TOPICSトピックス

本校講師が埼玉県私学文化祭:写真部門の講評を行いました

(11 月 04 日更新)

081103_shigakubunka.jpg
社団法人 埼玉県私立中学高等学校協会主催の「第37回 私立文化祭作品展(写真部門)」において、本校講師:林憲治先生が作品展受賞者の講評や、ワンポイントアドバイスを行いました。
 また、式典終了後も他の出展者より作品に対する講評や質疑応答など、非常に意欲ある高校生たちに、林先生も一人ずつ熱心にアドバイスされていました。
受賞されたみなさん、おめでとうございます。

海外フィールドワーク帰国スライドショーを実施しました

(10 月 30 日更新)

081026_kikoku.jpg
秋晴れの日曜日、先月9月18日に帰国した写真科フォトフィールドワークコース3年生の「海外フィールドワーク帰国スライドショー」を実施しました。
学生はもちろん、保護者の皆様・ゼミ担当講師・協力して頂いた企業関係者の方々やカメラ雑誌の編集部の方々など沢山の方々にお越し頂きました。
海外フィールドワークの183日間...各国を取材した写真をスライドショーで上映したり、現地の様子を報告したり、非常に有意義な時間を過ごしました。
ご参加いただいた保護者の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

同窓生の集いの場へのお誘い

(10 月 11 日更新)

秋の気配が近づく今日この頃、日本写真芸術専門学校、専門学校日本デザイナー学院同窓生の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、日本写真芸術専門学校、日本デザイナー学院ではこのたび同窓生のために下記企画を実施する運びとなりました。名付けてリンクリングデイ、略して「リンリンデイ」。内容としては特にテーマや目的を設定するのではなく、同窓生が自由に参加し、仕事や日常生活に関する情報交換をし今後の動きのきっかけの場として活用して頂く、というものです。また、その後お誘い合わせて食事に行ったり、求人、求職の話し合いの場として使って頂いたり、まさにフリーなスペースとしてご活用頂ければ、と考えております。
お誘い合わせて是非ご参加ください。
◎日時/11月7日(金)19:00〜21:00
◎場所/本館703教室
◎参加資格/特に問いません。日本写真芸術専門学校、日本デザイナー学院 卒業生、講師、現役の学生、職員など学院関係者ならどなたも歓迎です。
◎参加無料、お茶、菓子などはご用意致します。
◎参加ご希望の方は下記宛「件名」にlink ring day参加とご記入頂き、氏名、ご連絡先をご記入の上お申し込みください。
npi.info@ndg.ac.jp

おかえりなさい!フォトフィールドワーク3期生が日本に帰国しました。

(09 月 20 日更新)

080920_kikoku_l.jpg
写真科フォトフィールドワーク3期生が9月18日、大阪南港国際フェリーターミナルに無事帰国しました。
今年3月に出発してから183日間、大きな病気や事故も無く、皆さん真っ黒に日焼けして・・・帰ってきました。
大阪には、オリンパス株式会社の松崎さんもお出迎えに来て下さり、学生のみなさんに労いの言葉をかけて下さいました。
しばらく休養後、10月からはいよいよ後期=最後の学生生活です。
海外フィールドワーク中に撮影した作品をまとめ、卒業作品展で発表します。
どんな写真を撮影したのでしょうか?楽しみですね。

集中授業を行いました

(09 月 15 日更新)

08syucyu.jpg
日本写真芸術専門学校では、著名な写真家やカメラマンをお招きして特別講義やワークショップを毎年実施しています。
今年も長野重一先生を始め、柴田 敏雄先生や平間至先生、石内都先生など多くの先生方に授業を担当していただきました。
そのほかにも、プラチナプリントの授業やライティングのスキルアップ講座やパソコンの苦手克服講座、写真家スター誕生!!などユニークな授業も満載で、在校生は興味のある授業を選択して受講しました。
普段の授業とはまたひと味違った体験ができ、参加した学生は刺激が大きかったと思います。

社会人・大学生入学の願書受付が、9月1日よりスタートしました。

(09 月 04 日更新)

070901.jpg
出願期間は、9月1日〜11月30日の3ヶ月間です。

【出願書類】
1/入学願書
2/自己推薦書
3/調査書、成績証明書、高等学校卒業程度認定試験合格書(3はいずれか)
4/入学選考資料(作文)

【合否発表】
出願順に書類選考を行い、願書受理後1週間以内(9月15日以降)に合否を通知致します。
*場合により面接を行います。

出願資格などの詳細に関してはこちらをご覧下さい。
募集要項

【特待生制度】
◆呉学園特待生制度
写真分野での就職を目標とし、そのために必要な知識・技術を身につけることに強い学習意欲をもつ者を対象に学費の一部を減免する制度です。

◇特待生出願書類(通常の出願書類とあわせて提出)
1/特待生志願書
2/特待生選考資料

◇特待生出願受付期間
第1回 2008年9月15日〜2008年9月30日
第2回 2008年10月1日〜2008年10月15日
*第3回、第4回受付もあります。

特待生などの詳細に関してはこちらをご覧下さい。
特待生制度

<参考リンク>
■既卒者の皆様へ
■資料請求(願書も同封されております)
■体験授業&学校説明会
■学校見学

日本写真芸術専門学校がマレーシア語学留学特待生を募集!!

(06 月 30 日更新)

malaysia.jpg
日本写真芸術専門学校が行っているマレーシアの語学留学特待生とは、アジアで最も人気のあるマレーシアの首都クアラルンプールのベットタウン”ペタリンジャヤ”にあるゲストハウスに居住しながら近隣の語学学校に通学するという制度です。
ゲストハウスは専用個室やインターネット接続、NHKも受信可能な衛星放送..そして、写真制作に欠かせない専用暗室などなど。国際的なアーティストを目指す方には最適な居住空間です。
また、留学期間が1年から1年半なので、英語習得もバッチリ!!
日本写真芸術専門学校を卒業したら、あなたも語学留学に行きませんか?日本写真芸術専門学校が全面的にバックアップいたします。
お問い合わせはこちらから

留学生交流会『はるのお茶会』を実施しました

(04 月 23 日更新)

080419_ocya.jpg
春うららかな先週の土曜日。
日本写真芸術専門学校と、姉妹校:日本デザイナー学院の留学生や日本人学生が集まり、交流会を行いました。
今年は12の国と地域より来日された留学生が、新しく日本写真芸術専門学校・日本デザイナー学院の学生となりました。
日本写真芸術専門学校と日本デザイナー学院は、留学生を応援しています。

研究科 築地ゼミ卒業作品展で特別講評会が行われました

(03 月 31 日更新)

川崎市市民ミュージアムにて、研究科 築地ゼミの卒業作品展が、30日(日)まで開催されました。
最終日は、川崎市民ミュージアム学芸員の深川雅文さんの講評会が行われ、学生一人一人の作品について丁寧に講評して頂きました。
080331_kawasaki.jpg
また今後も学生たちの作品を見ていて頂けるとのこと、これから写真家として作品を撮り続けていく彼らにとって励みとなり、次回の写真展が楽しみです。

アントキの猪木さん、撮影会!!

(03 月 13 日更新)

3月3日、アントニオ猪木さんのものまねで大ブレイク中のアントキの猪木さんが来校されました。
アントキの猪木さんをキャラクターにした缶コーヒーを発売するにあたり、その撮影に当校の学生をご指名いただきました。(アントキの猪木さん、ありがとうございます!)
当校の学生たちの撮影サークル、SHATO(写人)の有志3名が撮影に臨みました。
アントキの猪木さんの必殺の決めポーズやかけ声で現場は一気にヒートアップ。
和やかなムードの中、大いに盛り上がりながら楽しい撮影会となりました。
antokinoinoki.jpg
antokinoinoki_face.jpg
(C)SHATO
バックの色を何度も変えて、様々なポーズで撮影。
アントキの猪木さんや撮影に同席した関係者の方々からは「学生とは思えない技術、現場へのご配慮など、驚かせられる場面が多々ありました。」とお褒めのお言葉を頂戴しました。
この缶コーヒーは4月末頃(予定)、高速道路のサービスエリアを中心に発売されます。
見かけたら即Get!!してください。
アントキの猪木さんのホームページはこちら

2018年10月 | 2018年9月 | 2018年8月 | 2018年7月 | 2018年6月 | 2018年5月 | 2018年4月 | 2018年3月 | 2018年2月 | 2018年1月 | 2017年12月 | 2017年11月 | 2017年10月 | 2017年9月 | 2017年8月 | 2017年7月 | 2017年6月 | 2017年4月 | 2017年3月 | 2017年2月 | 2017年1月 | 2016年11月 | 2016年10月 | 2016年9月 | 2016年8月 | 2016年7月 | 2016年6月 | 2016年5月 | 2016年4月 | 2016年3月 | 2016年2月 | 2016年1月 | 2015年12月 | 2015年11月 | 2015年10月 | 2015年9月 | 2015年8月 | 2015年7月 | 2015年6月 | 2015年4月 | 2015年3月 | 2015年2月 | 2015年1月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年9月 | 2014年7月 | 2014年6月 | 2014年5月 | 2014年3月 | 2014年2月 | 2014年1月 | 2013年12月 | 2013年11月 | 2013年10月 | 2013年9月 | 2013年8月 | 2013年5月 | 2013年4月 | 2013年3月 | 2013年1月 | 2012年12月 | 2012年11月 | 2012年10月 | 2012年9月 | 2012年7月 | 2012年5月 | 2012年4月 | 2012年3月 | 2012年1月 | 2011年12月 | 2011年11月 | 2011年10月 | 2011年9月 | 2011年8月 | 2011年7月 | 2011年6月 | 2011年5月 | 2011年4月 | 2011年3月 | 2011年2月 | 2011年1月 | 2010年12月 | 2010年11月 | 2010年10月 | 2010年9月 | 2010年8月 | 2010年7月 | 2010年6月 | 2010年5月 | 2010年3月 | 2010年2月 | 2010年1月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年9月 | 2009年8月 | 2009年7月 | 2009年6月 | 2009年5月 | 2009年4月 | 2009年3月 | 2009年2月 | 2008年12月 | 2008年11月 | 2008年10月 | 2008年9月 | 2008年6月 | 2008年4月 | 2008年3月 | 2008年2月 | 2007年12月 | 2007年11月 | 2007年10月 | 2007年9月 | 2007年8月 | 2007年7月 | 2007年6月 | 2007年5月 | 2007年4月 | 2007年3月 | 2007年1月 | 2006年12月 | 2006年10月 | 2006年9月 | 2006年8月 | 2006年6月 | 2006年5月 | 2006年3月 | 2006年1月 |