メインコンテンツへジャンプ

海外フォトフィールドワークWeBlog Powered by OLYMPUS

平山明香里 他人と社会に流されない自分になりたいです。好きなものはカルピスで、嫌いなものは集団で行動してる虫です。





撮影テーマ


アジア各地にあるキリスト教の教会を撮影します。

最近のエントリー

学校法人 日本写真芸術専門学校

Escape

MAKAO

 

おはこんばんにちはー!

 

平山です。

 

お久しぶりの更新です。

 

マカオ、めちゃめちゃ楽しんでおります。

 

めちゃめちゃいいところです。

 

マカオは20年ほど前までポルトガルの植民地になっていました。

 

なので西洋の建築などが多く残っています。

 

私の被写体の教会も沢山あります。嬉しい。

 

FW最初あたりからずっとマカオ楽しみにしていましたが、思っていた通りここはとてもいい街です。

 

建物はかっこいい、ゴミがない、食べ物は美味しい、、、。

 

都会が好きな私からしたらすごく肌に合っています。

 

ただ物価が高いです。うーーーんお金がない。

 

そんなマカオの写真を載せます。

 

エッグタルトと私

 

エッグタルトとても美味しかったです。

 

プリンの味がしました。

 

路地

 

路地かっこいいですね。

 

マカオはポルトガル植民地の影響で教会が沢山あります。

 

 

 

 

かっこいい〜〜!

 

こんな感じの西洋の建築が使われた教会がマカオにはたくさんあります。

 

嬉しい。

 

こんな感じで自分の撮影とスナップを重ねてやっていました。

 

何もハプニングがなくマカオが終わりそうです。

 

残すは香港です。

 

デモが酷くなっていってるみたいですが気をつけて向かいます。

 

それではこの辺で。

 

おやすみなさいいい夢を〜〜〜(*´-`)

登るパンダ、見る私

 

おはこんばんにちはあ

 

気がつけば中国に来ました平山です。

 

ネパールでのバスでのトラブルなどを乗り越え5カ国目になりました。

 

早いような遅いような。

 

1カ国目のベトナムがはるか昔のように感じられます。

 

中国最初の地は四川省の成都でございます。

 

ここはパンダが有名なようで街のいたるところにパンダがいます。

 

ということで!!

 

パンダ大好き芸人の平山は!!パンダ繁殖基地に行って来ました!!!!

 

この2人は誰。

 

近藤さんと竹原くんと行って来ました!

 

チケットから可愛さが伝わって来ますね。

 

パンダとレッサーパンダがここで生活していました。

 

パンダ!

 

パンダのベイビ〜!

 

パンダかわいいですね〜〜〜〜来園してる方もたくさんいました。

 

レッサーパンダ

 

木登りが上手

 

パンダは癒されますね。

 

上野動物園のシャンシャンに長蛇の列ができるのもわかります。

 

パンダかわいいです。かわいいしか出て来ませんね。

 

 

パンダのぬいぐるみを買って帰りました。

 

左の竹原くんは私の写真に写る時高確率で目をつぶります。

 

せめてカメラの前はガンびらきにしておいて欲しいです。

 

とても楽しかったパンダ基地。

 

日本じゃなかなかパンダは見れないので貴重な経験ができました。

 

 

一昨日成都から澳門に移動して来ました。

 

マカオはすっごくいいところです。

 

建築物はかっこいいし、ビルは高いし、、、

 

次のブログで写真をあげます。

 

今日はこの辺で。

 

みなさんパンダを見ましょう。

 

それではおやすみなさいいい夢を〜〜〜(^_^)

 

ポカリス

 

おはこんばんにちは!

 

ネパールに入国しました平山です。

 

やっとインドが終わりました。

 

色々ありましたが無事に終わって良かったです。

 

インドについてはまたそのうち書こうかなと思います。

 

今はネパールのポカラでこれを書いています。

 

ポカラは経由として滞在しており、明日タンセンへ向かいます。

 

カトマンズ→ポカラ→タンセンでネパールは活動します。

 

今回のネパールでの移動はどうやら私だけのようです。

 

みんながカトマンズにいると思うと寂しいですが頑張りますよん。

 

バイバイバイ

 

昨日朝早くカトマンズをでました。

 

早朝なのに14期生みんなが見送りに来てくれました!

 

純粋に嬉しかったです。無事に帰ってくるから待っててね〜〜。

 

みんなに見送られながらバスでポカラに出発しました。

 

このバスで行きます

 

ガイドのアショカさんと一緒に予約しに行ったこのバスでポカラへ向かいます。

 

少し高めのバスでしたが、内装は普通のバスとなんら変わりませんでした(お水はもらえました)

 

途中停車での景色

 

2回ほど休憩を挟みつつ約8時間バスに揺られ、無事にポカラに着きました。

 

ポカラにはフェワ湖という大きな湖があり、アンナプルナ山脈など自然に囲まれた街です。

 

ポカラという名前はネパール語で湖という意味のポカリという言葉から来ています。

 

今日はフェワ湖の周りのレイクサイドと呼ばれる場所に行きました。

 

湖と山脈が壮大に広がっていました。

 

 

 

雨季のため空は雲に囲まれています。

 

ですが水面に雲が映り美しく湖を飾っていました。

 

静かでゆったりとした時間が流れます。

 

そんなレイクサイドにある過疎遊園地に足を運びました。

 

海外の遊園地大好きです。

 

ですがこの遊園地は全くアトラクションが動いておらずもはや廃墟のようになっていました。

 

人がいない

 

受付の人もおらず、完全に動いていないようでした。

 

柵がない

 

この観覧車、一歩間違えたら落ちそうですね。

 

 

顔が怖いよ

 

見て分かる通りちらほら人はいて、音楽も流れていました。

 

なので完全なる廃墟ではないようです。

 

ん?

 

ん〜〜?

 

これは見なかったことにしておきましょう。

 

調べてみると結構最近まで稼働していたようです。

 

夜はやっているのかな〜〜う〜〜んわからない。

 

そんな感じで遊園地と湖でした。

 

ポカラはカトマンズとは違って喧騒もなく穏やかな街でした。

 

いい街だと思います。

またタンセンからの帰りに来るのでその時は夜に遊園地に行こうと思います。

 

 

今日はこの辺で。

 

明日はタンセンに行きます〜。

 

おやすみなさい、いい夢を( ˘ω˘ )

RIVER,BUG,CURRY,BUTTERFLY

 

 

おはこんばんにちはー!

 

平山です。いかがお過ごしですか。

 

一昨日ぶりです。私は毎日ホテルのレストランで出てくるめちゃ量が多い料理とフードファイトしてます。

 

でもインドは食事に困るかなと正直思っていたので、まともに食べられるだけありがたいですね。

 

そんな今日は市川先生と近藤さんと一緒に船のツアーに参加いたしました。

 

ケーララ州のジャングルのような森に囲まれた川を船で渡ります。

 

その様子を少し紹介いたします。

 

朝早くホテルにお迎えが来てそこから1時間半ほど揺られ、船着場へ行きました。

 

船は木造の船でトイレもついていました。

 

エンジンなどはなく、人力で動きます。

 

GO

 

とても長い竹を川の底につけてそれを踏み込みながら押して進んでいるようです。

 

だいぶ大きい船と何人かの人を乗せているのに竹と人、

二人の力で(後ろにももう1人操縦していた)進んでいるなんてすごいですね。

 

雨がたまに降る川を進んで行きます。

 

 

スイスイ

 

こんなに細いところを通って行きます

 

キラキラしてます

 

途中下船もちょこちょこありました。

 

なぜかジャングルの道に降ろされ、木や草ボーボーの亜熱帯の道を歩きました。

 

地面を見ると虫だらけでした。

 

ヒアリのような大量の茶色いありがうようよ大量にいました。

 

刺されたらいろいろ終わりなのでなんとか登ってこないように叩いたりと、阻止しました。

 

ハエや蚊もおり、虫除けスプレーをやったのにも関わらずたくさん寄って来ます。

 

普通に刺されました。痒いです。

 

刺されたらすぐムヒを塗りました、人類が生み出した発明品を駆使し虫とは戦っていました。

 

また2回目の下船の時は別の船の集団と合流し、英語のガイドさんの話を聞きました。

 

ココナッツの川の繊維でロープができるようです。

 

1本が短いのにロープなんてできるわけないっしょとは思っていましたが、

おじさんが素早く編み、それを作ってくれました。

 

触って見るとすごく頑丈で硬く、丈夫そうなものが出来上がりました。

 

これには市川先生も近藤さんも興奮していました。

 

おじさんがロープを作ります

 

写真を撮る近藤さん

 

硬そうですね

 

ナツメグの実を嗅ぐ市川先生

 

お昼の時間になり、船が止まりテーブルと椅子が並んでいる古い小屋へ入りました。

 

そこで出て来たのは現地of現地のカレーです。

 

名前教えてもらいましたが忘れちゃいました。

 

ご飯は日本の米とは違い粒の1つ1つが大きく少しだけ硬かったです。

 

上にかかってるカレーはシャバシャバ系のカレーでした。

 

カレー独特の味より辛さの方が強く、ひたすらに辛かったです。

 

後にも先にも一番インドを感じました。

 

こんな感じでした

 

3人で

 

そのあとはのんびり船に揺られながら船着場へ向かいました。

 

たまにはこんな日があってもいいのかもしれないですね。

 

涼しい風とのどかな風景が荒んだ心を癒してくれました。

 

日本じゃ経験できないようなことができたと思います。

 

2人で

 

今日はこの辺にしたいと思います。

 

それではおやすみなさい、いい夢を〜〜٩( ᐛ )و

無電波からの解放

おはこんばんにちはー!

 

お久しぶりです、平山です。

 

やっと電波と出会うことができました…!

 

今まで無電波生活を10日ほど過ごしておりました。

 

電波が復活したのでブログ更新しようと思います。

 

17日にインドに入国し、19日にニューデリーから、

 

アンダマン諸島というところに移動いたしました。

 

今はケーララ州のコチという場所にいます。

 

アンダマン諸島は近藤さんと一緒にゴーしたのですが、たどり着いた場所は電波がなく、インターネットが使えない島でした。

 

なので今までブログ投稿できませんでしたあごめんなさい~~!

 

今まで撮りためたアンダマン諸島の写真をあげていこうと思います!

スカイアンドシー

 

この写真じゃ!青さが伝わらない!

 

未知との遭遇

 

この島にはシカだけじゃなく、リスやウサギなど野生の動物が生息していました。

 

写真はないですがクジャクを見ました。

 

写真撮ればよかったー。襲ってくるのが怖くて撮れなかったです。

 

道路には牛が普通に歩いてました。

 

ヒンドュー教の中では牛は神聖な生き物として扱われています。

 

日本じゃ牛なんて牧場ぐらいでしか見ませんが、インドではたくさん道路や草むらを歩いています。

 

牛と近藤さん

 

近藤さんも「牛〜!」と叫びながらたくさん写真を撮っていました。

 

牛が大好きなんだと思います。

 

アンダマン諸島には私の撮影対象でもあるキリスト教の教会がいくつかありました。

 

 

こんな感じ。

 

アンダマンは近藤さんに同行するために行ったのですが、ついでに自分の撮影もできてラッキーですね。

 

電波はなかったですが、その分近藤さんとたくさんおしゃべりできたり、小説も2周することができました(すごい)

 

これも旅のいい経験になったと思います。

 

コチではたくさん電波を使いつつ、たくさん撮影もしていきたいと思います。

 

今日はこの辺で、

おやすみなさい、いい夢を〜〜〜ʕ•ᴥ•ʔ