう、フランクに、楽しみながら写真の世界を知ることができます。なのでお堅い要素はいっさい無し!先生からも授業の冒頭にて「今日は楽しみましょう!」とのかけ声が。

 

今回はその中から、『コラージュシートを作成しよう』と『ポートレートライティング』、2つの授業をお届けします。

まずは『コラージュシートを作成しよう』の授業から。

 

ひとり一枚ずつ、自分のコラージュ作品を完成させます。

 

皆さんの真剣かつわくわくした眼差しで作業に取り組む姿勢が印象的。

カメラの勉強ではなくとも、もくもくと集中する姿にクリエイター魂を感じます。

 

みんなひとりひとり全くテイストの違う作品が出来上がっていました。

ほぼ初対面のみなさん。作品を通して、お互いがもつ世界観を共有できますね!

 

スターティングワークショップのもう一つのねらいは、フランクな雰囲気の中で周りのクラスメイトとすぐに打ち解けられること。これから楽しくも真剣に学んでいく中で、一緒に成長していく仲間たちです。

 

さて次は『ポートレートライティング』の授業です。

光のあて方で大きく印象が変わるポートレート。

まずは林先生からの説明から。

今回は『光』を意識して実際に人物撮影をしてみます。

 

撮影役とモデル役をみんなで交互に行います。

撮影者はモデルへのポージング指示にも挑戦します。

 

モデル側もはじめての経験。どんなポージングにしようか戸惑いますよね〜。

慣れないながらも、みなさんがコミュニケーションを通して次第に打ち解けていく様子が垣間みえましたよ!

スターティングワークショップはまだまだつづきます。

まずは楽しみながら、日本写真芸術専門学校でのキャンパスライフをスタートさせましょう!